我が家の床下で築くハーレム王国

りょう

第63話男のロマンス

 お風呂を上がった後は、俺が持ってきたボードゲームで日が暮れるまで遊び尽くした。途中何度もハナティアが実物大で遊びたいとは言っていたが、それは正志と雪音によって全力で阻止された。
 そして夕飯も食べ終え、すっかり夜に。

「じゃあ俺は帰ろうかな」

「あ、私も帰ります。翔平君はどうしますか?」

「俺はお盆の予定とかないし、しばらくはトリナディアに泊まろうかなと思っているよ。どうせ家に帰る予定もないし」

「本当? いいの? 翔平」

「どうせハナティアも夏休み退屈してるんだろ? だったら暇つぶしくらいには付き合ってやるよ」

「ありがとう」

「見ない間に熱々になられましたな、お二人」

「そうですね。今後ももっといい夫婦になるのではないでしょうか」

 俺達の裏で変なヒソヒソ話をする正志と雪音。

「さ、サラッと夫婦とか言うなよ二人とも。確かに子供はできたけどさ」

「生まれた時は是非私たちに紹介してくださいね」

「それは当たり前に決まっているだろ。あ、そうだ正志」

「どうかしたか?」

「今日はサンキューな。お前のおかげで、俺が何をするべきなのか分かってきた気がする」

「それならよかったよ。じゃあ雪音、行くか」

「はい」

「家の外まで送ってくよ」

 ハナティアに一言残して、俺も一度正志達とともに家に戻る。果たしてこの先こんな事があと何回あるか分からない。
 もうあと一ヶ月ちょっとの間で2人が何回トリナディアへやって来るれるか。その回数が多いか少ないかそれも分からない。

「じゃっ、またな翔平。久しぶりに楽しかったよ」

「お盆明けたらまたお会いしましょう」

「ああ、またな二人とも。また連絡する」

 正志と雪音は家を出て行く。残された俺は、そこはかとなく寂しさを感じていた。

(本当にあと何回なんだ、この日常風景が続くのも)

 この事を二人に話してしまった以上、もう時間が少ない事を自覚しなければならない。夏休みとはいえど、俺達は小学生ではない。それぞれにそれぞれの時間があり、毎日のように会うなんてことはもう出来ないのだ。

「あ、おかえり翔平」

「ただいま」

「どうしたの? 元気がないじゃない」

「ちょっとな」

 そんな事を考えている間にトリナディアへ帰ってきた俺は、ハナティアの前でため息を吐いてしまう。

「雪音から聞いたんだけど、翔平全部話したの?」

「昨日の夜にな。早めに話しておいて、二人にはじっくり考える時間をあげようかなって」

「雪音はともかく、正志は衝撃的だったんじゃない?」

「恐らくな。今日も何もなかったように遊んでいたけど、内心ではずっと不安だったと思う」

「誰だってそうよね。翔平もそうだったんでしょ?」

「まあな」

 部屋にでも行くのか、ハナティアは歩き出す。俺は彼女の後をついていく。

「ねえ翔平」

 その途中でハナティアが足を止めて、こんな事を言ってきた。

「どうした」

「今からら二人でお風呂に入らない?」

 それは何の前触れもなく、突然のハナティアからの誘いだった。

 ■□■□■□
(どうしてこうなった)

 五分後、俺はハナティアと一緒に女湯の脱衣所にいた。

「なあハナティア、これ完全にアウトだろ」

「何がアウトなの? 前の温泉旅行の時一緒にお風呂に入ったのに」

「あれはそういうお風呂なんだよ。それを普段から行ったらそれは完全に犯罪者だ」

「そうかな」

「サクヤが聞いたら怒るぞ絶対」

 と俺はそんな事言いながらも、服を脱ぎ終わっていた。いや、抵抗がないわけじゃないんだぞ。ただ俺は、水着に続いて一人でその彼女の裸を堪能するのが……。

「って、アウトー!」

「何一人で叫んでるの?」

「な、何でもない。それより着替え終わったか」

「うん。もうこっち向いていいよ」

 ハナティアが着替えている間、背中を向けていた俺は振り返る。そこにいたのは、七月の温泉の時よりも輝いて見えるハナティアの姿が(恐らく目の錯覚)。タオルを巻いているのが残念だが、その、胸がなくても十分彼女は可愛い。

「な、何ジロジロ見ているのよ! 恥ずかしいじゃない」

「何を今更言っているんだお前は」

 恥ずかしいなら普通、男と二人で温泉に入るなんて言いださない。これがまだトリナディアだから許し通せたかもしれないけど、地上に出たら完全にアウトです、はい。

「私もこれが普通ではない事は理解しているの。でも私、出来るだけ翔平と一緒にいたい」

「どうしたんだよ急にしおらしくなって」

「私だってたまにはそんな風になる日もあるの」

「そっか」

 それは俺も一緒だった。正志や雪音のことで不安になり始めていた俺は、誰かにこの気持ちを話したかった。そしてその気持ちを安心して打ち明けられるのは、今隣にいる人物。

「入るのはいいけど、本当にたまにだからな」

「ありがとう翔平」

 俺とハナティアは風呂に足を踏み入れる。

「あ」

「え?」

「ハナティア様に……翔平も様?!」

 だがそのお風呂には先客がいましたとさ。

「さ、サクヤこれはだな」

「お二人とも、お風呂から出たら説教ですからね」
  
「風呂は入っていいのか?」 

「駄目です」

「いや、だってハナティアが不安だから……」

「問答無用!」

「すいません……」

 結局俺の夢は儚く散る事になったのであった。

「次このような事したらお風呂に入るの禁止にしますからね」

「そこまで?!」

「我が家の床下で築くハーレム王国」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く