我が家の床下で築くハーレム王国

りょう

第46話水着の下の下心

 キャロルに対して不思議な予感はしながらも、それはあくまで気のせいだと信じ、俺はハナティアも呼んで三人で夕食を食べる事に。ちなみに料理を作ったのは俺である。

「すごく美味しい。平ちゃんって男の子なのに料理できるんだね」

「一人暮らしだから、普段から料理をする事が多いんだよ。最近もっと料理のレパートリーを増やしたりしているんだけどな」

「あ、それってハナちゃんが料理苦手だから?」

「実際は食べた事がないから分からないけど、そう思ってる」

「流石平ちゃん、分かってらっしゃる」

「二人ともさっきから失礼じゃない!?」

 騒ぎながら夕食に舌鼓する。

「わ、私だって料理の一つや二つくらい」

「ちなみに言うけど、たまに家に来て食べてるカップラーメンとかは料理にカウントされないからな」

「え!?」

「いや、そこは驚いてどうする」

 三人で楽しく食事をしている中、俺はある事を思い出した。

「そういえば今日から俺も夏休みだし、今度どこかに出かけないか? この前言っていたプールにでもさ」

「それは私も一緒にいいの?」

「たまには大人数でもいいかなと思ってさ。ほら、キャロルも行ったことないだろ? プールとか」

「初めて聞いた。その言葉私」

「まあそもそもトリナディアにそういう娯楽施設がなかったからな」

 以前ハナティアにも話した時に似たような反応をしていたので、キャロルも同じ反応をするのではないかと思っていたが、どうやら間違っていなかったようだ。
 思い返してみればトリナディアは地下の国故に、そういった施設はない。それは恐らく人が多くないから、その需要がないからだと思っている。

(建てるスペースもないだろうし)

「だから2人も気になるだろ? プールがどういうものなのか」

「うん。翔平に言われてずっと私も気になってたから、楽しみにしている」

「私も勿論気になる。平ちゃん、期待してもいいんだよね?」

「勿論。だがその前に買わなきゃいけないものがあるから、明日出かけるぞ二人とも」

「買いたい物? そんなに重要なものなの?」

「ああ、プールに一番必要なものだからな」

 夏とプールと言えば、必要になってくるものはたった一つ。俺は二人を誘ったのは、一度でも見たいからだ。

「明日買いに行くぞ。二人の水着」

「「水着?」」


 ■□■□■□
 翌日、俺はハナティアとキャロルを連れて少し遠くのデパートへ。この季節なら、どこかしらへ行けば水着なんていくらでも見かけるだろうと踏んだ俺は、早速デパート内にある服屋の水着コーナーへ。

「ちょっ、ちょっと翔平。これが水着なの?」

「ああ」

「わ、私こんなの着れるのかな」

 ちなみに初めて水着を見たであろう二人は、その露出度の多さに驚きを隠せないでいる。まあ、スク水ではない限り大体は露出が多いしな。男なんて短パン一丁みたいなものだし。

「いくら何でも露出が多すぎて、恥ずかしいよ」

「最初全裸で人の家に来たお前には言われたくないな」

「それいつまで引っ張るの?!」

「ハナちゃん、まだ露出癖治ってないの?」

「ま、まだって何よ? その言い方だとまるで昔からみたいじゃない」

「私間違ったこと言ってないよ?」

 どうやら露出癖はキャロルが昔から知っているくらいの頻度だったらしい。まあ、最近は見てないけど今更露出を気にするのもいかがかと思う。

「まあハナティアが本当に露出するのが嫌なら、こんなのもあるけどどうだ?」

 俺はフリルの付いた一着のワンピース型の水着を彼女に渡す。彼女の普段着もワンピースとかが多いので、そういうのが似合うのではないかと思った。

「嘘、これ水着なの?」

「ああ。お前普段ワンピースとか着ること多いし、こういうのも似合うんじゃないか」

「もしかしていつも私の服とか見てくれてたの?」

「まあ、ほぼ一緒にいれば分かるよ」

 というかそういうの無しで、単純にこれを着たハナティアを想像したら、可愛いなと思ったからだけど、それは本人には黙っておこう。

「平ちゃんに下心が見える」

「なっ、馬鹿、そんなんじゃねえよ!」

 下心は丸見えだった。

「それに柄とかもお前の名前みたいに花の柄があるし、この向日葵なんて今の季節に合ってないか?」

「あ、うん。これ可愛い」

「ハナちゃん、それすごく似合ってるね。それで私はどういうのがいいかな平ちゃん」

「うーん、キャロルは……」

 辺りを見回す。そして目に入ったものを手に取った。

「これとかどうだ」

「あ、うん。これ可愛いし私これにする」

「いや、え、ちょ」

 半分冗談で手に取ったのだが、どうやらキャロルはそれが気に入ったらしい。俺が手に取ったのは赤のビキニなのだが、キャロルはよほどそれが気に入ったらしく、購入決定。

(いきなりビキニとか、結構挑戦者だな……)

 気に入った以上、俺が口出せないけど、少しだけ後悔している。


 その後一時間近く水着選びに時間を使い、キャロルは赤のビキニ、ハナティアは悩みに悩んだ結果俺が最初に取ったフリル付きのワンピースの水着。この二着は俺の奢りということで、プールに行くための大前提はこれで完了した。

「本当にいいの? 翔平結構お金ないんじゃないの?」

「気にするな。言い出しっぺは俺なんだし」

 まさかこの為に少しだけ貯金していたとは言えない。

「ありがとう、平ちゃん」

「私もありがとう、翔平」

 でも笑顔でこんなこと言われて、更に水着も拝めるならお釣りが返ってくるレベルだ。
 買い物を終えた俺達はデパート内のフードコートで昼食を食べる。

「うん、おいしい」

「私こういうの食べてみたかったんだ」

 と言いながらハナティアとキャロルが食べているのは冷やし中華。夏の定番とも言えるものに舌鼓をしながら、俺は二人にちょっとした質問をする。

「あのさ、ここであまり話することじゃないかもしれないけどさ」

「ん? どうしたの翔平」

「二人は地上の生活と地下の生活、どっちが楽しい?」

 それは素朴な疑問だが、いつかは聞いてみたかった事。特にハナティアはこの四ヶ月で地上で多くのものに触れてきた。だからこそ俺は投げかけてみたかったんだ、この質問を。

(俺はまだ地上の暮らしではあるけど……二人はどうなんだろ)

 あまり悪い印象とか与えていなきゃいいんだけど。

「我が家の床下で築くハーレム王国」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く