話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

シスコンと姉妹と異世界と。

花牧優駿

【第32話】護衛任務





 「なんも起きないな〜、モーリスぅ〜」

 「それに越した事は無いじゃないか」

 馬車の荷台で揺られながら俺は暇を持て余していた。

 サニーさんたちと仲良くさせてもらうようになってからおよそ2ヶ月。とことん男友達が出来なくなった。前世でもそんな友達に囲まれるタイプでは無かったが、ここまでくるとは。

 まぁ確実に女性といる事が多いので反感を買ってしまっているのだろう。ほぼ身内メインとはいえ、高みの見物のような気分である。

 それでいて魔法の授業でも、割と我ながら優秀な成績を出せていると思うし、剣術においてもモーリス以外の同級生相手なら十分勝負になる。

 私怨が絡むからか相手が力む時が多くて対処しやすいだけなんだけど。

 なんと言うか、厨二の万能感のような物にどっぷり浸っているような今日この頃。

 まぁあれから1人で任務に行くことは無くなったのだけど。さすがに事はそう上手くいくように世界はできていないはず。同じ状況になったとして、助けが来る可能性なんてほぼ無いはずだから。

 だから今こうして、モーリスと2人で貨物運搬の護衛任務に付いているのだった。

 「なんも起きないのに報酬貰っちゃって良いのかなぁ、って思っちゃうわけだよ」

 「タダでいいのかい!?」

 話を聞いていた行商人が満面の笑みを浮かべる。

 「ショー、適当な事言うんじゃない。学校と契約してるんだから僕らでどうこうできる問題じゃないよ」

 「ですって」

 「そんなぁ……」

 落ち込まれても、そんな期待値の高い話じゃ無かっただろうになぁ。同情を誘う為の巧妙な手口なのだろうか。

 「おーい兄ちゃんたち、そろそろ休憩にするぞー!」

 後ろの馬車から声が聞こえた。

 「分かりましたー!」

 少し行った先の原っぱに馬車を停め昼食を兼ねた休憩。収納魔法のかかった箱、もといアイテムボックスから、姉さんが頑張って作っていたおにぎり4つを取り出す。収納時の状態を保つのでまだ温かい。形の悪さもそのままだ。

 「はいよ。モーリスの分も姉さんが作ってくれたんだ」

 「いいのかい? 丹精込めて作ってくれたんだろう?」

 「やっぱりそう見えるか」

 「まぁ……ね」

 「だよな。まぁ姉さんが気合い入れて作ったんだから、食べてあげてよ。俺も4つは食べれないし」

 「うん。そういうことなら遠慮なく」

 「どう?」

 「美味い。疲れた体に丁度いいよ」

 「そっかそっか」

 ……すげー白米が塩辛いけど。中身はコブシシで作ったチャーシューだ。もう片方のはトンカツが入っているようだ。最早きりたんぽみたいな形してるけど。

 まぁ水分補給もしたくなるし、そういう意味でも疲れた体に丁度いい、という事なんだろう。

 「ご馳走さまでした」

 「ごちそーさん」

 「お腹もいっぱいになったし、あともうひと頑張りだな」

 「眠くなっちまうよ……ふぁぁ」

 「寝るなよ。まだ任務中だ。帰りは急がないし宿を取ってもいいかもしれないね」

 「お言葉に甘えようかな……」

 外泊なんてほとんどした事無いから正直楽しみ。

 「そういえば、こないだ話してた新しい魔法はどうなの?」

 「思ってたより上手く……」

 (ショー様! 前方200m先から6人、こちらへ走って向かってきています)

 「おっさーん!! とめてー!!」

 「賊か!?」

 「かもしれない。用心しておくにこしたことないから!」

 「どうする、ショー」

 「相手の出方次第じゃない? 誰かもわかんないしね。一応魔法の用意はしておくけど、モーリスが好きにやっていいよ」

 「はいはい、援護よろしくね」

 (そろそろ見えるはずです)

 「あれは……」

 「巷で噂されている盗賊共でしょうな」

 「やっぱりそうっすよね……」

 服というより布を身にまとっている感じで、いかにもって感じでわかりやすい。ただ、その割に装飾品が豪華な気もするが。

 「おうおう。わかってると思うが俺たちはここいらをナワバリにしてる盗賊様だ! 生命が惜しけりゃ積荷を置いていきな」

 と、お決まりの文句を並べる。が問題がひとつ。

 「この世界に銃とかあったのかよ……」

 ミリタリーものはそんなに目にしたことが無いから、あれがどんな仕組みなのか全く分からん。ラノベでちょろっと読んだのと、ゾンビ撃ち殺すゲーム(途中で諦めた)くらいで。なんだろ、ショットガン? 

 湿気させれば銃ってなんとかなるんかな……。取り敢えず、霧でも作ってみるか。よっ……10分くらいでいいか。

 「おいおい、霧とか都合がいいなァ。俺らの行動の発見に時間がかかるってもんだ」

 局所的にドーム状に霧ができてるんだから、目立つと思うんですけどね、傍から見てたら。

 「モーリス、視界が悪くなったけど」

 「大丈夫、無問題だ」

 「おいおい、やる気かァ? 2対6だぜ? 謝るなら今のうちだぜ?」

 「御託はいいから、盗賊らしく早く襲ってきたらどうだい?」

 「糞ガキ共が、舐めやがってェ……!! お前ら、やれ!!」





「シスコンと姉妹と異世界と。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く