我が家の床下で築くハーレム王国

りょう

第118話物語の始まりの場所

 結婚式は城の外でのお披露目と、城内の大広間で行われる披露宴の二つに分かれていて、まず午前中に国民へのお披露目も含めた式が行われる。
 という事で、本来なら朝はあんなりゆっくりしている場合ではなかったのだが、それもまあ良しとしよう。

「良くないですよ! クレナティア様が向かった時点で、本来なら遅刻なんですからね!」

「わ、悪かったって。昨夜は寝れなくて」

「何てはしたない!」

「何で?!」

 実は起きた時点でもう寝坊確定だった事は、この際伏せておこう。

「もう、お二人は最後の最後まで人騒がせなんですから」

 そんなだらしない俺達にサクヤはため息を吐く。今日この日を迎えるまでに彼女には大変お世話になったのは確かだ。

「でも、ようやくこの時を迎えられて私は幸せです、お二人共」

「ありがとう、サクヤ」

「ありがとう」

 だから今日は素直にお礼を言う。

「も、もう、そんな事を言われても、ゆ、許しませんからね!」

 少し涙声になりながらそっぽを向くサクヤ。彼女にとってハナティアは、もしかしたら本当の子供のような存在だったのかもしれない。
 その娘が今こうして結婚式を迎えるのだから、涙ぐましくなるのも当たり前だ。

(逆にハナティアにとっても、サクヤはやっぱり……)

「さあハナティア様、ウェディングドレスに急いで着替えますよ。翔平様もちゃんと着替えてきてくださいね」

「あ、ああ」

 そんな事を考えている内に俺はサクヤに追い出され、ハナティアとは一時の別れを迎える。

(次に会う時はドレス姿か……)

 あのウェディングドレスを着た姿はまだ見てないので、期待に胸が膨らむ。
 だがそんな期待が膨らむ中で、俺は予想できなかった再会を果たす事になった。

「へ、平ちゃん」

 それは着替え部屋に入る直前の事。久しぶりに聞いたその声と、俺への呼び名。俺はそれに反応しながらも、背後を振り返らなかった。

「親友の祝い事なんだから、ちゃんと祝えよ、キャロル」

「え、でも私……」

「正直俺もハナティアも沢山聞きたいことはある。だけど、今お前がこの場所に立っていられるって事は、どういう事か分かるよな?」

「あ……」

「じゃあ盛大に盛り上げてくれよ、結婚式!」

 俺は一度も振り返らずに着替え部屋の中に入った。
 どういう経緯で彼女が今日この場所にこられたかは分からない。だけど今この場所に彼女が入れたという事は、まだハナティアは彼女を拒んでいないという事。

(親友だから、当たり前だよな)

 九月の旅行の時、ハナティアはどうするべきか悩んでいた。あれ以来キャロルの事は一度も触れてこなかったけれど、ハナティアはその事でもかなり悩んでいたのは確かだ。
 そしてその結論が今にある。

「ハナちゃん……ありがとう……」

 最後にドア越しでそんな声が聞こえた気がした。

  ︎ ︎ ︎ ︎ ︎ ︎
「……」

「何か言いなさいよ、翔平」

「……」

「ちょっと翔平?!」

「あ、わ、悪い。あまりにも綺麗だから」

 お互いに着替えも終わり、いよいよ式直前。俺の着替えよりもかなり遅れて登場したハナティアは、今まで見てきたどんな彼女よりも、綺麗で、美しくて、つい言葉を失ってしまった。

「もう、それ以外に感想はないの?」

「あるんだけど、ありすぎて言葉が出てこない」

「全くもう……」

 ハナティアに呆れられてしまうが、それでもいい。その位に彼女は、今までの中で一番美しかった。

「というか緊張してないのか? もうすぐ始まるんだぞ結婚式」

「緊張するに決まっているでしょ。こんな経験一度もした事がないんだから」

「まあそうだよな。なら」

 俺はそっと彼女の手を握る。ハナティアの手は僅かに震えていたが、それでも俺の手をしっかりと握ってくれていた。

「翔平」

「ん?」

「私ここまで頑張ってきてよかった。ちゃんとした未来を翔平と歩む事が出来てよかった」

「俺もだよ。でもまだこれからだろ?」

「うん、まだこれから。まだ私達に残された事は沢山あるけど、これはまずその一歩だよね」

「そうだな」


 俺がそう返事したほぼ同じタイミングで、外から歓声が聞こえた。そしてこの日の為に用意したという祝福の鐘が鳴り響く。

「さて、行こうか翔平」

「行こうハナティア」

 そして俺達の新たな道への扉が開かれる。眩しい光が差し込むと共に、沢山の歓声が湧いた。

「あれ?」

「え?」

 でも開かれた先で待っていたのは、見慣れたいつものトリナディアではなかった。いや、トリナディアではあるはずなんだけれど、そこには空があった。
 ないはずの空が。

「驚きましたか?」

 呆気を取られている俺達にサクヤが声をかけてくる。

「サクヤ、これはどういう」

「折角の結婚式なのですから、盛大にやらないと、と思いまして、少しの間だけですが繋げたんですよ地上と」

「でもそれはもう出来ないはずじゃ」

「だから、特別だって言ったじゃないですか」

 そう片目を瞑りながら言うサクヤ。いや、特別だからっていくら何でもやり過ぎな気がする。よく見るとトリナディアに住んでいた人達もいるし、大丈夫かこれ。

(てかよくそんな場所用意できたな)

 若干狭いけど祝い事をするのには丁度いい場所だ。何故か隣に家が建っているけど……。

(ん? 家? てか、ここ庭か?)

 俺は気づいてしまった。この場所がどこなのか。

 ここは、

「なあサクヤ。俺気づいたんだけど」

 とても見覚えがある場所で、

「今更ですか? 翔平様ならもっと早くに気づくと思ったのですが」

 大学時代にお世話になった場所で、

「え? あれ、ここってまさか……」

 彼女と出会いを果たした場所。

 そして、

「ここ俺の家じゃん!」

 この物語の全ての始まりの場所だった。

「我が家の床下で築くハーレム王国」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く