話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

TSしたら美少女だった件~百合ルートしか道はない~

シフォン

「どう見てもアウトです本当にありがとうございました!」

午後八時、家の前の男たちもようやく帰った時、亮太が帰ってきた。
どうやら昨日みたいな目に遭いたくないから少し逃げていたらしい。しかも面白半分で写真を撮ってたんだと。
うん、で、まぁ俺はこれまであの男たちが何をしているのか見たことがなかったが、写真と言う形とは言えど見る事が出来るのはありがたいものだと思ったんだ。
しかしね?現実を知ることは良いこととは限らなかったんだよ。いわゆる『知らぬが仏』ってやつ。
それで、そこにあったのは男たちの手によってとある作業が行われている写真。
………そう、俺が玄関で聞いていた、カツンカツンという謎の音の正体がこれなのだ………『ドアへの穴開け作業』である。
あえて何かしらのコメントをするのならこう言わせてもらおうじゃないか。
「どう見てもアウトです本当にありがとうございましたっ!」
「どうしたんだ兄貴急に叫んだりして」
ぬ、なんだ亮太、貴様文句があるのか。ただ俺は率直な感想を叫んでみただけだぞ。まぁ夜中に叫ぶのはちょっといただけないけどさ。
でもあれだぞ?ようやく確実かつ安全にあの男たちをムショやら院に送り込めることが出来るんだ。嬉しくて舞い上がってしまうのは仕方ないじゃないか。
これまで何度あいつらのせいで困ったか分からない俺についに救いの手が差し伸べられたんだからさ。
とりあえずありがとうk………間違えた、仏様。
ちなみに個人的に俺はあらゆる神に感謝したくないので、たとえこれが神によるせめてもの救済措置だったとしても絶対に仏様にしか感謝しねぇ。死んでも感謝してやんねーぜ神様。

そういうわけでとっとと通報しようぜ通報。お兄ちゃんもうこの時点でワクワクが抑えきれないよ。なんだかあまりの嬉しさにフィーバーしちゃいそうだよ。ヒャッホウ!
しかしテンションが上がって変な状態で110番を押そうとした俺に、ここでとある一つの関門が立ちふさがった。
「………おなかが限界です………」
………そういや忘れてたなステラ。
例の薬の効果を治した反動で腹が減ってるってのに、あいつらのせいで飯が食えてなかったんだよな………
仕方ない、ここは一度通報する前に飯を作って食うとしようじゃないか。
それにあれだ、最後の晩餐って言葉もあるし、家の前に押し掛けてくる男たちが飯を食うだけの時間を確保してやっても良いんじゃないかな、と思うんだよ。
俺は心が広いし、優しいからね。それくらいのサービスならしてやれるんだよ。相手は人間に限り、神は絶対に含まれることが未来永劫無いんだけれども。

まぁ、そういうことで飯を作っていくとしましょうかね。
今日の材料は近所の商店街にある肉屋のタイムセール品である鶏肉だ。
普通であれば近所のママさん方による強烈な特売戦争によって入手が困難な代物を、ちょっとしたコネと常連のよしみで予約させてもらっているというママさん方が聞けば『よこせこのガキがぁ!』とでも言いそうな(言いません)ものなのだ。
これを使って今日は消化のいいものを作ろうと思う。
いまだにあまり風邪をひかないからこういうものを作るのは慣れていないが、レシピを見ながらであればやれるはずだ。
なんたってレシピと言うものは知らない料理を作る人のためのガイドブックみたいな側面もあるんだからな、一応レシピ通りに作れば失敗することは無いはずなんだ。
いや、アニメやらなにやらでよくある天性のメシマズキャラみたいな奴だったら例外だろうがな。あれってどんな材料でも、料理でも失敗するからこそ天性のってついてるわけだし。
………まぁ、とりあえず料理を開始するとしますかね。
慣れない料理を作るんだから、時間は有効に使わないと。
俺は調理を開始した。

―――――――――――

………さて、今日は珍しく、面白いことが起きたからあとちょっとだけ語らせてもらうとしよう。
まぁあれだな、人生は麻縄のように幸不幸が連なっていると言うが本当だったんだなと思う。
なんと、今日は飯の完成と同時に警官さんが来てくれたのだ。しかも女性警官が。
嬉しいねぇ。先ほど何故か我が家の前に群がっていたと思われる警官じゃなくて別の人が来てくれるなんてさ。
で、その人がちょっと毎朝あの騒ぎが起きてることを話したら警察の方でパトロールの強化とかをしてくれるんだとさ。
ありがたやありがたや。女性警官は『これくらいしか出来なくてすみません』とか言ってたけど、それだけでもやってもらえる分ありがたいことだよ。
まぁあれだね、どういう場合には警察が動けるのかってのをある程度教えてもらえたからさ、明日からはそれを盾にすればいいってことだから………あー、明日からは安心して学校に行けるわー。
正直なところ大徳寺ちゃんがいるからあまり行きたいわけじゃないんだが、しかし後輩ちゃんに会えないのも辛いし………頑張って行ってみるとしますかね。

「TSしたら美少女だった件~百合ルートしか道はない~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く