シスコンと姉妹と異世界と。

花牧優駿

【第12話】入校試験④





 「早速だが、これを的とし、魔法を持って殲滅せよ」

 「え……これ……人間じゃ……」

 なんというか、酔い潰れたところに手錠をかけられ、足枷をされたようなおじさんがそこに転がされている。そんな状況あるのだろうか。

 「安心しろ。動かないし、人間の形だが命あるものじゃない。魔法によって作られたモノだ。実によく似ているがな。戦場ではそれが生身の人間や動物になるんだが、試験だからな」

 それは覚悟している。姉さんやローズといたいだけでこの学校に入るわけじゃないんだ。大事な人を守れる力が欲しい。

 でも無防備なおじさん(のようなもの)を殲滅するのは少々気が重い。父さんの背中を思い出してしまう。

 「分かりました。行きます。危ないんで10m以内には近づかないでください」

 「ほお。よし分かった。皆の者!!」

 リーヴァがそう言うと、周りの空気がピンと張り詰めた。固唾を呑んで見守っている、と言うのが適当だろうか。

 「ふーーっ……。集中、集中……」

 30cm四方の水の立方体を作り上げる。そして、それを直径10cmの球体に乱回転させつつ圧縮する。その外側を更に水の膜で覆う。ここまで13秒。

 「よし。いけ!」

 シューっと音を立てるそれを目標へ放る。

 「むっ……」

 「いきますよ……。ウォーターショット!!(水の散弾)」

 掛け声とともに水の球が弾ける。圧縮された水が解放され、おじさんの身体を蹂躙していく。視界が晴れたそこに残されたのは、元おじさんだったミンチ肉だった。魔法で出来てたから消えちゃったけど。

 「良くやった。魔法の準備から発動までもう少し時間を短縮できれば、十分に実戦投入出来るだろう。実に清々しい気分だ」

 漫画やラノベを広く浅く読み漁ったおかげで、魔法のイメージに事欠かない。しかもこの世界がちょっと俺を優先してくれるらしい。練習の時、喜びすぎて暴発して右半身穴だらけだったけど……。

 「はい。ありがとうございます」

 「シャンティーは反対するかもしれんが、君はおそらく姉と違い魔法士科への入学になるとは思う。が、基本的に校舎も変わらないし、そう不自由なく過ごせるだろう。これからの成長に期待している。励めよ少年」

 「これから、よろしくお願いします。先生」

 いい先生に出会えた気がする。でもこの人をスルーして玩具にする母さんていったい……。今度昔のこと、聞いてみようかな。

 「みっちりいくからな。覚悟しとけよ?さ、妹を呼んできてくれ。それでこの試験は全部終了だ」

 ニシシっというような笑顔でスパルタ宣言。忘れよう。さっさとローズ読んでこよう。


______。


 「ローズ・ヴァッハウ!前へ」

 「はい!」

 「お前は推薦の段階で、魔法士科のみへの推薦となっている。このまま騎士科の試験は省略しても構わないか?」

 「……あの、お兄ぃ、ショー・ヴァッハウは、騎士科への入学なんですか?」

 「いや、あいつは魔法士科になると思うぞ」

 「そしたら大丈夫です。省略で」

 満面の笑みで応える。

 「そうか。ならいい。母親直伝の魔法、とくと見せてもらうぞ」

 「はい、お任せ下さい。いきます」

 先ほどミンチにされたおじさんが再度出現する。
 片手を天に向けて掲げ、唱える。

 「灼熱の紅玉よ、わたしの愛に従え」

 出現した直径2m弱の火球が、掌サイズまで小さくなる。

 「……」

 人差し指をおじさんに向けて狙いを定める。

 「……ファイア」

 掌の太陽から熱線が照射される。
 おじさんの首から上が完全に焼失しちゃってた。

 「さすが、あいつの子だな。一瞬でアレを消し炭にするとは。いいものを見せてもらった。兄妹揃って大したものだ。だがくれぐれも無理はするなよ。無理に魔法を使おうとすると……いや、お節介が過ぎたな。すまない」

 「いえ……お心遣いありがとうございます。ところであの人形はどのように……」

 「仕組みのことは教えられないわね。でもひとつ言うなら……。あれのモデルは私の夫よ」

 この人はこれまでの試験でも、拘束された旦那さんもどきを攻撃させて、いいものを見た、とか、清々しいとか言ってたんだろうか。この先生でこれから大丈夫なのかな……。


______。


 「とりあえず2人とも、私が受け持つことになりますので、よろしくお願いします」

 リーヴァ先生が母さんに頭を下げる。

 「そんな、改まって言うことじゃないわ。ビシビシ扱いてやってね〜」

 「言われなくてもそのつもりだよ」

 やっぱり2人とも仲良しである。先ほどローズから、あの拘束されたおじさんのモデルが、自分の旦那と聞かされているので、ちょっと心配な人だな……とは思うんだけど。

 「ほらお姉ちゃん、拗ねないの〜」

 「だって2人とも魔法士科に行ってしまうなんて……」

 「授業は大して変わらないんだからいいじゃないの」

 「でも……」

 姉さんが拗ねて半泣きである。そこまで3人みんな揃ってってのが良かったのかな……。

 「分かった。そしたら3人とも寮に住んじゃいなさいよ。したら皆で過ごせるわよ」

 「「「えぇ!?」」」

 え?引越し余儀なくされる感じ?マジ?

 「でも家事とかあるし……」

 「お父さんとわたしだけなら問題ないわ。最悪お父さんは食べなくてもなんとかなるでしょう」

 さすがに扱いがぞんざいである。同じ男として泣きたくなってくる。ローズの反論も虚しく終わる。

 「じゃ、そゆことだから。リーヴァ、シャンティー、手続きとか面倒なのは任せたわよ?」

 「お任せ下さい、師匠」

 「ええ。それじゃわたしたちは帰りましょ。2人の入学祝いもしなきゃいけないしね」

 まさかの3人共同生活が決まってしまったが、大丈夫なんだろうか……。まぁ家事はローズがいるし、俺がそれの手伝いしてればなんとかなるか。姉さんは……全力で布団叩きする、とか?

「シスコンと姉妹と異世界と。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く