シスコンと姉妹と異世界と。

花牧優駿

【第37話】夏来る





 時は8月。夏真っ盛りのこと。3人で買い物に来ていた。

 ちょっとした思いつきがキッカケだった。

 ローズたちと夕飯を食べている最中のことである。



 「こんなあっついのによくそんなもん食えるな……」

 「食べるの我慢してちゃ生きてる心地しないから!」

 そう言いながらローズはズルズルうどんを流し込む。

 「そうだぞ、ショー。よく食べて、よく鍛錬を積むのが騎士たる者の勤めだからな」

 「姉さん、おにぎり1つじゃん……」

 「あ、いや、これはだな。じ、実はわたしはさっき1人でお腹が空いたから食べてしまったんだ……」

 「んな食べたら太るぞエリーゼ〜」

 「食べてない! あっ……」

 「「イエーイ」」

 アリスさんとハイタッチ。近くに座っていたサニーさんたち、もとい親衛隊の5人もけらけら笑っていた。

 「計ったな。しかもいつの間にそんな仲良くなったんだ……」

 「まぁね〜。ショーくんと僕って相性いいから☆」

 「相性なら妹のわたしだって、うっ」

 絶対そこで吐くなよ妹よ。急に叫んだから一瞬上がって来たんだろうけど。

 「わたしたちも負けてないよねぇ?」

 「「「「うんうん」」」」

 サニーさんたちとも簡単な任務に行ったりしたのだ。まぁメシ奢るからご飯に行こう、って言われて行ったら、それは任務の後ってことで騙されたのだが。

 「な、みんなショーと任務行っているのか!?」

 実は姉さんと2人で任務に行ったことがない。何でかっていうと、誘われていないから。こっちから初級任務に同行願うってのも気が引けてしまう。ホントは行きたいんだけど。ちなみにローズとはとうぜん同期なので行っている。食料とか採集関係が多いが。

 「なんで誘ってくれない!?」

 「だって姉さん、任務無い時って大体稽古したりするから邪魔しちゃ悪いかな〜って……」

 「あらあら、エリーゼったら気を使わせちゃってる上に一緒に行けないなんて悲しい……」

 「うぅ、皆まで言うな……」

 姉さんが肩を落としている。ちょっと申し訳ない気になる。

 そんななか、おもむろにローズがハッと顔を上げて言い放った。

 「お兄ちゃんさ、暑い暑いっていうなら海でも行く?」

 「それいいな!」

 思わず即答してしまった。水着ラッシュ突入だぜ!

 「ショーくん変な事考えてるでしょー。でもその期待にお姉さんは応えてあげよう」

 「いや、考えてないですって!! ……お願いします」

 「本音が出てますよ、ショーくん」

 「ステラさん、言わないでください……」

 真面目そうなステラさんに言われると返す言葉が浮かばない。なんか冗談で返しても正論で受け止められそうで……。

 「でしたら皆さん、今週末の日曜日なんてどうでしょうか?」

 「うん! そーしよ! 新しい水着も買わないとだしね」

 「最近サニーは食べてばっかだったものな」

 「ゾラ、違うから! ちょっとおっぱいが大きくなって去年のが入らなそうなの! ゾラもそうでしょ!? ローズちゃんもでしょ!?」

 「は、はい……」

 「……」

 ローズと姉さんが俯いている。ローズは恥ずかしそうにしている。姉さんが俯いているのもお察し。

 「ちょっと、お姉様の前で胸の話は……」

 「……はぁ」

 シャロンさんのフォローのような右ストレートが姉さんにトドメを刺してしまったようだった。



 そんなこんなで土曜日の今日、三人揃って水着を買いに来ているのだった。

 「俺自分の買ったら椅子にでも座って待ってるから」

 「「それじゃダメなの!」」

 「へ? それは、えっと……。俺が一緒に見て回れってこと?」

 「ま、まぁ平たくいえばそうなるな……」

 「やっぱ男子の意見も聞きたいってゆーか……」

 「女の人の売り場歩くのはちょっと恥ずかしいし……。やっぱ、楽しみは後に取っておきたいしね」

 「楽しみ……なのか??」

 「そりゃ、楽しみでしょ。魔法の中でもやっちゃったんだし。姉さんいっそ貝殻でもいいよ?」

 「それは、ダメだ! アリスやサニーたちも来るんだぞ!? おまえ達2人だけならまだしもだな……」

 「わたしたち2人とならいいのお姉ちゃん!?」

 「いや、今のは言葉のあやだ。忘れてくれ」

 「じゃあローズは」

 「ギューフィレ(?)ステーキ食べさせてくれたら」

 「考えておこう……」

 「あ、あれは……」

 幾度となく見覚えのある姿が前方に見えていた。




「シスコンと姉妹と異世界と。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く