話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

TSしたら美少女だった件~百合ルートしか道はない~

シフォン

「何この連鎖………埒が明かない」

薫くんからの逃走中、俺は自分の限界を完全に超越していた。
命が掛かってる気がしたのも大きいかもな。人間ってスゲー。
だがしかし、そんな限界を超えた逃走なんてものは長くは続かない。オートカウンターがあるから動けなくなっても即やられるって訳じゃないだろうが、しかし………解決法を早くかんがえないと結果的にやられることには変わりないだろう。
だから俺はこの状況に対して何かしらの策を立てようと思う。
何かあるか?

………何もない。解決法、存在しない。というか今やゾンビもかくやというとんでもない形相で追ってきている薫くんをどうにかする方法なんてそれこそ武辺りに取り押さえてもらってからの説得くらいしか思いつかないぞ?
しかも今武は部活中(多分)だからこの辺にいる可能性は低いし、ここから学校に戻ったところで戻る最中にやられるだけだろう。
どうにもならないな。少なくとも武には頼れない。
それじゃ他に頼れる相手で、この周辺に居る奴………誰だ?
今居る場所の周辺に居るかもしれない知り合いの顔を全部思い浮かべる。
そして、一人だけ頼れるかもしれない男の顔が思い浮かび………諦めた。
いや、実は郁馬の家がこの近辺にあるからそこに逃げ込もうかなんて考えはしたけどさ、よく考えりゃアイツの母ちゃん今病気に罹ってるらしいしなぁ………流石に頼るわけにはいかないか。
仕方ないからここは今度こそあの変態どもを利用しよう。
俺は意を決し、さきほど変態たちがたむろしていた地点へ近付こうとした………その時。

「お、由!一緒に帰ろうぜ!」

怪力乱神が目の前に現れた。
学校のカバンを背負っていることを考えると部活帰りなのだろう。好都合だ。
俺は現れた武に『助けて、コイツを抑えてくれ』とジェスチャーで伝え、武の傍まで近寄って全力で後ろに隠れる。
コイツならきっと薫くんすらも抑えられるに違いない。
内心ほくそえみ、しれっと武の背後まで最後の力を振り絞って隠れる。
すると武は状況を理解しないままに薫くんを見て、俺を見てから………

全力でぶん殴った。

「おいお前何してんだ抑えろって伝えたよな!?」
「ん?あれって気絶させて動けなくしろって意味じゃないのか?」
「違うわ!」

俺は予想をいい意味でも悪い意味でも裏切ってくれた武に文句を言ってから呆れ、しかしそれでもさっきより状況は改善したと判断し、とりあえず薫くんがいつ目覚めても大丈夫なようにしておくことにした。
何をするかと言うと………単純に薫くんの制服を上手く使って薫くんの腕を縛り付けるだけだ。
本来なら結束バンド辺りが欲しいところだけどな。贅沢は言えない。
その後、薫くんの腕を無事縛り上げることに成功した俺に武が話しかけてきた。

「ところで由よ」
「なんだね武」

わりかしいつも通りのやり取りだが、今はこのいつも通りがありがたいよ。
最近異常とか異常とか異常とかしかないし、こんな普通のやりとりすらも懐かしく感じてしまう。
というかトラブル多すぎて感覚がマヒしてきてるなぁ………
そんなことを考えていたら、不意に武が爆弾を投下した。

「今からあっちで茶でも飲まないか?」

そう、さきほどのコワモテ逃げ友くんのごとく、ある意味で誤解を招くようなことを言ってきているのだ。

「お前そういうタイプじゃなかったと思うんだが………ハッ!まさかお前は偽物か!?」
「ハハハ、そりゃあお前は可愛いからな。誘いたくなってもおかしくはないだろ?」
「俺は男だッ!」

しかも普通に爆弾は一個じゃない。クラスター爆弾(1つの爆弾の中にたくさんの爆弾が仕込まれているやつ)タイプの連続攻撃かつ精神的広範囲爆撃だぜこいつぁ………
つーか武よ、いくらお前がヴァカ愛すべきバカとはいえ元男である俺にそれを言うとは思わなかったぞ?
それくらいなら環奈辺りを口説いてた方がまだ建設的だろ。
しかも俺には後輩ちゃんと言う彼女が居るからなぁ………

「でも今は女だよな。それにお前の性格は正直直球どストライクだ」
「お前それで良いのか人として!つーか俺彼女いるからな!?」
「大丈夫だ、話し合い(物理)には自信があるぞ」
「お前と後輩ちゃんの頂上決戦なんざ望んじゃいないですけど!?」
「ならお前の彼女と話し合って………とりあえずお前に貢ぐことから始めてみようと思う」
「一周回ってなんでそうなったか理解出来ねぇよ!」

埒が明かねぇ………なんで薫くんと言う目の前に迫った物理的危険が去ったと思ったら武とかいう最悪級の面倒さを誇るやつに絡まれなきゃいけないんだよ………ざっけんな!

「TSしたら美少女だった件~百合ルートしか道はない~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く