話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

TSしたら美少女だった件~百合ルートしか道はない~

シフォン

「TSしてよかったと初めて思うよ」

体育終了後のこと。再び着替えタイムに入った俺は、何故か修羅場に陥っていた。
ハメられた………犯人は分からんが、何者かが俺を女子更衣室に投入し、ついでに制服を入れ替えてくれやがったのである。
俺のカバンに入っていたはずの男子用制服を、女子用制服に入れ替えられたのだ。しかもご丁寧に下着付きで。ふざけんなチクショウ。サイズがぴったりでやたらフィットしてるのがムカつく………まぁ、それについてはサイズの合わない服を着て嫌な思いをするよりは良いのかもな。と思って何とか我慢しよう。
しかしなぁ、俺の制服がないと思ったら女子更衣室とか、誰が仕掛けたのやら。
その上追加で嫌がらせなのか制服が女子のものに………どんな恨みがあるんだっての。いや、善意で誰かがやったって可能性もあるけどさ。
主に俺が元男であることを知らない誰かさんが、俺が男子制服を着ているのを見て制服が悲惨なことにでもなったのか?と思ったので自分の制服スペアを………あ、でもこれはありえないな。サイズがぴったりなのと下着については偶然で済ませられない。
だとしたら、俺がTSした時に突然出現した現在の俺のそっくりさん、のストーカー?が俺にくれたとかか?

なんだか考えるほどに遠のいていきそうなので考えるのをやめた。とりあえずこれ以上深く考えところで不毛なだけだろう………というか信実を知ったところで嫌な思いしかしないに違いない。
なんたって、この制服と下着のフィット感は明らかにストーカーとか、その辺の変態くらいにしか用意できなさそうだからな。
考えただけでも恐ろしい。特に俺の体のスリーサイズ(主にバストとヒップ)を測っても居ないのに的中させるとかちょっとどころじゃなく変態的だなぁ。
うぇー。なんだか気分が悪くなってきた。

------

ダメだ。なんか気分の悪さが取れないぞ。やっぱり俺の身近に変態が居ると思うと気分は最悪だにしかならんな。
………そんな状態のまま、放課後を迎えてしまった。
どうしたものか。こんな気分のままで部活とかあんまりよくないんじゃないか?というかあの部活はいつも通りでも疲れるってのにこんな異常状態で行ったら………あ、いやでもすでにTSという異常状態だからなぁ。変わらないよな、うん。

それに今日は後輩ちゃんに事情を説明するという大事な予定もあるんだ。行かない訳には、いかないよな。
そもそもが異常状態だったんだからこの程度の新たな異常恐れるに足らず!だ。
さぁ勇気を持って部室に入ろう。我らが部室に!
俺は数十歩ほど歩き、地味に良い立地にある部室のドアを開いた。

「どもー」
「き、君は新入部員かい!?ようこそ文ゲー部へ!そして君に惚れた、結婚を前提にお付き合いしてください!」
「おい流石に自分の部活の副部長の顔を忘れちゃダメだろう」

しかし、部室に入るなり現れたのは変態、もとい………部長である。
俺の所属する、文芸をノベルゲームから学び、そして書く部こと文ゲー部の、部長である。ちなみにこの部活は実のところ部長がやたら成績優秀なこと、およびこの部がなぜか結果を修めていることが理由で存続されているのである。

実は一時期だけ七不思議に認定されてしまうほど、不思議な立ち上がり方をしたのだがそれはまた別の話なわけで………とにかく、凄い変な部であるとだけ覚えてくれ。
それよりも大事なのは、この部長についてである。
なんと変な部の部長であるにも関わらず恐ろしく頭が良い………さっき言ったな、これ。
じゃあこれだ。ものすごい変態で、女好きで、一目惚れのクセがあるのだ。
例えば目の前に来ただけで惚れて、一分と経たずに結婚を前提とした交際を求めるのだ。顔は良いから、もっとのんびりやっていけば大丈夫そうなのに。
だがいきなり俺に求愛してくるとか頭おかしいだろ。いくらTSしてると言っても男に惚れるなよ………

「あ、今度の子は冗談も上手いんだね!ウチのバカをネタに使うとは中々………」
「なぁ、今すぐふざけるのをやめないとお前の趣味を全校に晒すぞ?………このロr」「まさか君、田中だと言うのかい!?」

あぁそうだっての………気付くのおせぇしそれを最初に言おうとしたのに邪魔したのはお前だろうが。という言葉を無理矢理制して俺は部長に聞いてみることにした。
ここに来た主目的を。正直文ゲー部員としての活動は二の次である。

「とりあえずどうでも良いことは置いといて、後輩ちゃん………雁奈は居るか?」
「………中々に文ゲー部員としてあるまじき言葉だね………居るよ?なんだか変なテンションだけどさ」

あぁそうか。ありがとう。
その意思を動きで伝え、俺は部長から離れて後輩ちゃんのところへ向かう。
………さぁ、説明タイムスタートだ。

「TSしたら美少女だった件~百合ルートしか道はない~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く