話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

TSしたら美少女だった件~百合ルートしか道はない~

シフォン

「恥もプライドもこの際捨ておこう。助けてくださいっ!」

「恥もプライドもこの際捨て置いて言うぜ………誰か助けてくれっ!」

先程の闘争から数十秒。
俺はオートカウンターが命の危機と判断したのか、それとも普通に火事場の馬鹿力かは知らんがものっそい速さで走る最中、隣で並走する少年に対しそう叫んでいた。
彼の名は………知らん。つーかさっき出会って偶然と勘違いによって逃げ友、英語で言うとエスケープフレンズになっただけの初対面の人間の名前なんて知るわけないでしょうが。
まぁ1つ判別材料を出すなら、彼は先ほどのものすごーくコワモテなお方ですけどなにか?

………ん?なんだね?コワモテのお方が俺の逃げ友なら、俺が誰から逃げているのか理解できないって?
ハハハ、面白い冗談を言わないでくれよ笑えない(強烈な矛盾)。
俺が逃げているのは、薫くんからさ。
こうなるまでには少々複雑な流れがあるが、ひとまず逃げている最中という事で余裕がないから要約して回想しよう。
そもそも回想は時間の概念に縛られてないような気もするが、一応な。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

ことの始まりはついさっき。これは説明するまでもないな。
ただ、まぁちょっと悪い偶然が重なってしまったに過ぎないというか………うぅむ、なんとも言えないが、とりあえずそのやりとりはこうだ。

まず俺は裏路地から出ると同時に、薫くんの後ろに立ち、ヴァカなことに何も伝えて居ないのにさっきまで居た裏路地に顔を向けさせた。
今思えばこの時顔を向けさせるんじゃなくて指さして示せば良かったんだろう。だが後の祭りだ。
そして薫くんが路地裏を見るとそこにはタイミングを見計らったようにコワモテたちが出てきて、こう言った。

「よぉ、久しぶりだなぁ………檜山ぁ………こんなところで会うなんざ、今日はラッキーだぜ………」

とかいう今時ゴロツキな三下さんでも言わないような安っぽい雑魚台詞をだ。
そんでもって薫くんはそれを見てパニクり、さっきまでは頼りになったその細腕が俺を襲い………そこでオートカウンターが、『まるでケンカ慣れしているかの如く完璧に』それを回避してくれやがったわけさ。
そのことが原因で薫くんの勘違いと言うか、パニックは何故かさらに加速し………その上コワモテ集団のほとんどを一瞬で倒したあと、俺たちを襲ってきたわけだ。
マジで理解不能。誰か助けて。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

………というのが先ほど回想に入るまでのあらましであり、どう考えても物語であってもないような酷い偶然の重なりの末の破壊と逃走なのだが………

「嬢ちゃん、アンタ………中々に骨があるじゃねえか。気にいった………それに上玉だ。俺の彼女になんねぇか?」

この逃走中に助けを求めてもネジが数本ぶっ飛んでんじゃないのかと思うほどの解答しかしないこのコワモテ最後の生きのこりさんを誰か転ばせて人柱にしてあげてくださいよ誰か。
まぁその誰かっつーのは俺自身なんですがねぇ!
俺は走りながらコワモテの側の足を横に突き出してバランスを崩し、転ばせる。
そして慌てて自分の体勢を立て直してから、お約束の台詞を言って逃走する。

「あばよとっつぁん!お前の犠牲は多分忘れないかもしれない!」

自らの逃げ友の尊い犠牲の上に俺は………生き延びるんだ。
だなんてくだらないことを考えながら全力で足を動かして必死に距離を取るが………しかし後ろから聞こえてくる足音は遠くならないし、止まない。
むしろ段々大きくなっているような………
首を回して後ろを見た。
走ったままなので可動域が短く、それほどの情報は手に入らなかったが、1つ確かなことが分かった。

「由さぁぁぁん………」
「イヤァァァァァ!?なんかその感じだと由さんが由(三途)にされちゃう気がするんですが!?」

どうやら薫くん、メインの目的は俺だけのようです。
あ、それと余談だが今の由(三途)ってのは物理的にバラされて由さんs(多数形)にされるってことにもかけてあったりするんだが………まぁこの状況においては少しだけ現実から目を逸らし気分を多少良くする以上の効果はないな。

俺は僅かながら現実逃避して少しでも気分を良くしつつ、逃走を続けた。
………このまんまだといつまでも逃げる羽目になりそうだなこりゃ………

「TSしたら美少女だった件~百合ルートしか道はない~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く