シスコンと姉妹と異世界と。

花牧優駿

【第65話】文化祭②




 「お化け屋敷?」

 「ローズちゃんは知らないか。ショーくんは知ってる?」

 「まぁ、何となく想像はつきますけど……」

 「ふーん。……まぁ、ネタバレは厳禁だからね」

 「お兄ちゃん、どんなやつなの!?」

 「ん、えっとなぁ……」

 「コラコラ。どんだけローズちゃんに甘いのよ」

 「すいません、わざとです」

 「まぁ分かってるならいいんだけど。ショーくんにも楽しんでもらえるクオリティーになってると思うよ? エリーゼもセクシーな衣装でお待ちしてます」

 「な、なんですとぉ!?」

 「お兄ちゃん、引く」

 「すいません、つい取り乱しました」

 「……楽しみになったでしょ?」

 「それは、はい」

 「クラリス隊長にお願いして、ちゃんと2人同時に休憩取れるようにシフト組んでもらうから、それまで待っててね」

 「マジすか! 良かったなローズ。校内デートといこうじゃないか」

 「わたしは別にお兄ちゃんと一緒じゃなくてもいいんだけど、お兄ちゃん友達少ないから……付き合ってあげる」

 「そっかそっか。いやー良かった〜。楽しみだな〜」

 「まぁそれまではここで缶詰になるんだし、それくらいはね。ちゃんとエリーゼさんのステージにも行けるようにしてあげるから」

 「「ありがとうございます、クラリスさん!」」

 「じゃあショーくん、ローズちゃん、わたしはこれで。お化け屋敷で待ち伏せてるからね〜」

 「「はーい」」

 待ち伏せてるってなんだよ……。まぁお化け屋敷なんて待ち伏せだから表現としては正しいのか。お化けに同行されてもマジどうしようもないからな。

 「じゃあ、ローズちゃんはこっちね。メイドチーム全員集めて最後のおさらいしましょうか」

 「サーイエッサー!」

 調教されているようですしっかりと。教官というか将軍というか、そんな関係性なんだろうか。そういえばこないだ「将軍……」みたいなうなされ方してたっけか。

 「ショー、俺らはなんかやることあるか?」

 「んー、特にないぞー。もう練習も必要ないだろ? みんな胃もたれとか平気だった? 練習がてら作ってその度に食べてたじゃんか」

 「まだ若いから平気だぜ!」

 「しばらくはいいかも……お腹が」

 「その分任務で身体動かしたから大丈夫よ!!」

 まぁチームメンバーの反応はそれぞれ。男子の胃袋は当然余裕だとしても、女子は色々気にしたりする時期なんだよな……。

 「まぁこの後灼熱地獄に閉じ込められるんだから、今は少しでも大人しくして体力温存しとこうぜ」

 「それもそだな」

 「さんせーい」

 とまあこんなかんじで、まーったくやることが無い。注文の無い料理店ほど寂しいものはないなと痛感。

 ナビ子さーん、出てきてー。話し相手になってー。

 (出てきましたよー)

 (サンキュー。あと20分くらいなんもやることなくてな? やっぱ話し相手はナビ子に限るから……)

 (……都合の良い女、というわけですか)

 (いや、違う違う! いやな、ちょっと相談もな)

 (相談とは?)

 (いやーナビ子が望むなら、実体化も可能らしいんだ)

 (そうなんですか……)

 (気乗りしない?)

 (死体に憑依させたりするんですよね……?)

 (しないしない!! そんな難しく考えないでも、俺とナビ子が同じ姿をイメージした上で魔法を使えば出来るらしいぞ、この世界なら)

 (なるほど……)

 (どんな姿がいいとかあるのか?)

 (そうですね……。でも実体化、というより人間化したら歳をとることになるんですよね……)

 (なんか問題があるのか?)

 (この、今のわたしの天下無双の他の追随を許さない美貌が衰えるのだと思うと)

 (すごい自信だな……)

 (でも、前向きに検討しておきますね。わたしもショー様と一緒にお勉強したりお食事したり……夜を共にしたりしたいです)

 (最後、語弊がある言い方するなよ!)

 (でも、心当たりがおありでしょう?)

 (……なんで知ってる……?)

 (鎌をかけたつもりだったんですが……。なんとまぁものの見事に)

 (謀ったな、シャア!!)

 (確かに今日のわたしは赤ですけど……)

 (ンなこと言わなくていいから!!)



 なんだかんだでいつもの調子でナビ子との会話が弾んで、校内放送で文化祭開始の合図が流れるまで楽しく過ごせたのだった。  



「シスコンと姉妹と異世界と。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く