自称偽善者は電脳異世界に揺蕩う(旧:AFO ~(自称)偽善者のVRMMO(?)記~)

山田 武

偽善者と赤色の旅行 その10



 大人しくなった少年の姿に、大人たちは歪みに歪んだ哂い声を上げる。
 ことごとく自分たちのやることを邪魔してきたガキが、自分たちに屈して頭を下げている状況……それに優越感を感じていた。

「ったく、調子に乗ってるからそうなるんだよ。テメェみたいなガキが、いい気になって大人様に逆らうんじゃねぇよ!」

「ぐはっ!」

「こっちのガキたちだって、俺たちの正しい行動に黙って従ってんだ。コイツらのおにーちゃんであるお前も大人しく従えよ!」

「…………っ!」

 仲間たちを盾にされた少年は、その瞳に怒りを宿らせたまま攻撃を甘んじて受ける。
 体中が悲鳴を上げ、声を漏らしそうになることもあった。

 それでも苦しい仲間たちを思うと、必死に耐えようとどこからか力が湧いてくる。
 ──絶対にやり返す、と瞳に強い殺意を溜めこみながら。

「……チッ。なんだよコイツの反抗的な眼、気に食わねぇな」

「こいつ、まだ自分の立場が分かってねぇんじゃねぇの?」

「おっと、そいつはいけねぇな。こっちのガキたちはすぐに言うことを聞いたが、さすがにこの眼は腹が立つな……抉るか」

「ッ……!?」

 言っている意味が理解できなかった。
 なぜ、そのような考えに至るのか。
 どうして、そんなことを行えるのかが。

 少年の頭の中で、さまざまな怒りがふつふつと湧き始める。
 それは理不尽な大人たちであり、それを許す世界であり、弱い自分であり……さまざまなものへ怒りをぶつけていく。

 ──そんな思考の最中、右目に激しい痛みが発生する。

「ほーらほーら、痛いだろー? これでお前も、俺たちに従うんだよ」

「っ……!!」

「おいおい、ここでだんまりは無いだろ。優しい俺たちがせっかく左目を残してやったんだから、こっちを見ていい目をしてみろよ」

 右目が潰された。
 涙のように伝った血液が、左目からも見受けられる。
 激痛に叫びたかった……だが、それ以上に耐えねばならないという意志がそれを捻じ伏せ、怒りに変換していく。

「……ソイツらを、離して、ください」

「はっ、なんでだ?」

「…………俺はどうしたっていい。だから、ソイツらを……」

 たとえ目を潰されようと、少年は意志を決して曲げない。
 共に過ごしてきた仲間を救うためならば、どのような屈辱であろうと苦ではなかった。

 だが、世界はとても残酷で……少年の小さな意思を圧し潰そうとする。
 意志を意思へ、意思を遺志へ変えようとしていくその在り方は、理とも言うべきまでに常識となっていた。

「お前は殺す。それが、これまで俺たちの邪魔をしてきたお前への制裁だ。だが、ただ殺すだけじゃつまんねぇだろ? だから、いっしょにお友達も送ってやるよ」

「お、お前ら……」

「お前らじゃねぇ! ……まあいいか、お前の発言が一つウザかったら、これから一人ずつ殺していく。まずは……こいつだな」

「やめろ!」

 腰に下げた剣を引き抜き、子供の一人の首に向ける。
 少年は必死に叫ぶが、大人たちが体を拘束するためそこまで行けない。

「なんで、なんでだよ……なんでお前らは。そんなことができんだよ!」

「いいことを教えてやるよ、クソガキ。強い奴が、正義なんだ。テメェは弱ぇ、俺たちは強ぇ……だから俺たちはテメェらを好きにできるってわけだ。死ぬ前に賢くなれてよかったな、クソガキ」

 溜め込んだ怒りは噴火寸前だった。
 仲間を救おうとし、抗おうとしなかった結果が死であることを肯定できずにいる。

 ──ふざけるな、俺たちはただひっそりと生きようとしていたのに。

 犯罪に手を染めたわけでも、悪行に手を付けたわけでもない。

 ──どうして俺から家族を奪う、どうして強者が正義になる。

 ただ、力が足りなかった。
 いずれは力を得ただろう……だが、まだ時間が足りなかっただけだ。

「……そうか、弱いのが悪かったのか。俺が強ければ、アイツらを守れる」

「お、おい……何を言ってる」

 少年からふつふつと込み上げる怒り。
 真っ赤に燃え滾っていたそれは、少年の新たな感情に呼応してどす黒い力を齎す。
 動けぬ体をもぞもぞと動かすと、殺意に満ちた左目を向ける。

 そして、空虚な右目が映すのは、ここではないどこかだった。
 この世界すべてに無い瞳が怨嗟を籠め、その怒りを声に変えようとした──


「ごめんくださーい!」


 そのとき、どこからか声が聞こえた。
 少年の声ではない、だが若い男の声だ。

「あのー、誰か居ますよねー? 返事をしてくれませんかー?」

 外から聞こえるその声に、男たちは舌打ちして話し合う。

「どうする……殺すか?」

「このままだと勝手に入ってくるぞ」

「チッ。しゃあねぇな……俺が追っ払ってくるから、それまで待ってろよ。せっかくの楽しみだったんだからよ」

 少年を拘束していた一人が立ち上がり、入り口の方へ向かっていく。
 その様子を伺い、この状況を打破しようと少年が思考を凝らす。

「ぐあぁああああああああぁっ!」

 だが、その行為も再び中断される。
 突然入り口から出たはずの男が、扉を突き破って現れたからだ。

 ──それも、吹き飛ばされる形で。


「自称偽善者は電脳異世界に揺蕩う(旧:AFO ~(自称)偽善者のVRMMO(?)記~)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く