我が家の床下で築くハーレム王国

りょう

第123話偽物の関係と本物の気持ち

 もう見ないと思っていたあの時の夢

 けどそれは、今確実に俺の瞼の裏に映った。あの時、あの瞬間に起きた事のまだ知らないもう一つの物語の欠片が……。


 その日、俺は知っての通り儀式を壊してしまい、あの儀式場を崩落させてしまうという事故を起こしてしまった。
 その事故には柚姉、ハナティア、雪音、俺の四人と、柚姉の結婚相手になる人が巻き込まれた。

「痛いよぉ、お父さん、お母さん」

 でもその中で、俺は一つの声を聞いた。知っている三人でもなく、相手の人でもなく、まだ幼かった女の子の声。
 今思えばどうして考えなかったのだろうか。

 柚姉が誰と結婚しようとしていたのか

 そして俺達のような異物がもう一人いた可能性を

 それは偶然に過ぎない可能性だってあるし、間違っている方の可能性が高い。

 でももし、それが……

「あ、翔平! よかった……」

 そこまで考えたところで、俺の意識は覚醒した。ボヤけた視界に映るのは、部屋に閉じこもったはずのハナティアの姿があった。

「ハナティア……。どうして」

「翔平が倒れたって聞いたから、部屋に閉じこもってられなかったの! もう、心配させて」

「心配させたのはどっちの方だよ……」

 寝起きのせいで言葉に力が入らないが、俺は少しだけ強めに言った。狂い出したきっかけは勿論キャロルにある。
 けどそれで元気をなくして、心配させたのはハナティアだ。辛い気持ちも分かるし、俺は先ほど彼女を元気にさせようとしていた。

「心配させていたのは……謝るよ。私だって、何日もしょげていたら駄目だって分かっていた。でもね翔平」

「でも?」

「キャロルと一緒にいた時間を思い出すたびに、胸が苦しくて辛いの。あんな形で裏切られたのに、私まだあの子を信じたいって気持ちが強いの」

 ハナティアは陳謝すると共に、そう言葉を繋げる。

「私達の友情は、この位じゃ崩れないって信じてる。ずっとキャロルは私の親友だって、信じたい」

 それは彼女の強い決意なのだろう。一度もハナティアは目をそらさずに真っ直ぐに俺を見つめていた。だから俺はあえて彼女の話を黙って聞く。

「間違っているって言われてもいい。たとえキャロルが敵国の王女でもいい。でも私は胸を張って言える。あの子は間違いなく私の親友だって」

 言葉だけの親友なら、偽物に思える。けどそこに揺るぎない本当の気持ちが乗った時らそれは本当の形になる。
 ハナティアはきっとそれを分かっているからら、もう一度立ち直れたのかもしれない。

「翔平、私間違っているかな」

「いや、間違ってないよ。お前がそう思える気持ちがあるなら、何一つ間違っていない」

「ありがとう。翔平だけでもそう言ってくれるなら嬉しい……」

「あ、おい!」

 俺の言葉を聞いて安堵したのか、その場で倒れてしまう。俺はフラフラな体で彼女を支える。

「ごめん、ずっと無理してたから……」

「無理ばかりしてたら、元気な子供も産めなくなるぞ?」

「……うん、分かってる。だけど少しだけ眠らせて……」

 その言葉と共にハナティアは目を閉じる。かなりの寝不足だったのか、彼女はそれから丸一日眠っていた。
 一度倒れた俺も、サクヤの勧めでハナティアと同じようにもう一日休みを取ることにした。

(親友……か)

 布団で仰向けで天井を見ながら、ハナティアのさっきの言葉を思い出す。今回の件はハナティアにとってかなりの精神の負担になったに違いない。
 でも彼女は、自分が信じる気持ちを貫いて、キャロルを信じる事にした。本当の『親友』がそこにある事を信じて。

(俺にとって雪音と正志は、言わなくても親友だよな)

 もしその親友という言葉が、偽物だったりとかしたらどうなっていたのか。

 俺は疑心暗鬼になって、ハナティアのように立ち直る事は出来なかったかもしれない。

 はたまた、ハナティアと同じように貫いていたかもしれない。

 その答えは分からないけど、俺には彼女のように貫けるものが果たしてあるのだろうか。例えば、どんな事があっても家族を守れる強い信念が……。

  ︎ ︎ ︎ ︎ ︎ ︎
 十一月に入って間もなく一週間が経つ。あれ以降すっかりハナティアは元気を取り戻し、いつも通りの日常を俺達は過ごしていた。
 その中で大きく変化したのが、

「翔平、手伝ってほしい」

「今日もやるのか? 分かった」

 フウカだった。
 あれから彼女は俺に積極的に協力を求めてきて、俺もその手助けをしている。勿論ハナティアもそれに協力してくれて、三人で色々な情報をトリナディアの書庫などから入手している。

 ただその中で、どうしても俺の中で引っかかるものがあった。先日見たあの夢の事だ。

「なあハナティア、こんな事を聞くのもアレなんだけどさ」

「なに?」

「柚姉の結婚相手って、トリナディアに住んでいる人じゃなかったんだよな」

「この国には女性しかいないから、そうなるけど。それがどうしたの?」

「ちょっとあの時の事故の事で引っかかる事があってさ」

 俺は夢の事をハナティアに説明する。ただそれはあくまで仮説に過ぎないので、フウカには聞こえない声で話した。

「確かにそれはあり得なくもない話だけど、もしそうだとしたら、その時に生きてたフウカって」

「うん、自然とそういう結論に至るんだ」

 俺が立てた仮説は、フウカが既に死人であるという仮説だった。

「我が家の床下で築くハーレム王国」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー264911

    粗筋を読んだ時点での感想というか意見ですが、しかし少女は何故か全裸だった、は文章としておかしいと感じました。少女が現れる、から繋げるならしかも少女は~と繋いだ方が自然になるのではないでしょうか。

    0
コメントを書く