話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

TSしたら美少女だった件~百合ルートしか道はない~

シフォン

「TSした場合に着替える必要があるとものすごく困る」

突然の話で本当に悪いな。だが聞いてくれ。
俺は六時限目が体育ということなので俺は着替えようとしたんだがな?ある問題に直面してしまったんだ。
………着替える時って、俺どーすりゃいいの?
中身は男、見た目は女、その名も田中由………って名探偵風に言ってみても名探偵みたいな解答は出せない。
唯一の解答としてタイだかフィリピンにでもいけばそこら辺はどうにでもなるんだろうがってやつがあるにはあるが、ここは日本だしなぁ………
性別的にどっちに行けば良いのか分からない。
中身を基準にするのか、見た目を基準にするのか。そのどちらを選べばいいのか迷ってしまった俺は、やたら厳しいのでできれば関わりたくない人間ランキング第1位を延々と独走し続けている男………井上に相談することにした。
真に遺憾だが、背に腹は代えられないということさ。。

「せんせー、俺田中なんですけどー、これどうすりゃいいですかねー」
「どうした田な…………誰だ?」
「俺ですオレオレ、田中由です」

あ、ダメだ失敗した。ファーストコンタクトのタイミングでそう思った。こりゃ信じてもらえないパターンだなぁ。と。
残念ながら俺の辞書に井上の欄に、優しさ及び普通という言葉は存在していないのだ。
基本めんどくさくて相手にしたくないし話しかけたくはない相手、それが井上なのである。

「………田中だと?従姉妹とかじゃないよな?」
「えぇもちろん。中身は男、見た目は女、その名も田中由ですよ」
「名探偵みたいな自己紹介はいらん」

………驚いた。いくら井上でも、今のやつは理解できるんだな。こっそりと評価を1上げておこう。
別に、評価が1くらい上がったところでマイナスは脱せないんだけどな。
え?教師に対して酷いって?別にこいつに対してならばこれで良いのだよ。人気ランキングがあったら確実に最下位だろうなとか自分で言ってたことだしさ。
だからいいんだよ。本人公認だからね。

「………着替えるときは遅れても良いから時間をずらせよ」
「………へぁっ!?」

って、井上が珍しく紳士だし察しが良いだと?今日は天変地異でも起こるというのか?
怖いよ、何が起こるのか分からないよ。槍の雨や隕石が降ってくるどころか、世界が終わってもおかしくない。

「俺の察しが珍しく良いからって世界の終わりを想像するな!こっちが辛くなってくるから!」
しかも顔色で相手の考えていることが分かるだと!?

コイツは本当に井上なのか?怪しい………一体何者なんだ。

「本人かどうかすら疑われるようなやつが俺が本人かどうか疑ってもなぁ………」
しかも的確なツッコミ!?

誰なんだよコイツは!某波が平らな人と海が平らな人くらい違うぞ!
まさか、宇宙人未来人平行世界人のどれかか!?

「………とにかく、着替える時はどっちでも良いからタイミングはずらせよ。遅刻扱いにはしないから」

………まぁ、別に優しい分にはほとんど困らないから良いか。
俺はこのやたら察しが良かったりいつもより紳士的ではあったりツッコミが的確だったりして本人かどうかすら疑われる井上に礼を言うと、そそくさと去っていった。
………俺、このあとさっきの井上が実は影武者だった。とか言われても信じられるだろうなぁ。

------

「誰か居るか―?」
「なんだ………田中?着替えるにしては遅すぎないか?」

俺は井上に言われた通り多少遅めに更衣室に入室したのだが、どうやらまだ他が居たみたいだな。
声だけで判断は出来ないが、多分クラスメイトだろう。
しかしあっちはなんで……あぁ、男子更衣室に入って来る女子が居るとすれば俺くらいだろうから、分かるか。
TSって個人の特定にも使えそうで怖いな。

「井上に時間ずらすといいと言われた」
「あの井上が?………マジか信じられん」

クラスメイトは、俺の言ったことが信じられなさそうな顔で更衣室を出ていった。
恐らく井上に聞いてくるんだろうな。
これでそんなこと言ってないと井上が言ったらあれは影武者か何かってことになるけど、どうなんだろうな。
俺としても気になる所だ。
まぁとにかく、誰も居なくなった事だし着替えようか。更衣室に入った。

「「………………」」

郁馬がいた。居るなら返事ぐらいしろよ………とか思ったが、そういやこいつ声小さいから他の奴が居るとほぼ聞こえなくなるんだったな。
俺はスタスタと退場したが………実際に着替えられるのは、校庭に出たら開始ギリギリのタイミングで郁馬が出てきてからなので、ちょっと後のことになる。
恨むぞ郁馬。

………まぁペナルティはないから許してやる。知り合いのよしみだ、ありがたく思え(恩着せがましく)

「TSしたら美少女だった件~百合ルートしか道はない~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く