シスコンと姉妹と異世界と。

花牧優駿

【第20話】寵愛



 入学からひと月半、ついに俺はショーに疑問をぶつけることにした。と言うのも、今度2人で遊びに行こう、ということになりその予定を詰めるため、モーリスの部屋に招待されたのだった。

部屋にあるのはベッド、本棚、箪笥たんす、剣くらい。寝るか素振りするかみたいな簡素な部屋だ。

 俺の部屋は女性2人でかなりのスペースをオシャレに取っているので、俺の物は殆ど無かった。ほんと服くらい。

 週末に街を散策することに決め、雑談に話が向いた頃に俺は疑問をぶつけてみた。

 「なぁモーリス。……俺はどうしたらもっと強くなれるかな」

 「ショーは十分に強いよ。魔法を使われた段階で、僕が負けてしまうだろうね。まぁ使わせないように手数で攻めるなり全力を尽くすんだけども」

 そう言ってモーリスが笑う。いい顔なんだよホント。俺が女の子ならイチコロだね。だから嫌味ったらしさがまったくない。

 「なんかなぁ……お前と戦ってると、頭の中を覗き見されてる気分になるんだよな〜」

 「まぁショーの太刀筋は良い意味で荒れてるから、動きを読み辛いと思うんだよね」

 「……思うんだよね? モーリスは思わないの??」

 「んー、これは皆には黙っていて欲しいんだけど」

 そう前置きされる。何を言われるのだろうか。

 「ああ……」

 「僕には太刀筋が見えるんだよ。何故かね。マナが直接脳に映像を送り込んでくるというか……。力の入り方や目線とかで、刀の筋道が見える」

 「……は?」

 「僕には太刀筋が見えるんだよ。何故かね。マナが直接脳に映像を送り込んでくるというか……。力の入り方や目線とかで、刀の筋道が見える」

 「……は?」

 2回聴いても理解不能だった。そもそも最初の「……は?」はパードゥン?的なものでは無かったのだけれど。

 「僕には……」

 「違う違う違う!」

 「え?」

 モーリスが怪訝そうな顔をする。何故だろうか。大きな疑問を持ったのはこっちの方だというのに。

 「もう1回言ってくれって意味じゃないんだよ。そんなウソみたいな、アホみたいな能力があるなんて思いもしなかったから、脳みそフリーズしちまっただけだ」

 「まぁ、僕の力はそんなとこだね。『剣神の寵愛』って言われてるものらしい。物心がついて剣を手に取った時からこうだったから、周りもみんな同じなんだとばかり当時は思っていたんだ。『なんで皆はコレが見えないんだろう? 避けられないんだろう?』ってね」

 「ははっ、すげー嫌な奴じゃん」

 思わず笑ってしまった。

 「だろう? だから僕もなかなか友達が出来なくてね。今こうしてショーが隣で話を聴いてくれているのがとても嬉しいんだ」

 抱かれてもいいわ……。

 「そう言われるとな……。まぁ俺もそんな友達が多かったわけじゃないしな……。基本小さい頃の遊び相手は姉さん、ローズ、母さんの中から選抜されてたし」

 「なるほど……。でもショーも僕と同じような力を持ってるんだよ?」

 「へ? 俺?」

 「そう。その様子だと自覚はなさそうだけど、君は『マナの寵愛』を受けているね」

 「まなの寵愛?」

 なんか、まなちゃんなる人間から愛されてるみたい。マナの事だとは分かってるんだけど。

 「そうだね。ショーはマナとの結びつきが他の人より格段に強いんだ。だから僕の頭の中には他の人の攻撃より明確に君の攻撃が浮かぶんだ。だから……」

 「ササっといなされちゃう訳だ……」

 「そうなんだよ」

 「じゃあ、無我の境地に辿り着かないと無理か……」

 「無我の境地か、それは面白いね。是非そんな強い人と戦ってみたいものだね」

 「……で『マナの寵愛』って?」

 「まぁ言った通り、マナとの結びつきが他の人より格段に強いんだ。だから授業で習うほどの呪文詠唱はいらないだろうし、鍛えようによっては無詠唱でいけるかもしれないね」

 「なるほどな。確かに頭に思い描いた事を魔法で再現するのは得意かもしれないわ」

 「ショー以外にもお姉さんや妹さんも、なにか特別な力があるかもしれないね」

 「マジか!?」

 「いや、家族だから有り得るかもってだけの話だよ。ショーは直接マナに干渉する力だから、僕でも気付けたというだけだからね」

 「なんだ、可能性のことか……」

 まぁあれだけの美少女なんだから、神様から愛されてるのは分かるような気もする……。

 「さ、そろそろ夕飯の時間だ。食堂に行こうか」

 「俺は一旦部屋戻るよ」

 「あの妹さんにもよろしく頼むよ」

 「ああ」

 「あんなに食べる子は見たことないからね」

 「そんなに有名なのか……?」

 「恐らく、入学期を問わずここの寮生全員知ってるだろうね」

 「なんてこった……」


 俺は思わず天を仰いだ。

「シスコンと姉妹と異世界と。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く