話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

シスコンと姉妹と異世界と。

花牧優駿

【第76話】貸し出し権②(サニー編)




 「ねえねえアリス。どっち着てったらいいかなぁ」

 「サニーはスタイルいいんだから何着たってハマると思うよ?」

 「えーー。じゃステラはどっちがいいと思う?」

 「……こっち」

 「じゃあこれにしよ!」

 「わたしには聞いてくれないのか?」

 「アリスがなんも言ってくれないから、ゾラがもう片方選んじゃったらもっと迷っちゃうもん」

 「そういう事か。でもわたしもステラと同じほうを薦めようと思ってたから」

 「じゃっ、満場一致だね!!」

 選んでもらったのはシャツにスカートのラフなスタイルの上にに1枚羽織る簡単なもの。でも、あの3人に褒めてもらえたら嬉しいなぁ……。



______。



 「ごめんごめん、ショーくんたちのこと待たせちゃった!?」

 「おはようございますサニーさん。いや、大丈夫ですよ。僕らも今さっき着いたばっかなんで。姉さんたちが今朝ごはん買いに行ってくれてます」

 「え!? ショーくんいるの!??」

 なんだその言われようは。

 「その言い方はさすがに、ショーくんに失礼が過ぎるんじゃないのかなぁ……」

 「はわっ!? ゾラ、違うの! ショーくんもごめんね? ショーくんが嫌とかじゃなくてっ、むしろいてくれるのは嬉しいんだけど……」

 「変だよステラ?」

 「う、うん! ショーくんも誤解しないでね!? ただ、今日ショーくんが来るっていうのを聞いてなくて、もっと可愛いカッコしてくれば良かったって……」

 「ステラさんスタイルいいから、何着ても似合いそうじゃないですか。その服も僕は好きですよ」

 「す、好き!?」

 「ショーくんってば、『スタイルいいから』なんてどんな想像してるのかなぁ?」

 「アリスさん!」

 「やほー、さっきぶり〜。焦ってやんのー」

 「違いますって! ただ海行った時に実際に……」

 ここまで言ったところで自らの失言を悔いる。ゾラさんと目が合う。サッと胸元を2人がが隠す。何でこうもまた……。

 「おはようみんな。待たせてしまったか。ん、2人ともどうしたんだ?」

 「御宅の弟さんがうちの娘2人にセクハラ行為を……」

 「何もしてないって! 姉さん、アリスさんじゃなくて俺の方を信じて! 服似合ってて素敵だ、って言っただけなんだってば」

 「わたしにはひと言もそんなこと言わなかったなぁ?」

 「それで怒るのは理不尽じゃないかな!?」

 「……朝ごはん、要らないの?」

 「いるいる! はい、ローズちゃんマジ天使!!」

 「とりあえず全員揃ったんだ。早いところ汽車に乗ってしまおう。2時間近い移動になるのだし、席がなくなってしまっては少し辛いからな」

 (わたしには何も感想とかないの〜?)

 え? 背後には誰もいないのに声が……。

 (こっちこっち〜。サニーさんだゾ〜☆)

 (サニーさん!? テレパス使えるんですか?)

 (使えるよ〜。やろうと思えば全員と回線繋げられるよ!)

 (サニーさん天才なんですね……)

 (それほどでも……。で、今日の服装、どうかな?)

 (いいと思いますけど……)

 (どこら辺が!?)

 (そうですね……。正直なとこサニーさんはパンツスタイルだと思ってたんで、そこをいい意味で裏切られて……。新鮮というか、女の子らしくて可愛いっていうか……。上手くは言えないですね)

 (そんな褒めても何も出ないからね?)

 (いや、そんなつもりは……)

 (ゾラみたいにおっぱい出さないからね?)

 ぶはあ!

 「どうしたのショーくん、急にむせて……。ほら、このお茶でも飲んで落ち着いて」

 「あぁ、ゾラさん、ありがとうございます……」

 (間接チューだ)

 ぶばぁ!!

 「ホントに大丈夫、ショーくん!?」

 「焦って飲むからだ……」

 姉さんが背中を摩ってくれる。事情を知らないだけあって、こーゆー時は大概優しい。

 (な、なんで知ってるんですか……)

 (本人から聞いたから☆)

 (……マジすか?)

 (マジマジ。前にお風呂で一緒になった時に、なーんかゾラが悶々としてたから、どうしたの?って聞いてみたの。そしたらショーくんに胸を見られてしまった、なんて言うじゃない)

 (俺が見ようとしたワケでは……)

 (それもアリスから聞いてるから誤解してないよ☆)

 (そうですか……。アリスさん口軽いなぁ)

 (まぁお姉様に黙っておけばショーくんは安全だからネ)

 (……言わないでくださいよ?)

 (どうかな〜。ショーくん次第じゃないかな〜)

 (そんなぁ……。不慮の事故なんですよ〜)

 (そんなの女の子の裸とは関係無いもの。で、どうだった?)

 (どう、とは?)

 (ゾラのおっぱいに決まってるじゃーん)

 (なっ!? ま、まぁ……大きくて柔らかそうで……)

 「ゴホッゴホッ。ショーくん……」

 なんでゾラさんがむせるんだ? ……まさか……。

 (今本人に回線繋げたでしょう!?)

 (バレちゃったか〜)

 (なんてことするんですか……勘弁してくださいよ〜)

 (じゃあひとつ約束して欲しいんだけど)

 (今日はさ、一応わたしが『ショーくん1日貸し出し権』を使ったわけだからさ、わたしを1番に考えてほしいな〜なんて)

 (はぁ……)

 (僕は今日、サニーさんを一番に愛します。ほら復唱して)

 (うぇっ!? 恥ずかしいですよ……)

 (どうせ頭の中で話してるんだから周りには聞こえないわよ。ほら、言ってみて。秘密は守るから)

 やむを得ない……。

 (僕は今日、サニーさんを一番に愛します)

 「「「「「え?」」」」」

 「オープンチャンネルかよォォォォォ!!!」


 



「シスコンと姉妹と異世界と。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く