シスコンと姉妹と異世界と。

花牧優駿

【第105話】帰郷⑨





 「え? 何だここは?」

 「どこここ?」

 「ここここ?」

 「ショーは何を言ってるんだ……」

 「いや、だってさ」

 普通にまぁ3人水着で扉開けて風呂に入った。ら、視界が開けて……。

 「外じゃん!」

 そう、外なのである。何故か家の風呂に入ろうと扉を開けたら外に出された。そんな状況。

 「母さんは何か言ってたっけ?」

 「何も言ってなかったと思うけど……」

 「あぁ……」

 「温泉だよなぁ……どうみても。あの時の……、箱根行った時みたいなさ」

 「確かにショーの言う通りだな。なんだ、露天風呂といったか」

 「そうそう」

 「にしても絶景だね、お兄ちゃん」

 「さすがにちょっと、寒いけどな……。入ろう?」

 「うん」

 「ああ」

 「せーのっ」

 「「「ごくらくごくらく」」」

 暦は11月。外はパンイチの状態ではさすがに寒かったので湯船に。温泉入る時のマナー的な感じでこの極楽コールを教えていた。ここは比較的標高が高い温泉で、眼下に広がる盆地を一望出来る。

 なんか山梨とかっぽいな……。

 「あらあら、3人揃ってるのねぇ」

 「お母様っ!?」

 「お母さん!?」

 「なっ??」

 姉さんに後ろから回り込まれて目を覆われる。背中に伝わる柔らかさ……は無かった。もしもローズなら……。

 「何で急に目隠し!?」

 「お母様、お召し物は……」

 「お風呂入るのに服なんか着ないわよぉ」

 「それもそうだ」

 シンプルに裸ってことなんだろう。今更母親の裸なんか見ても……なぁ、なんとも思わないだろう……多分。世間一般でももしかしたら12歳でも親と風呂に入る所もあるんじゃ? こっちは成人が一応15歳だからなんとも言えないだろうけど。

 「お母さん、お酒飲んだ?」

 「ちょっとだけよぉ〜」

 「ちょっとにしては出来上がり過ぎじゃね?」

 「確かにそうだな……。お母様、大丈夫ですか?」

 「大丈夫よぉ。これくらいなんてことないわぁ〜!」

 「ホントかな……」

 さすがに姉さんもローズもここまでになった母さんを見たことは無いらしく苦笑い。今度タイミングがあったら父さんに聞いてみるかな。

 「母さん、どんなお酒飲んだのさ?」

 「若いのにもうお酒に興味があるの〜? んー、たしかぁ……、40度くらいのを〜」

 「ウイスキー?」

 「かなぁ? 甘めの蒸留酒だったはずぅ〜うぃ」

 「じゃあ当たりだ。それをどんな飲み方したのさ」

 「氷作るの面倒だったからそのままグイグイっとぉ!!」

 「お母様なら氷を作るなど容易いのでは……」

 「わたしでもすぐ出来ると思う……」

 「ダメだこりゃ。それに飲酒した後の風呂ってのはあんまり身体に良くないんだよ」

 「年寄り扱いするにゃぁあ〜」

 「とりあえず、わたしがタオルを取ってこよう」

 「お姉ちゃん、ありがと」

 「あっ、目隠し取れた」

 「あっ……」

 「あらあら、お母さんの顔に何か付いてるかしらぁ?」

 「いや顔には特に何も付いてないけど……」

 胸にメロンが付いてますです、はい。

 「え、お母さん鼻血がっ」

 「あらあらあら〜?」

 「しゃーない、部屋戻って母さんをソファかなんかで寝かすか。とりあえず身体拭かないと出られねえな」

 「お姉ちゃん待ちだね。あっお兄ちゃんも……」

 「とりあえず湯船から出そう」

 「悪い、待たせた……な……」

 「あ、おかえり姉さん」

 「お前は自分の母親に対してまでも……」

 「お兄ちゃん、鼻血が出てるの」

 裸の女性を鼻血出しながら抱きかかえている様は、他人にどんな印象を与えるだろうか。考えなくてもわかる。最悪だ。

 「姉さん、これは……」

 「歯を食いしばれぇぁあ」

 久しぶりの家族団欒は涙の味だった。


「シスコンと姉妹と異世界と。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く