話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

TSしたら美少女だった件~百合ルートしか道はない~

シフォン

「お前俺以上に訳わかんない奴だな」

HRの途中、覚悟を決めて教室に突入した俺はいきなり内側から倒れてきた見知らぬ性別不詳の生徒に思いっきりスカートの中を見られてしまった。
………と、いう件について今目の前で半泣きの状態で謝り続けている女っぽい男が居るのだが、どうすれば良いんだ?
時は昼休み、飯を食ってる最中だから逃げにくいし、まだ目立つようなことが何も起きていないから良いがこの状況で目立つ行動を取ったら俺が女子を泣かせたかのように見えてしまう。
あれだ、どうにも色々複雑で分かりにくいが、この状況はある程度俺のTS騒動を知っているクラスメイト以外の奴から見れば俺が女子生徒を泣かせているように見えてしまうのだ。
まったく、嘆かわしいっつーか不幸っつーか。
まぁ、俺からすれば嬉しくないことが起きているのは間違いがないわけだな。

だがしかし、いつもとは違ってこの状況はわりかし簡単に解決する方法がある。
俺がただ良い感じに許してしまえば良いのだ。
だってそうだろう?コイツはただ俺を女だと思っていて、ナチュラルかつダイナミックにスカートの中を覗いてしまった罪悪感で平謝りしているだけだ。
そう分かる理由のソースは俺。たしか小学生のころ階段から落ちて頭を打ち、気絶する一瞬前にうっかりスカートの中を見てしまった時があったと思うんだが、その時の罪悪感は故意ではなく事故だというのに半端じゃなかった。
ただ、そのあとその女子の方から『気にしてない』と言われてすごく安心してその罪悪感から解放されたんだよな………
まぁ、つまるところこの件は俺がコイツを許してやれば万事解決、俺は周囲からの『うわぁ………』的視線から解放され、コイツは俺への罪悪感から解放される。そんなwin-winかつ誰も損をしない解決法があるのだ。
そんな方法があるならやらない理由は無いよな?

「なぁ、転校生………名前なんだっけ?」

ひとまず俺は自然に気にしてないと伝えるために名前を聞くことにした。
大体こういうのは名前を聞くことから始めればその後の友情へとつながることもあり、さらに円満な解決へと繋げやすくなるのだ。
あと、こういうノーマルで普通の(二重表現)会話を挟んでやることで緊張とかの緩和にもなるしな。

「ひ、檜山薫ひやまかおるででです!」

………ただしコイツを除く。
どうやら名前を聞いたことがコイツを余計に緊張させてしまったようだ。
いやマジで?場を和ませるというかなんとか緊張を緩和しようとした結果余計に緊張するとかどんな状況だよ………
まぁいい、だったらさっさと要件を言って、その次になんてことのない会話を挟んでやろう。そうすればきっとコイツでも少しは和むはずだ。
いまだに若干腰が低すぎるというか、文字通り引け目を感じてるようにしか見えないというか………まぁなにか変な奴だがな。

「その、あれだ。HRの時の件、あれについては気にしてねぇからさっさと謝るのをやめてくれ、いややめろ檜山」

まずは最初に要件を伝え………そこから素早く切り返し、なんでもない普通の会話を挟み込む!
これは一見簡単なようでいて、実は難しい行為だ。
しかし、俺はやる、やってみせる。
このやたら腰の引け過ぎたクラスメイトと普通に話せるようになってやるのさ。

いや、正直なところコイツみたいなある程度マトモな………普通だなんて贅沢は言わないのでマトモな………新しいやつとは仲良くなりたいんだよな。だって今のところ新しいやつと言うと
・大徳寺ちゃん:ヤンデレ
・神:死すべき慈悲はない………みたいな。とりあえずクソ神。
・ステラ:悪いヤツじゃないが少しズレてる
だし、本当に常識のあるマトモな奴が少ないんだ。
だから檜山という最低限マトモな奴とは仲良くなっていたいわけであって………

「で、でも………」
「デモもストもあるかっての、そもそも俺男だぞ?元だが」

俺は気にしていないと伝えてもおずおずとした態度のままの檜山に少々イラつきながらそう言った。

しかし………俺はうっかり失念していたことがあった。
俺の言葉は、TS事件を知らない一般の奴からすればどう考えてもそっち系の手術をした人にしか見えない、ということに。

「え、えぇ!?」

だが、不幸にも俺はコイツがやたら驚いている理由に気付くことが出来ず………
ただ、『良い感じに緊張が解けてきたみたいだな』としか思えなかったのであった。

「TSしたら美少女だった件~百合ルートしか道はない~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く