話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

TSしたら美少女だった件~百合ルートしか道はない~

シフォン

「あれ?もしかして後輩ちゃんって警察より有能?」

「助けてくれ後輩ちゃーん」
『了解しましたー』
これが今朝、やはり男たちが来ていたので警察に掛けてみたは良いが何やら立て込んでいるようで中々到着しそうにないのでなんとなく後輩ちゃんにSOSを送ってみたときのやり取りである。
そして、その数分後に男たちが何故か去っていったのだが………なんだか今俺は一種の恐怖を感じていた。
後輩ちゃん怖いよ。なんだか俺の理解の及ばない何かがある気がして怖いよ。
さっき電話した後やたら楽しそうな声でなにかしていたのは、一体何をするためのものだったのか非常に気になるんだ。
ほら、だってなんだかさっき悲鳴がしたしさ。正直なところ後輩ちゃんがとんでもない手を使ったんじゃないかと心配なんだよね、俺はさ。
「せんぱーい、来ましたよー」
あぁもう!それになんだか後輩ちゃんの声に謎の迫力を感じてしまうんだ。
なんでだ?なんで俺は自分の彼女に恐怖を………そうだ神様のせいだ全部神様が悪いんだー(現実逃避)。

俺は自分で現実から目を背けつつ、家のドアを開ける。
するとそこにいたのは………
「なんで作業着姿なのさ」
どういうわけか作業着姿の後輩ちゃんであった。
え、なにこれどういうこと?そう困惑してしまってもおかしくないくらい完璧に、後輩ちゃんは作業着姿だった。
わけがわからないよ。多分そう言っても許される場面なんじゃないかと思うねこれは。
まず後輩ちゃんが来ている作業着は色落ちも激しいし、微妙に一部の金具が壊れたから付け替えたとでも言いたげなちぐはぐさを演出しているし………とにかく使い込まれている感じがある。
しかもなんだってかペンキの臭いがするし、本当に何があったんだ?
こりゃ説明してもらわないと分からないよ。
まぁちょっと前に説明しても訳が分からなすぎるという事件に遭遇したばっかりだけどさ、これはもうそういった問題とは別のレベルで訳が分からない。
何故なら俺の知っている後輩ちゃんはどう考えても土木工事やら何やらをやる子じゃないからだ!
………いや、でもこんな後輩ちゃんも頼れる感じが凄く可愛いんだけどね。なんというか主夫りたい。
毎日疲れて帰ってくる後輩ちゃんを迎えてイチャイチャしたいなぁ………結婚してk(ry
「いやー、先輩に呼ばれたから来たは良いですけど、ドアに穴は開いてるし悪い虫はたくさんいるしで………ちょっと頑張っちゃいました」
「ものすごく不穏な感じしかしないのって俺だけかな、ねぇ俺だけかな」
頑張ったって何を?もしかしてちょっとお掃除しちゃったの?人間をお掃除しちゃったの?
俺怖いよ。恐怖だよ。
あれかな、いわゆるヤンデレって奴かな。相手が後輩ちゃんなら俺としてはそれで十分と言うか素晴らしいとしか思えないんだけど、なんというか俺ってもう色々末期な気がしてきたよ。でも後輩ちゃんに尽くして身を亡ぼすのなら俺は本望………
ゲフンゲフン。まぁそれはともかくとして、後輩ちゃんは一体何をやったんだ?
「あ、先輩、説明が欲しそうな顔してますね先輩」
………ナチュラルに心を読まないでおくれ後輩ちゃん。ちょっと人に聞かれたら引かれるようなこと考えている時にそんなこと言われると微妙に俺の精神的HPが減っちゃうんだよ。
「でも、もうそろそろ出かけないと遅刻になっちゃいますし、歩きながらにしませんか?」
そしてこのタイミングで空気も読めてしまう後輩ちゃん、一体何者………!?

まぁそんなこと考えてるよりも何が起きたのか知りたいのならとりあえず早く出かけやがれって話なんだけどな。
つーわけで、いってきまーす。
何か忘れてる気がしなくもないけれど、いってきまーす。

「TSしたら美少女だった件~百合ルートしか道はない~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く