話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

シスコンと姉妹と異世界と。

花牧優駿

【第54話】下ごしらえ〜ホテル編〜




 「ショーくん!!」

 「あ、アリスさん!?」

 「ローズちゃん!?」

 「「なんでここに……」」

 「「……背中を流そうと……」」

 「「え?」」

 永い沈黙……。

 「とりあえず……どうしようか?」

 「……どうしましょう?」 

 「ショーいるか!? 背中を流しに来た……ぞ……」

 「「あぁ……」」

 「な……」

 御挨拶しっぱなしのショーを見て固まるエリーゼ。

 「お前たち……これはどういうことだ? なぜ、なぜショーが、その……色々、全開なんだ……」

 「それは……かくかくしかじか……」


______。


 「なるほど……とりあえず、タオルをかけようか……」

 「ほいっと」

 「お前はその……見てもなんとも思わないのか?」

 「さっきわたしが入った時に1回見せつけられてるからね〜。それより2人もそんなに恥ずかしがることもないのに。家族なんだから別に何度か見たことくらいあるでしょ?」

 「そうなんですけど……もっと小さい頃とかだったし……」

 「そうだな……。確かに恥ずかしがる必要は無いか……。まぁ、とりあえず、起きるまでそっとしておくとしよう」

 「でもどうして、アリスさんがここに?」

 「いやー、昼間に馬車から落馬したじゃん? なんか気になってね」

 「わ、わたしもそうだぞ! 一緒に風呂に入りたかったとかそんなじゃなくて、どこか庇うような歩き方をしていたから!」

 昼間の落馬って何……? お姉ちゃんは微妙なところだけど、我欲に走ったのはわたしだけ、ってこと?

 「お兄ちゃんのマナがなんか変だったから……気になって」

 「心配かけまいとして隠してたんだろうけど、やっぱ打撲とかしてたみたいだしね〜」

 「ホント、無駄に強情なんだから……」

 「急に男らしくなっていくものだな……。なんか不思議な気分だ」

 「「だねぇ……」」

 「まぁ結果がこれじゃ、まだまだ1人前の男には程遠いけどな」

 「確かに」

 「お兄ちゃんらしいけどね〜」



______。



 ……んあ。アリスさんに背中流してもらって、ローズが入ってきて全裸ですっ転んで……。ああ、部屋に戻されたのか。この後頭の下の柔らかな感触といい、服は着せられたようだし。

 スベスベして……甘い香り……。

 このままで堪能しよう膝枕。

 「ひゃっ……まだ寝てるか……」

 この声は姉さんか……。珍しいな。てっきりアリスさんかローズかな、なんて思ってたけど。

 「ほんとに……逞しくなったな。でも無理はするなよ。家族の前で強がる必要は無いんだからな」

 そう言いながら頭を撫でてくれる。なんかホッとするというか、ちょっと恥ずかしいような……。

 「今日の昼間の落馬にしたってそうだ。わたしたち3人ともお前に違和感を感じてたんだからな。だから治癒魔法を2人はかけようとしたみたいだ」

 さすがに、ごまかしきれてなかったか……。まぁ、アリスさんにはバレバレだったみたいだしなぁ。

 「ふふっ。女の勘、ってやつかもしれないな。アリスのやつもえらくお前を気に入ったようだしな……。嬉しいような嬉しくないような、なんとも言えない感じだ。弟は姉のものだし、まだまだ他所へやるつもりもないんだがな」

 ……。

 「絶対にお前はわたしが護るからな……。あと、出来ればもう少しわたしに甘えてくれていい……。わたしはお前の姉なんだからな」

 そう言いながら姉さんは、俺の頬に優しく唇を落とした。

 「2人には内緒だぞ? あいつらはまだ風呂だからな」

 こんなに優しく温かな時間は久しぶりで、心がほどけていくようだった。泣いたのは記憶が戻ってからは、これが初めてだった。

 「ありがとう……姉さん……」

 「ショー!? いつから起きて……いや、いい。落ち着くまでそうしていろ」

 俺は姉さんの膝の中で散々泣いた後、そのままもう1度眠りについてしまった。



______。



 「お待たせ〜エリーゼ。お風呂空いたよ」

 「お姉ちゃん、お待たせ。あっ」

 「ああ。少し静かにしてやってくれ」

 「なんかお兄ちゃん、赤ちゃんみたいに安心しきった顔してる……」

 「お姉さんには敵わないな〜……」

 「まぁこんなわけだから、わたしは夕食の後に風呂に入るよ」

 「起こすわけにもいかないもんね〜」

 「でも、もうそろそろご飯じゃない?」

 「そうだな……」

 「ショーくーん、起きて〜」

 アリスがショーの頬をきゅーっと引っ張る。

 「お兄ちゃん、ご飯だよー」

 ローズがショーの鼻をキュッと摘む。

 「凄い顔だな」

 エリーゼがその様子を見て笑う。

 「………………んが」

 ショーの目が開かれ、こちらを見回す。

 「…………おは、よう?」

 「「「おはよう」」」

 「……夕飯終わっちゃった?」

 「大丈夫だよ♪ ほら、いつまでもエリーゼの膝枕に甘えてないで起きて!」

 「そうそう! 膝枕ならいつでもやってあげるから! もーわたしお腹空いた!」

 「よっ!」

 「あっ……。もう、いいのか?」

 「うん! また今度お願い! 俺も腹減ったから!!」

 「それじゃ、クラリスも待ってるだろうし行きましょう。館内が混み合う前に早めに移動した方がいいでしょ」

 メイド喫茶ホテルでの夕食って、どんなもんなんだろうか……。



「シスコンと姉妹と異世界と。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く