話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

シスコンと姉妹と異世界と。

花牧優駿

【第1話】空白の空間

  



 永い潜航から浮上するような感覚。
  
 無が、有に切り替わる。

 黒が白に染まる_____。






 ふと気が付くと、目の前に広がるのはまっさらな空間。

 意識、思考はハッキリしているが手や足、口など肉体が存在せず感覚も無い。
 ただ、見えているだけだ。

 何か揺らぎのような、歪みのようなものに気付いた。
 それは形を持ち始め、固まった。
 人の子のようであった。ただ、どう見ても人の子ではない。
 頭の先から足の先まで、この空間に溶け込むかのように身体が白いのだ。中学生のような体格で、どこかあどけなさの残る顔立ちであった。
 眼だけが赤く輝いているのが印象的だ。

 目の前の真っ白な少年がどこか笑ったような気がしたと思った時には、俺は俺になっていた。しっかりと手足の感覚が揃い、自分が呼吸しているのが感じられた。

「…………」

 誰だこの白いの? でもそれより……。

 「なんでお前、服着てないの? もしかして虐められてるとか……」

 「違うから! そんなことより君の方こそどうなのさ!?」

 指摘されて自分の身体を見やると、見慣れた相棒がセンター張って宙ぶらりん。

「「……、男二人が向かい合って全裸はキツイ」」

 台無しである。



 閑話休題。



「まぁそれはそれとして、だ。君は自分が誰であったのか、その姿を見てわかるかい?」


「誰であった? 俺は翔一。草場翔一だ。で、お前は誰よ? そろそろ服着ないの俺ら?」


「意外と慌てたりしないもんだね。僕は、なんだろうな。一応、神様やってるんだよ、こんな形でも。まぁ僕以外にも神とされるのはいて、僕が唯一無二、一体の神ってわけじゃないんだ」


「お、おう……」


 厨二病をこじらせたのだろうか? いきなりの僕、神様宣言である。ただ何となく、嘘を吐いているようには感じられない。空間といい、身体といい、白いせいだろうか。
 ていうか、服着ないの?

  
「簡単に言うとね、ココは死後の世界。以前来た人間の中には『精神と時の部屋』なんて名付けて、ケラケラ笑ってた子も居たんだ。死んだってのにね。でね、ここは死んだ人間の中でもほんのひと握りの人しかたどり着かないんだ。まぁ辿り着くというより、導かれるって方が正しいのかな」

「は、え? 死後の世界?? 俺、死んだ???」

「そう、君は死んだ。人を庇って死んだんだ。思い出してこないかい?」

 そう、神様なる者が言った途端、脳内に直接映像が送り込まれたような感覚になった。そうだ。

「俺は、妹、枝里香エリカを庇って死んだんだ。」



  

「シスコンと姉妹と異世界と。」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く