シスコンと姉妹と異世界と。

花牧優駿

【第57話】メイドのお仕事③




 今現在、俺は素数を数えている。何故か? それは罰ゲームだからだ。

 先ほどの卓球にて俺は奇しくも3連敗を喫した訳だが、終始フワフワした状態でプレーにならなかったのだ(みっともない言い訳なのはわかっている)。

 で、その理由を3人から問い詰められ正直に告白したところ、2人が照れて1人がビンタを繰り出した。朦朧としながらも、言われるがまま涙ながらにコクコクと頷いていたら、というわけ。

 正確に言えば、素数を数えながら背中を流しているのだ。3人の背中をだ。背中からお尻にかけてのキュッとしたラインが艶めかしく、自分が無垢な少年だったらと恨めしく思う。悶々としてしまうのだ。

 「はい、お兄ちゃん。そこ座ってー」

 ローズが慣れた感じで背中を流してくれる。前はよく2人で入ってたもんなぁ。俺が最初にローズの背中を流して、互いに向きを変えて座り直して、ローズが俺の背中を流してくれて。

 「はいはい〜」

 「痛いところはございませんか〜」

 「顔以外はもう大丈夫です〜」

 「かしこまりました〜」

 いつもこんな感じだった気がする。普段は顔痛くないんだけど、もちろん。

 「さっき背中を流そうと思って来たのに、お兄ちゃんってばひっくり返っちゃうし」

 「いや〜石鹸の泡が結構滑ってな……。でも、身体のこと気遣って来てくれたんだろ? ありがとな」

 「……お兄ちゃん」

 「ん?」

 「撫でてくれるのは嬉しい。でも、こっちを向くのはダメ……」

 ローズがそう告げた直後、首をグイッと戻される。ねじ切れそうなほどの強さで。ここまで容赦ないのは当然の如く姉さんだ。

 「痛いってぇ……。俺、暴力振るう姉さん嫌だよ……(嘘泣き)」

 「あー、エリーゼがショーくん泣かしたー」

 「いや、そんな……。ごめん……だからお姉ちゃんのこと、嫌なんて言わないで……」

 ヤバイ。姉さんの方がガチ泣き。言っちゃなんだけど、めっちゃ可愛い。ヤバイ。

 まぁ、かと言ってここで抱きしめにいったりでもしたら、問題ぶり返すだけだから我慢所なんだけど。ある意味勝負所でもある。

 涙を隠すように姉さんが髪を洗いだした。その隣でアリスさんが、次はこっちと言わんばかりの手招き。

 「お背中流させて頂きます」

 「そんな堅くならないで大丈夫よ〜」

 「か、かたくなってませんって!」

 「ホントかなぁ〜」

 もうなんなんだこの人は。思わせぶりっていうか意味深なこと言うし。どんだけ純朴少年の心を弄ぶんだ!!

 「か、かゆいとこは無いっすか?」

 「んー、おしり!」

 「おしり! じゃないですよ。そこは湯船の中で自分でお願いします」

 「ショーくんのいけず〜。ほら、立ってあげるから」

 「立たなくていいですって!」

 「ひゃっ!!」

 思わず腰を掴んで抑えてしまった……。そりゃ姉さんもそんな顔するわ。グルル……って感じの顔するわ。後でもう1回謝るとするか。さっきの1件があるからか、ギリ堪えてるみたいだけど。

 「うあ、すいません!!」

 「ショーくんてば大胆〜」

 「そんな、へんなつもりじゃ……」

 「罰として、前もよろしく〜。汗が溜まるのよ〜。ねー、ローズちゃん?」

 「そうなんですよねぇ〜」

 「…………くっ」

 「……おや、鼻血が出てしまったな」

 輸血パックでも装備してないと、今後アリスさんとやっていけないんじゃなかろうか……。

 「何考えてたのかな〜ショーくんは」

 「そろそろ姉さんの背中流しますね!」

 「あーにげたー。ぶーぶー」

 三十六計逃げるに如かず。これ以上はどんなToLOVEる巻き起こすか分かったもんじゃない。対象年齢のラインがグラつく事になるかもしれない。

 「その……お待たせ、姉さん」

 「ああ」

 「どこからやる?」

 「まずは腕から頼む。軽く揉みほぐすようにしてくれ。ちょっと疲れが溜まっているみたいなんでな」

 「わかったよ〜」

 怪我してるわけじゃないし、血行促進を兼ねて腕全体に保温魔法でも効かせてマッサージしてあげるか。

 「はぁ……極楽だな。そのまま手で背中も頼む。そのタオルではどうしても肌を痛めてしまうような気がしてならないからな」

 「ま、まぁ姉さんがそう言うなら……」

 「なんだ、嫌なのか?」

 「嫌じゃないけど、やっぱ姉弟と言えどちょっとは恥ずかしさもあるんだよ、姉さん綺麗だし」

 「……綺麗だなんて、そんな……」

 「……ほら、やっちゃうからね!」

 「……綺麗か……」

 「ショーくん、エリーゼってばどっか別の世界に行っちゃったよ?」

 「こんなに、こうかはばつぐん、だと思わなくて……」

 くすぐっても帰ってこないし。そんなに褒められたのが嬉しかったのかな? もう背中流し終わっちゃった。

 「とりあえず、お兄ちゃん。湯船浸かろ?」

 「あ、あぁ……」

 このあと姉さんは眠りにつくまでの間、ずーっとこの調子でどこかうわの空でいた。






「シスコンと姉妹と異世界と。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く