シスコンと姉妹と異世界と。

花牧優駿

【第26話】はじめてのおつかい②





 「どれにするったって何があるの? ……ッ!!」

 「これはローズが選ばないとな」

 「たしかにローズちゃんが選ぶべきだねぇ」

 姉さんとアリスさんがそういうのも無理はない。

 最初の任務は食材の調達だったのだ。

 「……どーすんのーローズ、決まったー?」

 かれこれ10分、ローズは悩んでいた。山菜、魚介、肉。任務の内容はその3つのうちから1つのジャンルの食材を調達すること。報酬は少しのお金と、調達した食材で夕飯を作ってくれるということであった。

 お金だけの報酬であればローズも悩まないだろう。だが夕食に絡むとなると違ったらしい。

 「……山菜」

 ローズが結論を出した。

 「よし決まりだね!」

 「あとお肉も」

 「2種類も行くのか!?」

 ローズの決定にアリスさんが安堵した直後に項目の追加。姉さんが思わずひっくり返るようなリアクション。

 「まぁ、どっちも採れる場所は同じだし……」

 肉と魚と言わなかっただけマシである。

 「それでしたら、お2人はこちらをお納めください。エリーゼ様とアリス様はお持ちでしたよね?」

 「なんスかこの箱?」

 受付のお姉さんから掌に収まるような小さな箱を1人1箱ずつ渡された。

 「そちらは収納魔法がかけられた箱になっております。その中には24時間まで劣化無しで入れておけます。収納時間を伸ばしたい時は1度外に取り出してくだされば結構です」

 「でも、入れ口小さ過ぎないですか?」

 今度はローズの質問。俺も同じこと思ってた。やっぱ兄妹だなぁ〜。

 「入れたいものを近付ければ大丈夫です。例えばこのペンを……」

 「「おぉ〜」」

 ペンがフッと吸い込まれるように消えて思わず声が。

 「アリス、わたしたちの時と同じような反応だな」

 「そうだね。初めてアレを見たら誰しもああなるよね」

 「それじゃ、ペンを返してください」

 「「……どうやって?」」

 「出したい物を念じて箱を開ければ、その辺に出て来ますよ」

 「じゃあ机の上に……おっ」

 「うまく出せましたね。これで沢山食材を採ってきてください。学園の食糧費も浮くのでこの任務が最初に組まれるんです」

 「なるほど。確かに危険が少なくて難易度も低いこの任務なら、確実に収穫も期待できますもんね」

 「ご明察です。まぁ、学園の為によろしくお願いね。エリーゼもアリスも2人に無茶させないようにね。それじゃ、お気を付けてー」

 受付嬢モードから女友達に戻ったお姉さんが手を振って見送ってくれる。

 「あの人はカーリーさんだ」

 「カーリーさんも僕たちの先輩で学園の卒業生だ。任務を難易度ごとに振り分けたりするのもカーリーさんの仕事でね。実戦でも相当なウデだと噂されているよ」

 「ほえ〜」

 あのザ・秘書みたいな人が……。この世界では珍しく黒髪だったなぁ。あんまり数見ないんだよなぁ。まぁ外国だと思えばそんなもんなのかな?

 (そーいや、ナビ子。ナビ子やーい)

 (お呼びでしょうか?)

 (さっきカーリーさんから収納魔法のかかった箱貰ったんだけど、この箱に頼らないで俺が収納魔法使えたりしないの?)

 (え? 使えますよ?)

 (ほんと?)

 (条件として言えば、蓋がある物なら何でも代用ができます)

 (なるほどな。ありがと。これから採取だからまた後でナビ頼むわ)

 (かしこまりました)

 「どうした、ショー? 何も無いところを見つめて」

 「え? あーいや、狩り場はどこなのかなって」

 「あと20分くらいで着くはずだよ〜」


 いよいよ、任務本番である。

「シスコンと姉妹と異世界と。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く