シスコンと姉妹と異世界と。

花牧優駿

【第91話】貸し出し権⑰(サニー編)




 1ターン目、全員がそれぞれ1球ずつ落として俺の番が回ってきた。

 「よっ」

 あちゃー。

 「はいざんねーん。次はわたしね〜。……、とお。やったね! むむ……、とらんすふぉ〜む」

 鮮やかに4番を落とし込む。次は5番だが、その白球の位置からでは厳しいだろ〜。完全に進行方向には5番以降の数字の球が鎮座しており行く手を阻んでいた。

 「「え?」」

 アリスさんは後ろから前へ突き出す従来のから、白球を上から叩くようなフォームにトランスしていた。

 「やぁ!」

 見事に打ち出された白球は宙に舞い上がり5番を捕らえた。流石に当たるだけで落とすまではいかないが、相当なもんだ……。前世はプロの遊び人か? ……あとは満喫入り浸りしてた、か?

 「マジか……」

 「どんなもんだい。ペナルティは勘弁だもの。ローズちゃん、こんなもアリなのよ〜」

 「……やってみます」

 「おいおい、わざわざあんなん真似しなくてもいいんだぞ??」

 特に障害物がある訳では無いが距離がある。ローズが真っ直ぐ打ち出せれば何も言うことなく当たるはずだ。

 「……、発射ッ!」

 カンッ!! と想像以上の音が出て耳がキンキンする。ローズが気合を入れて打ち出した白球は磁石のように5番の球を捕らえ、弾かれたそれはレールが敷かれているかのようにポケットに吸い込まれた。

 「威力強くね? 球割れるんじゃねーかってくらい音したぞ」

 「いやー、加減が難しくてつい……。次もわたしの番だよね!?」

 「そうよ〜。ここまで来たらショーくんに回さないで、順番に落としていっちゃいなさい」

 「はーい」

 「そんな偶然が何度も……」

 続いたのである。

 トン、ツー、トンと筆で『一』を書いているような綺麗なラインで白球はそれぞれの番号の球を捕らえ弾き、なんの抵抗も無くなったかのように球は魔法のように吸い込まれ続けた。

 「はい、ローズちゃんの優勝っ! よく出来ました!!」

 「やったー!!」

 「よく出来ました〜」

 「あらショーくん、妹に負けたのが悔しい?」

 「悔しいっつーか、そんな一瞬で上手くなるもんだからビックリしちゃって……」

 「……」

 「? どしたローズ」

 「ショーくん、気付かなかったの?」

 「何にです?」

 2人が打つ時にスカートや胸元が際どいことになってた件については議論の余地なく気が付いていましたが……。

 「ホントに、なんにも気付かないの〜?」

 「……、アリスさんがノーブラだった」

 そう言った瞬間、後ろから姉さんにキューで刺突された。肺に穴が空いたように中の空気が全て外に出され、軽い呼吸困難にさせられた。

 「お前は勝負事の時に何を考えているんだ!? どこを見ているんだ!? そんな事だから2人に負けてしまうのではないのか!?」

 「そうは言ってもですね……」

 「言い訳無用ッ! お前はそんなに、そんなに……、婦女子のむ、胸が好きだと言うのか……ッ。この……『おっぱい星人』めが!」

 「「はい?」」

 「ん? 何かおかしなことを言ったか? アリスに教わった通りの意味で使ったつもりだったんだが……」

 「アリスさんはうちの姉に何を教えてるんですか」

 「ショーくんはわたしの胸を何で見てるんですか」

 同じような論調でまともに返された。

 「………………(黙)」

 「はぁ……。気付かないの? って聞いたのは、わたしたちが魔法を使ってたことについてよ。わたしのブラがどうこうじゃないわよ、もう。ショーくんのえっち」

 「なっ!? そんなことしてたんですか??」

 「ちょっとした修行みたいなものよ〜。結構緻密なイメージが必要だから難しいのよ? 全て目には映らないようにレールを引いて抵抗を無くして……ってやるんだから」

 「2回目で感覚が掴めたから良かったけどね」

 とローズがVサインで笑みを浮かべる。

 「あーなるほど。だからあの時スゲー音したのか。んでそれは魔法によるアシストが強烈過ぎたが故に起きた、と」

 「そんなところね。わたしが球を浮かせたのは半分実力で半分魔法の力よ」

 「それで、アリスさんが魔法を使ったのがわたしには分かったから、そういう細かいところの訓練みたいな意図があるのかな、って」

 「わたしとしてはそこまで考えてなかったんだけどね」

 てへっ、と猫のポーズを決めるアリスさん。

 「ただ、魔法を使うことは黙認するから好きにやっちゃいなさい、くらいにしか頭になかったもん」

 「まぁ結果としてローズが1歩成長したと思えば、いい事だったんじゃないですか?」

 「それもそうね〜。で、ショーくんがわたしたちの胸元をガン見してた件についての話し合いをそろそろ始めましょうか?(威圧) ねえみんな?」

 俺に逃げ道はなく、味方もいなかった。




「シスコンと姉妹と異世界と。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く