自称偽善者は電脳異世界に揺蕩う(旧:AFO ~(自称)偽善者のVRMMO(?)記~)

山田 武

偽善者と武具紹介



夢現空間 生産室


 レンからの念話が来たりmと忙しかった毎日が過ぎ去り、気付けばもう長い月日が経っ『――てないでしょう! 何度目ですか!』……もう、折角言おうと思っていたいつものセリフだったのにな? ギー」

『リー、構って欲しいならツッコミ以外でやりなよ』

『わ、ワタシは別に、そう言った理由で言ったワケじゃ……』

『はいはい、詳細は後で聞くから』

『(ガシッ)……え゛? ギー、ちょっと待って、まだメルスと一緒n』

『問答無用』


 リーはいつものように、ギーに連れ去られていった。
 遠くから俺に助けを乞う声が聞こえて来る気もするが、時には厳しさも与えないと。
 ……しっかし、本当に仲が良いよな~。

 ま、そんなこんなで、相も変わらず夢現空間でのんびりしているってワケだ。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


「――今日も暇だし、色々と作ってみたが……あんまり使える物がなかったな」


 創り上げた品を並べ、そう思った。
 とりあえず作っておいたら、眷属の誰かが有効的に使ってくれるのだし、生産って楽しいよな~。
 尽くしてる感が湧くわ~。


「使う予定は無いけど、作っちゃいましたシリーズ~」

《やんややんや~》

「司会は俺、メルスと――」

《擬似人格で、後1.2回使われれば完全な人格として成り立ちそうなドゥルで――》

「《――お送りします!!》ってそうなの!?」


 いきなりのカミングアウト、メルスさん知らなかったです。


《前回の戦闘時に、神氣を大量に入手できました。そのお蔭であと少しというところまで近付いております》

「……あの、俺知らないんだけど。いつの間に神氣を奪ってたの?」

《メルス様が加護を受ける神の中に、かなり上位の神がいますので……その神より格が下の神の神氣は、相手への攻撃が成功した場合徴収できるのです》

「まさかの新機能!!」


 そっかー、誰も教えてくれなかったよそんなこと……(グスン)。


《……早速生産した物を見せてください》

「まぁ、それもそうか。じゃあこれ!」


 ドゥルの衝撃事実は気にしないでおこう。
 とりあえず、今はアイテム紹介だ――


///////////////////////////////////////////

黄金の宝剣 製作者:メルス

異界武具:騎士剣

RANK:S  耐久値500/500

とある皇国の姫用の宝剣……の模造剣
霊能系の能力が伝導し易い

装備スキル
(霊力伝導・極)

///////////////////////////////////////////
///////////////////////////////////////////

白銀の皇剣 製作者:メルス

異界武具:騎士剣

RANK:S  耐久値500/500

とある皇国に伝わる皇家の剣……の模造剣
強大過ぎる力を持つ為、制御と攻撃が別々に行えるようになっている
〔命を籠めれば籠める程、力を発揮する〕

装備スキル
(全能力向上・命力)(魔力制御)(装備契約)

///////////////////////////////////////////


「腕輪を作ったら、剣も作りたくなるものだろう? 実際、鎧や籠手も作成済みだし」

《青騎士、好きですか?》

「あの人も頑張ってるしな~。普通の高校生がいつの間にか伝説の騎士! ……羨ましい限りだね~」

《色々と大変そうですが……》

「そうだな……って、ここで『趣味日本』の話をする訳にはいかないし、次に行くか」

《英語読みしてくださいね》


 折角誤魔化したのに……。


///////////////////////////////////////////

森羅万象の杖 製作者:メルス

魔具:杖

RANK:S  耐久値500/500

あらゆる自然現象を発生させる杖
自分が起こしたい現象を想像するだけで、自動的に現象が発生する

装備スキル
(火炎)(水氷)(風雷)(土岩)(時空)(回癒)……
(強弱)(付呪)(生死)(召喚)(契約)(生活)……
(無詠唱)(外部魔素自動吸引)【思考詠唱】
(擬似人格)(思念受信)【森羅万象】

///////////////////////////////////////////


「エンサイク□ペディアだな。分からない奴の為に説明すると、MP無しで魔法が使える杖だってことだな」

《結局忘れられませんね、侵略者達が》

「……よし、次行こう次」

《次は、別のにしましょうね》


 ……本当に、成長したな。


「俺にツッコミを入れるとは……やるな!」

《ツッコんでませんよ》

「分かったって……よし、これだ!」


///////////////////////////////////////////

格納の指輪 製作者:メルス

神器:指輪

RANK:神器  耐久値∞

指輪を束ね、纏めることができる指輪
入れた指輪のステータス補正を受けられなくなる代わりに、全ての装備スキルが使用可能
自我を持たない指輪のみ、格納可能

装備スキル
(破壊不可)(格納)

///////////////////////////////////////////


「どうだ……パクリだけど。他にもアクセサリーと防具用は作ったぞ。武具はギーがいるから必要ないし、ギーの方が大切だしな」

《そういうことは、本人に言いましょうね》

「無理、恥ずかしい!」

《ま、録音してありますし、盗聴されてますし、問題無いでしょう》

「……おい、今のどういうことだ」

《まぁまぁ、説明に入ってください》

「いや、盗聴されてるのは今更だから別に構わないんだけどさ……。簡単に言えば、元々重要視していなかったステータス補正を受けれなくなる代わりに、スキルチートの恩恵を肖ったワケだ。ステータスで微量な補正を受けるよりも、強力なスキルで補った方が早いしな」

《必要なくなるじゃないですか……私……》

「武具系の神器の入れ替えはドゥルにやって貰わなければいけないし、そろそろ受肉……するんだろう? 受肉したらお前に頼まなければいけない仕事も増えるし……な?」

《……グスンッ。分かりました》


◆   □   ◆   □   ◆


「さて、今回は俺、メルスと――」

《ドゥルで――》

「《お送りしました!!》」



「自称偽善者は電脳異世界に揺蕩う(旧:AFO ~(自称)偽善者のVRMMO(?)記~)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く