我が家の床下で築くハーレム王国

りょう

第92話布団とパジャマと初仕事 前編

 正志達と別れた後、何をしたかはハッキリ覚えていない。色々疲れてしまってそのままベッドで寝てしまったのか、それとも何かしたのかハッキリとは覚えていない。
 ただ一つ言える事は……。

(この光景も、何というかすっかり慣れたような、そうでないような……)

 今目の前でハナティアが寝息を立てて寝ているという事。もういつものような光景な気もするけど、今日からはもういつもの日ではない。

(正志達は今頃大学に行っているんだよな……)

 時計を見ると既に昼の時間を回っている。いつも通りならもう遅刻している時間だ。

(寝すぎには注意しないとな)

 あれはゆっくりと体を起こす。するとそれに反応してかハナティアの声が隣から聞こえてきた。

「んっ……翔平……? もう起きたの……?」

「起きたのか、ハナティア」

 まだ眠たそうな目をしながらこちらを見てくるハナティア。

「……眠い」

「もうすぐ昼になるぞ」

「サクヤに後で起こしてもらうから……翔平は先に起きてて……」

 彼女はそう言うと再び目を閉じてしまった。このままだと夕方まで寝てしまいかねないので、俺はハナティアを起こす。

「初日からそんなんでどうするんだよ、お前は。今日から本格的に始まるんだろ」

「分かっているけど……眠いのぉ」

「我儘言うな」

 抵抗するハナティアから無理やり布団を剥がす。

<a href="//10676.mitemin.net/i216368/" target="_blank"><img src="//10676.mitemin.net/userpageimage/viewimagebig/icode/i216368/" alt="挿絵(By みてみん)" border="0"></a> 

 するとそこには何とも無防備なハナティアの姿があった。パジャマが肩からはだけている事もあったか、見えてはいけないものが見えそうな限界ギリギリのラインの姿。

「あ、あのハナティアさん。その姿は色々と見えそうなんですけど」

「翔平なら構わないよ……? それより寒い」

「それはそんな格好してたら寒いだろ」

 はだけていた部分を隠すようにしっかりとパジャマを着せてやる。男の自分としては少し勿体無い気がしなくもないけど、これ以上この格好でいられても目のやり場に困るのでそこは我慢するしかない。

「ってそんな事より、もう昼なんだからサクヤのところに行くぞ」

「ぐぅ……」

「寝るなー!」

 結局ハナティアがちゃんと起きたのは、それから一時間後だった。

(この調子で大丈夫なのか、これ)

 ■□■□■□
「もう二人してたるんでどうするんですか!」

「いや、ハナティアがなかなか起きなくてさ」

「翔平が無理やり起こすから」

「お二人とも反省してください!」

「「はい……」」

 何とかハナティアを起こさせてサクヤの元へと行くと、案の定説教されてしまった。俺はほとんど悪くないと言うのに、どうして初日からこんな間に合わなければならないのだろうか。

「正志様と雪音様と別れたのが昨日の今日の出来事ですから、元気がない気持ちも理解できますが、いつまでもぐうたらしているのは許しませんよ」

「悪かったって。明日からは寝坊しないように気をつけるからさ」

「頑張ってね翔平」

「ハナティア様も、ですからね」

「分かったわよ、もう……」

 どこか不満げな顔を見せるハナティア。俺の知らないところでのハナティアは普段からこんな調子だったりしたのだろうか。

「さて、時間が大分押してしまいましたがお二人には早速仕事をしてもらおうかと思います」

「仕事? いつものような事じゃなくてか?」

「いつもしている事も仕事の一環ではありますが、翔平様にはこれからトリナディアの王になってもらうのですから、それなりの作法やその他色々な事を身につけてもらわなければなりません」

「作法か、確かにそれは必要だな」

「その為にはまずハナティア様と一緒に、この国に住んでいる人達一人一人に挨拶に向かってもらいます」

「え?」

 今なんて言いましたか? サクヤさん。

「それ私も付き添わないと駄目なの? あれって色々大変じゃない」

「国民の信頼を得るにはまず顔を覚えてもらう事からです。翔平様は何度もこの国を訪れていますから多少の認識はあるとは思いますが、今度はこの国の王として改めて挨拶しなければなりません」

「それは、まあ確かに大切かもな」

「ちょっと翔平、本気で言っているの? 知らないから言えるのかもしれないけど、トリナディアは……」

「さあ翔平様、頑張ってきてください」

 こうして俺のトリナディア国王としての初めての仕事が幕開けしたのであった。

 ■□■□■□
「なあハナティア」

「文句があるなら、まず私の話を聞かなかった事を謝りなさい」

「本当にすいませんでした!」

 それから二時間後。ようやくおれは三分の一の民家の挨拶回りを終えた。何故三分の一だけでハナティアに早速謝ることになったのかと言うと、

 一世帯の家族の人数が多い。しかもそのほぼ全員が女性。

 というどうして家族が成り立っているのかすら分からない家が多いからだった。

(女性が多いという話は聞いていたけど、まさかここまでなんて……)

 ここに来て半年近く経って初めて知った事実だった。

「これは色々な意味で疲れそうだな」

「だから私言ったでしょ? 浮気はしないでって」

「俺そんな人間に見えるか?」

「うん見える」

「そこは頼むから否定してくれよ」

 まだまだ俺の初仕事は続く。

「我が家の床下で築くハーレム王国」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く