シスコンと姉妹と異世界と。

花牧優駿

【第28話】はじめてのおつかい④




 「探査魔法が……」

 「使えなかったのか?」

 (……何ですか?)

 (なんで、怒ってるんですか?)

 (ショー様、不潔です)

 (えぇ……)

 (胸ならなんでもいいなんてケダモノです)

 (だってナビ子の見たことないしヘソ曲げられてもなぁ)

 (ショー様は私だけ見ていればよろしいのです!)

 (と言っても姿を見ようがないし……)

 (見えればよろしいんですか?)

 (まぁそうですかね……)

 圧がすごい。思わず気圧されるわ。

 (……これならどうでしょう?)

 (な、ナビ子様……)

 白衣のナビ子さん。なぜナース姿?

 (取り敢えず、コブシシの場所教えて?)

 (あっち……)

 指差してくれる。人の姿だからか単純な道案内人だ。服装を除けば。

 (あの……しばらくそのままでいてくれませんか?)

 (あなたが望むのなら構いません)

 「あっちにコブシシがいます!」

 「ようやく喋ったと思ったら……。そんな声張らないでよ。ビックリするじゃんかもう!」

 「ちょっと魔法をまだうまく使いこなせてなくて、時間かかっちゃいました。すいませんアリスさん」

 「いやいや、そんな謝らなくてもいいんだっ。こっちこそごめん!」

 (そこの木の裏で寝ているはずです)

 「アリスさん。そこの木の裏で寝ているはずです」

 「じゃあ、最初は僕がお手本を見せるからね。まぁお手本といっても、寝ている標的相手じゃそんな自慢にならないと思うけど」

 「お願いします」

 「まっかせてー。……フゥー」

 アリスさんが息を吐く。と同時に魔法で気配を消しているようだ。

 「……」

 「ハッ!」

 「……うわぁ」

 コブシシの喉がアリスさんの短剣で綺麗に裂かれていた。

 「血抜きも兼ねて喉を開くのが1番手っ取り早いんだよね〜」

 「もう、喉を開くどころか胴体と頭が離れ離れなんですけど」

 (あとはどこにいる?)

 (右手150mに3頭います)

 「じゃあ今度は僕がいきますね」

 「お手並み拝見といきましょうかねぇ」

 頭と胴体を箱に収納しながらアリスさんが笑う。

 氷結魔法……150m先のコブシシ、凍れ。

 「どうなったかな〜……よっ」

 氷塊を覗き込むとコブシシが3頭丸々氷漬けになっていた。

 「おお、ショーくんやるねぇ」

 「まだまだです。本当なら3頭まとめてじゃなくて、1頭ずつ氷漬けにするつもりだったんですけど」

 「まぁ苦労するのは解体する側の人たちだからね〜。何はともあれお疲れ様。取り敢えず僕らはここまでにしとこうか。余り狩りすぎると繁殖スピードが追い付かなくなってしまうから」

 「なんかそれ、聞いたことあります。全部取らないで1つは残す、みたいなの」

 「僕のおじいちゃんが言ってたんだよね。なんか印象深くて覚えちゃった。でも、合流まで時間あるしどうしよっか」

 「んー……」

 「あ、そうだ。いい事考えた。ちょっと離れてて」

 「は、はい……」

 「やぁ!!!」

 アリスさんの居合斬り。直径40cmくらいはありそうな木を下からなぎ倒した。

 「はい、ここに座ってお話でもしてようよ。飲み水はショーくんが出してくれるもんね?」

 「乱暴っすね……」

 「倒れた木もいろいろ森の役に立つんだからいーのいーの。ほら、早くこっち座って」

 「では失礼します……」

 (失礼致します)




 アリスさんと時間の許す限り色々な話をした。そこでひとつ分かったのだが、アリスさんの中にはオジサンがいそうだという事だ。まぁ年頃の女のコと言うには程遠いような、変態思想のようなものをさらけ出してくれた。聞いているこっちが参ってしまう。

 その間、話を聞いていたナビ子が恥ずかしさからかアリスさんを叩いたり殴ったりしていた。全部実体がないのですり抜けてしまっていたので、見えているこっちもしてはかなりのホラー体験となった。


 

「シスコンと姉妹と異世界と。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く