シスコンと姉妹と異世界と。

花牧優駿

【第145話】北の幸⑦




 「おにーひゃーん、ふぁいるよー」

 ローズが頬を擦りながら入ってきた。が、途端に表情が能面のように切り替わった。

 「な、に、してるのかな?」

 「なにって……」

 自分の今の状況を俯瞰的に捉えると……、マズかった。
 布団の中にはだけ気味のサニーさんがいて、そのベッドの傍らに俺が立っているっていうのは、セーフとは言えないだろう。
 不二子に突撃する直前のルパン三世、のような状況か?
 ……姉さんに見られたら、短刀でも持ち出されて『介錯はしてやる』くらいのことにはなるだろうな。

 「まぁ、おにいひゃんとひてはへいひょううんほうらもんね」

 「は? どしたよローズ? とてつもなく舌足らずじゃねーか。悪口言われてるのかもしんないけど全く響かないぞ? 口内炎か?」




 一方、ショーたちに一波乱起きそうなことなどつゆ知らず、クラリスとアリスはガールズトークに興じていた。

 「で、肝心な彼とは何か進展あったの!?」

 「え? 彼って?」

 「またまたとぼけちゃって……。ショーくんよショーくん」

 「なななな、何言ってるの! そんな特別な感情は無いんだからっ」

 そう言いつつもアリスの目は縦横無尽に泳ぎ回り、わたわたとしている。
 ダメな犯罪者でも取り調べでここまでにはならないと思われるレベルだ。

 「下手くそか」

 普段は主人とメイドの関係である以上アリスの方が上になるのだが、こと恋愛に限ってはそれは逆転する。かといってクラリスが二段飛ばしで大人の階段をステップアップしたとかいうわけではなく。
 単にアリスがあと一歩を踏み出せないというだけである。

 「だってさ、ちょっと前まで男の子っぽい感じだったのに急に女になるしさ」

 「……」

 「剣の修行に明け暮れてて家事も得意じゃなかったのに、ある日突然料理を教えてくれなんて言うじゃん?」

 「……」

 「ある程度形になってきたと思ったら、ショーくんに手作り弁当ときたもんだ」

 「……」

 「極めつけはキス」

 「ッ!! アレはクラリスが」

 「文字通り背中を押したってわけよ」

 ひょんなアクシデントでショーとアリスが押し倒し押し倒されの格好になった所を、クラリスが上から『ドーン!』と乗っかる形で不本意ながら(?)二人はキスまでいってしまった。

 「うぅ……」

 「でもさ、ショーくんってアリスが好意を寄せてるってのにはまーったく気付いてなさそうじゃない? キスまでしてるのにさ」

 「だからそれはッ」

 「まあまあ。わたしは食堂で食べることも多いけどさ、教室でアリスたちが食べてるのを周りが見れば好きなのがバレバレなわけよ」

 「……マジ?」

 目が点になり、冷や汗がドッと押し寄せる。

 「ショーくんが『美味しい!』っていい顔して食べてるところをさ、アリスは『にへら〜』って感じで見てるわけよこんな感じで」

 「そ、そんな顔してないもん!」

 「してるの。ローズちゃんが食堂でドカ食いしてるのも、アリスが原因の一端を担ってるのは間違いないと思うわ」

 ローズの鬼神の如き食いっぷりは、もう騎士校生徒教師陣の間では知らない者は居ないほど有名になっていた。

 「でもっ、サニーもいるからわたしも……」

 「負ける訳にはいかないって?」

 「うん……」

 サニーも手作り弁当をショーに食べさせたりしているわけで。それはもうローズの箸を動かす手が休むことを忘れてしまうのは明らかだった。

 「まぁでも、料理の腕はサニーちゃんの方が上だし」

 「ハッキリ言わなくても……」

 「しょうがないじゃん、歴が違うもの」

 「うぅ……」

 「だからさ、まぁ料理の腕の向上のために続けるにしても、別方向から仕掛けていかないとダメだと思うわけよ」

 「別方向?」

 「そ。脱線しちゃったけどさ、鈍感朴念仁のショーくん相手に普通に押しても駄目なのよ。こっちが投げた分、向こうは感謝と遠慮と多少の卑屈さでもって引いてるような感じかしら」

 「まぁ、なんとなく分かるかも……」

 「まぁそれに関しては歳の差も少なからず影響はしちゃうのかもね。『先輩の手を煩わせてる』的な発想をされててもおかしい事じゃないのだし」

 「むむむ……」

 「それに、あの姉妹もいるわけで。ローズちゃんはともかくとして、エリーゼちゃんはそういうのに厳しそうじゃない? 特にショーくんに対しては」

 「だよねぇ……。ショーくん賭けて西部劇よろしく決闘でもした方がいいのかしら……」

 「??? なんやかんやでショーくんの優先順位一位はその二人になってるわけだしね、普段の様子見てると」

 「まぁでもその二人とはまさか恋愛関係に発展することもないし……」

 「禁断の愛ってヤツよそこは」

 「それはダメ!!!」

 「そんな声出さないでよ。耳キーンなってるわ……。他人の家庭事情なんて踏み込んだことは知らないけどさ、実は血の繋がってない義理の関係だった……とかさ。それを本人たちも知らないのよ。官能小説とかでよく見かける」

 「クラリスは普段から何読んでるのよ……」

 「という訳でまぁ……、お色気で男の子はイチコロだゾ☆」

 バシーンとウインク付きでクラリスはそう提案した。

 「クラリスってそんなキャラだったっけ?」

 「………………………………埋もれないように埋もれないように、生き残るための苦肉の策よ」

 「クラリスも苦労してるのね……」

 「「はぁ…………」」

 この部屋だけは他の部屋より湿度が五割増になっていた。






「シスコンと姉妹と異世界と。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く