話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

TSしたら美少女だった件~百合ルートしか道はない~

シフォン

「そこに深い意味はない、ただの現実逃避だ」

恐らくとうに学校も部活も終わっていると思われる時間のこと。
不意に思ったんだが、我が家の前に来ている男たちは何故無駄と分かっているのにこんなことをしているのだろうかと考えた。
どうせ俺はなんの反応もしないし、ただただ無視されるだけなのになんで来るのだろうか………
で、なんとなく手段と目的が逆転しているんじゃないかとも思うようになった。
だってそうだろ?俺は何もしないから、いわゆるネットの掲示板にありがちな荒らしと同じような状態にもならないだろうし………な。
だがやられる側としてはもう迷惑なんでやめてもらいたいね、最悪警察に頼ることも辞さない覚悟なんだぜ。
だからはよやめろや。さっきから近所をパトロールしている交番の警官のお兄さんと似たような声がすることについては不問にしてやるからはよ帰れ。
俺はとても、とても心が広いんだ。神以外には。だがそんな俺であっても起こるときは怒るんだぞ?だからよ、帰れコラ。
特に亮太が帰宅できないから材料が足りず飯を作れない事態は深刻なんだからな。他人が考えるよりも我が家の食糧事情は割と大変なんだよ。
「おなかすきました………」
それに今、体調を崩して(そもそも人間ではないから体調を崩しているのかも不明札が)いる奴が居るんだ。一般論としてあまり刺激したくないしな………
まぁその体調崩した奴は今隣で腹減ったとか言ってるんだが。
お前飲まず食わずで100年生きてられるとか言ってなかったっけ?なあ言ったよな。言ったと言えステラ。
とりあえず当てつけのようにその事実を追及してみる。
「そりゃ通常でしたらそうですけど……昨日はちょっと特殊な状態だったじゃないですか………あれ、普通なら効果が三週間くらい持続しちゃうんですよ………それを一日で直したんで、エネルギーが………」
え、マジで?あれってそんなにヤバい代物だったの?
うわぁ………マジで家の前にいる男たちを全員警察に通報してもらおうか。多分条例か何かでパクられるだろうし。
少なくとも、そんなヤバい薬を俺に掛けようとした奴が居ると分かったら今度からは迷惑を掛けるとしても武とかに頼んで護衛してもらわないといけないなぁ………

毎朝SAN値やらHPがガリガリ減少していくのは嫌だが、背に腹は代えられないしな。
ただ、武の方に借りを作るのはそれでもあまり気乗りしないし………今のうちに、催涙スプレーでも用意しておいた方がいいか。
あれはちょっと当たり方が悪いと大変なことになるが、少なくともあれば多少の威嚇効果はあるだろう。
本来ならどこぞの星の球を七つ集めると現れる龍に頼んで我が家を一種の安全地帯にでもしてもらいたいものだよ。
その方が安全………いや、それじゃ安全地帯から出てこれないな。
チクショウ神の奴め、厄介な世界にしてくれやがって………しかもこれだけじゃなく学校には大徳寺ちゃん、帰宅時は男たちに加えテニス部の面々も付くなんて、どうかしてるぜ。
………というか、俺の周りって後輩ちゃんと武と郁馬とステラ………と、亮太以外にマトモな奴いなくないか?
あぁ、なんだかそう気づくと微妙にイライラしてきたぞ。
無性に当たり散らしたいと言うか、ええいどうにでもなれ的な心理に繋がりかねない危険な感じにイライラする。

俺は、自分が相当イライラしていると思ったので意味もなく玄関に出てみた。
まぁあれだな、あえて危険なところに近付いてみたくなる人間の心理というかなんというか、とりあえず気分をリセットしたかったんだ。
もちろんこんな状況で玄関の方に移動しても気分が良くなるわけじゃないが、ただこのままだとイライラして何か変なことを口走る気がしたんだ。
ただの直感だがな。
虫の知らせとかそんなものもあるってことであえてやったんだ………が、もうこのままじゃマジで色々ヤバいことになる気がする。
ホラ今だって死神か何かがそーっとそーっと近付いてきているような音がしているし。カツンカツンってね。
………いや待て、この音は比喩でもなんでもなく本当にしてきているなこりゃ。
音がしてきている方向はドア、しかし音はあまり大きくはなく、ただただカツンカツンと変な音がし続けるばかり。
多分この場所に居なきゃ外の喧騒(ただし夜みたいな時間なので、多少周囲の住人に配慮したのかそこまで音が大きくない)で気付かないくらいの、そんな音。
何やってんだ?

なんか気になってきたので、覗き穴の方からこっそりとドアの前の様子を見てみることにした。
ちなみにこの家のドアは珍しいことに覗き穴が上下で二つあるから、それを使えば外の様子を知れるはず。
俺はドアの前に立ち、二つの覗き穴の内、上の方の穴から外の状況を見てみようとする。
………真っ黒だ。何も見えない。しかもスプレーでも吹き付けたみたいな感じの………どうしてこうなってんだ?
まぁ、とりあえず下の方なら見えるだろ。

そして下の覗き穴を見て………で、後悔した。
こっちの穴は何か火花のようなものが飛んできていて俺の目を眩ませてくれやがったんだ。
チクショウ、いつかはの仕返しをしてやる………
と、いうかなんで火花?
訳が分からないね。本当にさ。

「TSしたら美少女だった件~百合ルートしか道はない~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く