我が家の床下で築くハーレム王国

りょう

第91話goodbye see you again

 気が付けば残された時間も残り僅かになっていた。皆残された時間は思い思いに過ごし、俺も雪音や正志に二人きりで話をしたりなど、とにかく残された時間を大切にした。

「翔平様、もうそろそろです」

「そろそろって、あとどの位で閉じるつもりだ?」

「三十分くらいでしょうか」

「もうすぐじゃん!」

 時計を見れば、もう夕方の時間ではなく夜の時間。確か夕方には閉じるって言っていたけど、何でだろう。

「これでも少しだけ時間を延ばしたんですよ? 本当なら今日から行わなければならない事もあったんですから」

「それは……悪い事したな」

 どうやらサクヤの気遣いだったらしい。

「三十分か。じゃあ俺達はそろそろ戻るか雪音」

「そうですね。話す事も沢山お話しできましたし」

「お前ら何でそんなにあっさり」

 もっと駄々をこねるとは思っていたので、想定外の反応に少しだけ驚く。そんな俺に対して、正志はこう返してきた。

「お前がさっさと覚悟を決めろとか言うから、俺達はお前が思っているよりも早くに覚悟を決めていたんだよ。だからこうやってパーティも行った」

「さっさととは言ってないけどな」

「どちらにしても私達はもう覚悟も決断もできています。だからその、あまりしんみりしたのは苦手なんです」

 若干涙声になりながらも雪音は言う。

(二人共……)

 その後二人は荷物をまとめ、トリナディア城の外へと俺とハナティアと一緒にやって来た。

「ねえ翔平、私はここで待っているかちゃんと最後まで送って行ってあげなよ」

「ハナティアは付いてこなくていいのか?」

「話したい事は沢山話した。それにもう会えないわけじゃないでしょ?」

「そう……だな」

「ハナティアちゃんとは、じゃあここでお別れか」

「うん、元気でね二人共」

「ハナティア!」

 雪音がハナティアに抱きつく。

「もう、雪音ってば……」

 しばらく二人は会話を交わさず抱き合ったあとに、離れる。

「何かあったら私達を呼んでくださいね。ハナティアの力になりますから」

「ありがとう。いつか頼る時が来るかもしれないけど、その時はよろしくね」

「はい!」

 しばらくの別れを済ませた二人は、ハナティアに背を向けて歩き出す。俺はそれについて行き、しばらく歩いた後に二人は改めて振り返りハナティアに向けて手を振った。

「じゃあなハナティアちゃん」

「必ずまたお会いしましょう」

「元気でね二人共! また会いに行くから」

 こうして二人はハナティアに別れを告げ、トリナディアを後にする。

「翔平、絶対に幸せにしてやれよハナティアちゃんを」

「なにかあったら容赦しませんからね」

 そして俺と二人の別れへの時間も刻一刻と近づいていく。

 ■□■□■□
 俺が普段使っているトリナディアへと行く道が完全になくなるという事で、俺が二人を見送りに行ける場所も二つを繋ぐ道の入口までだった。

「俺もここまでかな、見送れるのは」

「そうか。じゃあな翔平」

「また会いましょう」

「待て待て待て」

 何のためらいもなくトリナディアから出て行こうとする二人を俺は慌てて引き止める。

「何だよ急に寂しくなったのか?」

「いやいや、あっさりしすぎだろ! しばらく会えないのに、また明日会うみたいな別れ方してさ」

「アホかお前は。長く一緒にいたら、別れづらくなるだろう」

「そう……ですよ……翔平君の馬鹿!」

 既に堪えきれなかったのか雪音が泣き始めてしまう。無理に我慢していたのは分かっていたが、そんな事を言われてしまうと俺までもが辛くなってきてしまう。

「そうか。じゃあさっさと行っていいよ」

「お前って本当手のひら返すよな。まあ言われなくても行くけど」

「翔平君の馬鹿、絶対……絶対また会いに来てくださいよ」

「分かってる。だから泣くなよ……雪音」

 ギリギリのところで涙をこらえ、俺は二人に背を向ける。

「俺が背を向けている内に行くんだ二人共。そうすればまだ辛くないと思うから」

「翔平君、お元気で!」

「じゃあな、翔平! お前の分まで大学楽しむからな」

「余計なお節介だよ、馬鹿!」

 と言って後ろを振り向いた時には、もう二人の姿はそこにはなかった。本当にあっさりとした別れだったけど、一生の別れをしたわけではない。俺はいつか必ず……必ずまたあの場所へと戻ってくる。今度はハナティアと子供を連れて、必ず。

「必ず……また会いに行くから……」

 だから今だけはせめて一人で泣かしてくれ……。

 ■□■□■□
「サクヤ……もう閉じたの?」

「たった今閉じました。正志様と雪音様の姿も無くなったのを確認しましたから」

「そう……」

 二人の見送りを翔平に任せ、しばらく何もせずに立っているとサクヤが隣にやって来て私にそう告げた。

「ハナティア様」

「何よ」

「私の胸、貸しましょうか?」

「……馬鹿!」

 堪えてきたものを全て解き放つかのように私はサクヤの胸に飛びつく。そして声をあげて私は泣いた。

「よく頑張りましたね」

「うわぁぁ」

 一生会えないわけではない。でも二人としばらく別れるのはすごく辛かった。辛いから……とにかく泣いた。大切な親友との別れに、私は泣いた。

「また会えますから、絶対に」

「分かっている、分かっているけど」

 こうして私は地上と親友二人と別れを告げ、明日からトリナディア王国の発展への新たな一歩を踏み出す。

 大切な彼と一緒に。

「我が家の床下で築くハーレム王国」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く