話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

シスコンと姉妹と異世界と。

花牧優駿

【第23話】週末デート③




 「まぁ、作戦を練るにしてもあまり時間は掛けられないよな。人質が目を覚ましたら、騒がれる前に処理されちまう可能性もあるしな」

 「確かに。こんな時になんだが、ショーは思ったより物事を考えてるんだな」

 「そのへんの同い歳よりは考えてるだろうさ」

 前世の経験があるんだし。

 「まぁ、そうだろうね。話しててもそんな気がするよ」

 「さて、どうしようか。出来ればモーリスの突入で隙が出来たところを、魔法で一網打尽にして無力化するのが理想なんだけど……」

 「僕を囮にかい?」

 「そうなるよなぁ……」

 「構わないさ。万が一何かあっても、『寵愛』が護ってくれるさ。君も僕もね」

 「そっか。したら、やるか……。せーのッ!」

 「はぁっ!」

 気合いを吐き出し、モーリスが、ばぁーん!と扉を蹴破る。突入時のお決まりのやつ。

 「「「なっ、何者だ!?」」」

 酷く驚いた様子でこちらを見る黒いローブを纏った3人。声色から男だとわかる。
 中の様子を窺うと、巨大な魔法陣の中心に女性が横たわっていた。その隣にもう1人黒ローブが立っていた。

 「お前達ここで何をしている! その人を離してもらうぞ!!」

 気迫溢れるモーリスの周りにマナが集まる。ぼんやりとオーラのようにマナが見える程だ。

 「ほぉ……。その迸るマナ、童なかなかやるようだな」

 女性の声がモーリスを讃える。どうやら人質の隣に立っている黒ローブは女性のようだ。
 やるなら油断してそうな今のうちしかないな。

 「お前達のような者に褒められても嬉しくないのだがな……」

 魔法陣の破壊も含めて、足場から崩すしか無いな。イメージは……足元から土の棒が急襲する感じ。股間を。

 「「行くぞッ!!」」

 モーリスと声が重なる。モーリスも今俺が仕掛けることをマナを通じて感じ取ったのかもしれない。

 「「「……ウッ!!」」」

 モーリスの気迫に身構えた男3人は、股間に強い衝撃を受けてその場に倒れ込んだ。ピクピク痙攣している。

 さすがにやり過ぎちゃったかな……。あの痛みが分かる以上、敵さんとはいえ同情の念はある。やった張本人が俺なんだけど。

 「あら、そこまで気配を出してしまってはバレバレよ」

 フワッと避けられる。取り敢えず人質から離れただけ結果オーライ。

 「空中に避けるのは、失敗だッ!!」

 モーリスの鋭い一閃。ローブを纏った身体が上下に分断される。

 「「えっ……」」

 落ちてきたのはローブだけで、その身体はどこにも存在していなかった。

 「こっちよ、おふたりさん?」

 「「うわっ!!?」」

 声のする方へ振り返ると、視界が強烈な光に包まれた。

 「あなた達2人は生かしておいてあげる。何せ『寵愛』持ちと来たんですから。そこに伸びてる3人も好きにしていいわ。どうせ捨て駒だものね。それじゃね〜」

 「おい、待て!!」

 「クソッ!!」

 視界が戻ってくると、そこには股間を撃ち抜かれて伸びている男3人と、横たわったままの女性と、こちらを見つめるモーリスがそのまま残されていた。




______。




 駆け付けた衛兵さんが人質の女性を病院へ搬送し、男3人も取り調べのため輸送されていった。その間事情聴取を俺たちは受け、ひと段落した後、ほとぼりが覚め2人が取り残され今に至る。


 「……」

 「……」

 「結局何だったんだアレは……」

 思考が思わず外に漏れる。

 「いや……わからない。格が違うのだけは分かったが……」

 それを問いかけとしたモーリスが返事をする。モーリスとしても会話をしようとして発している訳では無いと思うけど。

 「あの様子だと、ハナっから俺が外で機を狙っていたのもバレてたみたいだしな……」

 「空中に飛び出した所を狙えば仕留め損ねることはないと踏んだのだが……」

 「……仕留めちゃダメじゃね?」

 「もちろん一刀両断するつもりは無かったさ。ある程度の傷を負わせるつもりではいたけど」

 「そしたら切れたのはローブだけで、当の本人はトンズラこいちまったもんな……」

 「ホントいいように遊ばれてしまった」

 「あの魔法陣の意味もサッパリだ……」

 ナビ子に尋ねてみたが、陣そのものが未完成でありショーの魔法で破損している為に判断がつかないらしい。ひとつ言えるのは、決して良い魔法ではないだろう、ということらしかった。

 「あの女性からは全くマナが外に漏れていなかった。それだけマナの制御に長けているということだろうね」

 「そりゃとんでもねえわ……。命があっただけマシなのかもしれねーな」

 「確かに、ショーの言う通りかもしれないな。ひとまず盗られたものも見つかったそうだし、借りてたものも近いうちに返しに行こうか」

 「強盗に見せかけるのが目的だったからか、他所に売り飛ばされなくてよかったよな。……お、猫ちゃん」

 塀の上に、赤いリボンを首に巻かれた黒猫がいた。

 「可愛いね。黒猫が不吉だなんて言うけど、こういったのを目の前にすると関係なくなってしまうね」

 「そろそろ、今日は帰ろうぜ。なんかもう疲れたし、これ以上の厄介事はゴメンだわ」

 「ああ、そうだね。流石に今日は大人しく帰ろうか」






「シスコンと姉妹と異世界と。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く