話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

TSしたら美少女だった件~百合ルートしか道はない~

シフォン

「調味料は必用な時に限って何故かないジレンマ」

特に深い意味はないのだが、個人的ジンクスとして弁当作りに失敗した日はあまり良くないことが起こる。ってのがあるんだ。
きっと弁当男子とか弁当女子なら分かるだろう?その気持ちは。
特に我が家の弁当なんて品数が少ないからそこで失敗すると全体的に失敗してしまうというかなんというか………ものすごく悲惨な状態になる。
卵焼きが焦げたり、中身が片寄ったり、原因は様々だ。しかしどんな理由であれ、我が家の弁当が失敗した日には大概大変なことが起こるわけなんだ。
ちなみに郁馬の奴が教えてくれたことなんだが、人は気分が良くない時は無自覚に物事をネガティブな方向で捉えるから良くないことが起きているように思うとのこと。

それならばきっと、亮太が出ていったあとに何故かやってきて何食わぬ顔で腐れ神様が飯を食っているという現実も、実は不幸ではなくてどうでも良い出来事か幸運な出来事だと言うのだろうか。
「そうですよー。そもそも神様に出会えて、ご飯を振舞えるような幸運な人間、そうはいませんもの」
「そうか、それならば神様に出会えたことに感謝してボディブローによる歓迎をしてもいいか?」
この腐れ神様め。良くいけしゃあしゃあとそんなことが言えたもんだよ。
自分を恨んでいる人間が目の前にいるのに堂々とそいつから飯を貰うとかマトモな奴ならやれない………あ、そうか。神様は人間じゃないから『奴』の括りに入らないのか。
まぁそれはともかくとして、このクソ神様をどうしてくれようか。
次の三つから選んでみよう。
1:とりあえずおかわりの時に七味をぶち込んであげる。
2:塩増量
3:塩と砂糖を間違えちった☆ミ作戦。
ざっくりと第一印象ならば一番が効果的だろう。なんてったって辛いと思っていないのに辛いものを食ったらダメージがデカいだろうし。
しかし塩増量ってのも地味に効く。うっかり入れ過ぎたとかいって300グラムほど入れれば致死量に達するしな。まぁ神様に聞くかどうかは謎だ。
でもなぁ……砂糖か。
卵焼きとかに入れてもダメージは小さいだろうが………いや、昨日の夕飯に作った鰆のムニエルにドカッとかけてやれば良いだろう。相当キツイぞこれは。
甘さとは関係のない食べ物に、大量の砂糖。つまりはかき氷にイチゴシロップ………と見せかけて七味唐辛子。みたいな。
うんこれいいな。最悪の組み合わせで砂糖。よしそれじゃあ食らうがいい!
………あ、今のは食べるという意味の食らうと受けるという意味の食らうをかけてみたんだ。上手いだろ?
俺は昨日のあまりの鰆を取り出し、バレないように少量の砂糖をかけようとする………が、まずいことに気付いた。
昨日の内に砂糖を買っておくのを忘れていて、今はコーヒー用のスティックシュガーしかないのである。
ヤバいよ、これ失敗どころじゃないよ。むしろ悲惨な事件だよ事案だよ。
なんでこの腐れ神様がいる日に限って必要なものがないんだよ俺のバカ!

クソ、なんて日だ。
使おうと思った時に限ってそれがないというのは激しいストレスを生み出してくれるよね、まったくさ。
まぁこれでもし亮太の奴がうっかり砂糖をカバンに入れていったとかだったら今日の晩飯は七割減にしてやるとしよう。
数ある恨みの中でも、逆恨みは一番怖いものだという事を教えてやろうじゃないか。

――――――――――

同時刻・学校にて

「おい亮太、お前カバンの中見てみろよ」
サッカー部の朝練中であった亮太の元に部活仲間の一人が話しかけた。
その手にはカバンを持っており、少し笑いを堪えているかのようなしぐさをしている。
一体何なんだ?という疑問の元、亮太がそのかばんを受け取るとそこには………
何故か袋の三温糖と上白糖が入っていたのであった。
「カバンが重いと思ったらこれだったのか………」
「気付けよバカ野郎!」

「TSしたら美少女だった件~百合ルートしか道はない~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く