我が家の床下で築くハーレム王国

りょう

第122話振り上げたこの手

 結婚式から二日後、ついに十一月になり今年も残り僅かとなった。

「ほらハナティア、昼ご飯食べに行くぞ」

「うん……」

 そんな中ハナティアは、キャロルの事をずっと引きずっていて元気がなかった。俺は何とか彼女の元気を取り戻そうと考えたが、どれもことごとく失敗して、結局あの時のまま時間だけが過ぎていった。

「はぁ……」

 昼食を食べ終わった後、ハナティアは自分の部屋にこもってしまったので、俺は一人になってしまった。こんな時も声をかけるべきなのは俺なのだが、今の彼女にどう言葉をかければいいか分からない。

「翔平、元気ない」

 そんな様子の俺に、声をかけてきたのは珍しくフウカだった。ここしばらく彼女と会話をしなかったせいか、彼女の存在が久しぶりに感じてしまう(結婚式にはいたけど)。

「フウカか。ちょっと俺達に色々あってな」

「そう。サクヤも皆、心配してる」

「心配させてしまっているのは分かっているよ。でもそれは、フウカ、お前もじゃないのか?」

 俺の質問にフウカは何も答えない。九月の半ば頃、彼女が何かを探して城の外を出歩いているという話を聞いた。
 それが失われている記憶を取り戻すためなのかと聞いたところ、彼女は記憶を取り戻さなくていいと答え、そのまま俺を突き放した。

「サクヤに聞いたぞ。あれからもずっと何処かに行っているんだろ?」

「関係ない」

「そう言うから皆心配しているんだってば」

「……別に勝手に心配すればいい。私は私で動くから」

「だからそれが矛盾しているんだって、どうして分からないんだよ!」

 イライラした俺は、思わずフウカに強く当たってしまう。それでもフウカは何一つ反応を見せなかった。

「分からなくてもいい。私は私だから」

「そんなに勝手なことばかり言うくせに、どうしてお前はこの場所にいるんだ。助けて欲しいならそう一言言ってくれよ!」

 その冷めた反応に俺はさらに自分をコントロール出来なくなる。ハナティアの事、キャロルの事、トリナディアとセレスティアナの事。
 沢山の事を一度に考えすぎた俺は、もはや自分が何をしたくて、誰を助けたいのか分からなくなっていた。どれも自分の手で何か出来そうなのに、出来そうにない。それがどうしても俺を苛立たせて、

「助けはいらない。出て行って欲しいなら出て行く」

「いい加減にしないと」

『私を……殺すの?』

 あの時のキャロルの言葉が思い浮かぶ。俺はあの時何をしたかった。説得ができないなら、それ以外に何ができた?
 今のこの状況みたいに俺は……。

「翔平様、やめてください!」

 俺の事をサクヤが止めに入る。そして俺はようやく自覚した。俺は今フウカに対して、この手を……。

「うっ……うっ……。えっぐ」

「え?」

 そして俺は我に返って気がつく。さっきまで冷酷な態度をとっていたフウカが、今俺の目の前で泣いている事を。

「翔平様、それだけは駄目ですよ。いくら何でも小さい子に手を挙げるのは」

 サクヤの言葉に俺は困惑を隠せない。振り上げられた己の右手は、力なく垂れ下がる。そしてそのまま俺は、その場にへたり込んでしまった。

「何をやっているんだ俺は……」

「翔平様?」

「悪かったフウカ、許してくれ!」

 俺はフウカに対して頭を下げた。俺がやろうとした事は、明らかに超えてはいけない一線。
 歯止めがかかったとはいえど、一つ間違えれば俺は確実に何かを失っていた。

「いい……。私も……翔平達を……もっと頼りたい……から」

「何かあったのか?」

「私……一人で調べてるうちに……怖くなった。取り戻したくないと思っていても、勝手に記憶が蘇るのが……」

「やっぱり何か思い出しているのか?」

「まだ……全部を取り戻してない。でも私、翔平達にずっと嘘ついていた。心配してくれているのに、記憶を取り戻したくないとか言って……」

「最初からそう思ってたなら、素直に言ってくれよ」

 そうすればいくらでも協力できたのにと思ってしまう。でも俺自身も彼女を避けていた所があった。

「でも……翔平が記憶を取り戻したのを見て……怖くなった」

 それがフウカが俺の記憶の事を知っていた事。この前も同じ事を言っていたから、気にしていたけど何故彼女は俺の事を知っているのか、それが不思議だった。

「何でフウカは俺が記憶を失っていた事を知っていたんだ? 俺が記憶を取り戻したのは、フウカと出会う前だったぞ」

「知ってるの、私」

「え?」

「分からないけど知ってるの、翔平の事を」

 フウカはまるで困惑したかのように言う。ただ俺の記憶の中では、彼女の存在がない。それだというのに何故彼女が俺の事を知っているのか。
 もしかしたら、そこに彼女の記憶喪失と何かしらの原因があるのかもしれない。

「やっぱりフウカの事は、俺達も協力するべきだな。サクヤ、少しだけ頼まれてくれないか」

「私は構いませんが、翔平様は?」

「フウカの事も大切だけど、それより先にハナティアを立ち直らせないと」

「大丈夫ですか? 翔平様お一人で」

「多分俺にしかできない。俺達はもう夫婦なんだから」

「そうですね。……お願いします」

 怒りをフウカに向けてしまっては、フウカの事も何もできない。だからまずは、ハナティアを……。

「じゃあちょっとハナティアの部屋に……」

 と動き出そうとした時、俺の体は突然として動けなくなった。まるで人形になったように体から力が抜けて、その場に座り込んでしまう。

「翔平様?」

「翔平?」

 二人の呼びかけにも答えられない。そして同時に俺の頭を急激に頭痛が襲い、耐えられなくなった俺はそのまま地面に倒れてしまった。

(な、何だよこれ……頭が割れて……)

 そのまま俺の意識は、気付かないうちに失っていった。
 だが意識を失っただけでは終わりじゃなかった。次に俺を待っていたのは……。

(これは……あの時の……)

 久しぶりに蘇ったあの時の記憶だった。

「我が家の床下で築くハーレム王国」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く