自称偽善者は電脳異世界に揺蕩う(旧:AFO ~(自称)偽善者のVRMMO(?)記~)

山田 武

偽善者と獣人因子



 あ、いつもどうも、メルスです。今日の私は、東のエリアに来ています。
 新しいスキルも手に入れましたし、一度相手のLvを下げて慣れてからまた次のLvと戦うのが、一番ですから……え? 監視? いやですね~、そんなの居ませんよ。今日は私一人で東のエリアに来たのですから。
 ……まぁ、そんなことは置いておきましょうよ。グーの解析で、リッカまでの機巧乙女達の因子が入手出来たらしいので今回はその一つを試す為、ここに来たのも理由の一つですね。
 え~っと、どれにしようかな~? ……よ~し、これに決めた!
 私はいつものように、スキルのオーダーをすることにした。


(――獣人カムイ因子10割注入!)


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

獣人カムイ因子 10割のオーダーを確認

種族スキル(咆哮)の使用を許可
→習得済みの(咆哮)に統合されます

種族スキル(獣化)の使用を許可

種族スキル(人化)の使用を許可

種族スキル(爪術)の使用を許可
→【武芸千般】に統合されます

種族スキル(神獣化)の使用を許可

因子を注入します――

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


 自分の体を触診してみると、頭と尻尾に熊のそれらが生えていた……うん、触り心地も最高だ。このままそれをやっているのも良いけど……今は、目の前の魔物を倒すことにしよう。私は今の体とスキルを試す為に、草原にいる魔物達に迫って行った。


今回の(適応)(アレンジ)の記憶(一部割愛)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

(冬眠)を習得しました

(耐寒)を習得しました

(共喰い)を習得しました
→【暴食】に統合されます

(聴覚強化)を習得しました
→【六感知覚】に統合されます

(蜂蜜探し)を習得しました

一定以上の経験量を確認

(耐寒)の復元に成功しました
→種族スキル(耐寒)は統合されます

種族スキル(神熊獣人)の作成を試みます

……成功しました

(人化)は(神熊獣人)に統合されます

(獣化)は(神熊獣人)に統合されます

(神獣化)は(神熊獣人)に統合されます

(冬眠)は(神熊獣人)に統合されます

(蜂蜜探し)は(神熊獣人)に統合されます


また、(神熊獣人)は種族スキル(獣人)に統合されます

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


 久しぶりにLvUPのアナウンスを聞いたので少し懐かしい気分になりました。
 色々と新しいスキルを試してみたのですが……(神獣化)が一番強かったですね。発動には(神氣)が必要なのですが、発動するとまず私は完全な熊になります。少しデフォルメされているので可愛いのですが、そこは置いておきましょう。熊になったら今度は、体から白いオーラのような物が出て来て、私を包み込みます。最終的には、純白に輝く熊になりました。
 ――それからは無双状態です。少し動こうとしただけで、○先生のような移動ができましたし、腕を振るえば目の前の景色が変わるなんてこともありました。正直に言って、酷使したくなるスキルではありませんでした。
 だって、そんな風に暴れ回っていたら、強い人達にバレるじゃないですか! ……ハァ、今日の狩りはもう終わりにして、返る・・ことにしましょう。
 私は発動していた{多重存在}を解除して、本体・・に戻りました。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


 目を開くと、{多重存在}を発動する前と同じような景色が広がっていた。そう、今回の狩りは本体では無く{多重存在}で行っていたのだ。
 昨日、料理の最中にも{多重存在}を発動し続けて異性のアバターも作成が可能になってので――今回、それを使って狩りに行ってみることにしたのだ。
 眷属達も仮の肉体なら……ということで、一人での狩りを許可してくれた(スーとの狩りで分かったが……今の俺より、恐らく――というか絶対眷属達の方が強い。このままではいけない。なんとしても強くならねば)。
 狩りに行っている最中、俺の言動がおかしくなっていたと思うが、あれは……なんとなくだな。特に理由は無いのだが、女性になったからには、それなりの立ち振る舞いが必要だと俺は考えた……大体、士織ちゃんを目指せば良いのかな?


 あ、そういえば(神獣化)以外のスキルの説明をまだしてなかったな。全部はしないが、他のスキルを少し紹介してみよう。


 (冬眠)は、熊獣人の生態から(アレンジ)が発動して入手した物だ。Lvが上昇すると、冬眠に必要な栄養量が減るというスキルらしい……俺に必要なのだろうか。

 (蜂蜜探し)も(アレンジ)での習得スキルだな。蜂蜜がある場所が分かるようになるらしいが、ここら一帯に蜂蜜は無いらしく、全く反応が無かった……こっちの世界の蜂蜜は、一体どんな味なのだろうか。

 【暴食】に統合された(共喰い)は、喰らった同族の分だけ捕食行動に補正が入るのだけなので、別に嚇者になる訳じゃないからな。


 他のはもう説明がいらないと思うし、明日もグーかリッカの因子を使ってみよう。
 俺はそんなことを考えながら、夕食へと向かって行った。



「自称偽善者は電脳異世界に揺蕩う(旧:AFO ~(自称)偽善者のVRMMO(?)記~)」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く