我が家の床下で築くハーレム王国

りょう

第35話温泉トーク 男子編

 夕食を取る前に正志達が早速温泉に入らないかと誘ってきたので、皆で温泉を堪能する事に。

「それで正志、お前は雪音と二人きりだけどどうなんだ?」

「な、何だよいきなり」

「いや、お前があんな事を言い出すから何か意味があるのかなって」

「ば、馬鹿言え。そんな事ある訳ないだろ」

「人に散々言っておいて、相変わらず駄目だなお前は」

「お前だけには言われたくないわ!」

 男二人でゆっくり話すなんて事が滅多にないので、こういう時にしか聞けない事を聞いてみる。しかもタイミングよく今は他のお客さんもいない。

(何を考えてこうしたのかは分かるが……)


「そういうお前だって、何もしてないんだろ?」
  
「残念だけど俺は、今夜ハナティアと二人で出かける」

「んなっ! 先駆けかよ」

「お前がケジメをつけろとか言うからだろ」

「いや、まあそうだけどさ」

 正志はそういう恋話にめっぽう弱い所がある。そのくせ人の背中を押してくれたりするから、不思議なやつだ。

「俺も……別に何もしてないって訳じゃないんだけどさ……」

「分かってるよ。高校の時から」

「なっ! 知ってたのかよ」

「しょっちゅう一緒にいれば分かるよ」

「だったら、もっと気づくべき事があるだろ……」

「なんか言ったか?」

「別に何でもねえよ」

 これは高校生の時から知っていた話なのだが、正志は雪音の事が好きらしい。それも結構最初の頃から。
 今日までに文化祭や修学旅行といった、告白には相応しいイベントはあったのだが、それをものの見事に逃してきてしまっている。

「なあ翔平」

「何だ」

「もしこの先、その、俺が雪音とそういう関係になったら、お前はどうするんだ」

「どうするも何も、今まで通りとまではいかなくなるから、俺も節度をわきまえるよ」

「でもそうなると、お前大学でぼっちになるぞ」

「ぼっち言うなよ。まあ、でも大学じゃなくてもいつかは、俺達は三人でいるって事もなくなるんだろうな」

「ハナティアちゃんの事か?」

「それもある。けどそれ以上に俺達は……いや、何でもない」

「何だよ勿体ぶって」

 俺と雪音は同じ歳で正志だけが年下だなんて聞かされたら、多分今までのような関係にはいかない気がする。

『では私が、翔平くんの事が昔から好きだと言ったらどうしますか?』

 この前の雪音の言葉が頭をちらつかせる。もしあの言葉が真だとしたら、正志はこの後どうなる。いや、真だとは限らないけど、それでも……。

「やっぱりお前変わったよな翔平。ハナティアちゃんと出会ってから」

「そうか? 俺は何一つ変わってないと思うけど」

「何か大人っぽくなったというかさ。やっぱり恋は人を変えるんだな」

「べ、別に恋なんてしてねえよ」

「だったら夜に彼女を誘ったんだ?」

「それは……」

 ハッキリとまでは分からない。でも俺は確実に何かを彼女に伝えようとしている。それは一体なんなのかは分からない。けどもし、この感情の正体を言葉で表すなら……。

「自分の気持ちをハッキリさせたいからかな」

「ようやく自覚したのか? 自分の気持ちを」

「それは……まだ分からない。けど俺は、きっとそうしたいんだと思う。だから誘ったんだ」

 恋、と呼ぶかもしれない。

「そっか。なら頑張れよ」

「ああ。正志もな」

 今夜何かが動き出す。再会から三ヶ月経ったこの日、今までとは違う何かが確実に動き出そうとしていた。

「って、やば。そろそろ夕飯の時間だよな」

「げっ、翔平が余計な事ばかり聞いてくるから悪いんだよ」

「俺のせいかよ!」

 ◼︎◻︎◼︎◻︎◼︎◻︎
 夕食を終えてしばらくして……。

「ハナティア、そろそろ二人で散歩に出かけないか?」

「あ、うん。準備するね」

 俺は約束通りハナティアと一緒に散歩へ出かける事にした。ハナティアはこの宿の浴衣を着ていて、すごく似合っている。というか、可愛い……かもしれない。

「うわぁ、綺麗な星」

「明日も晴れそうだな」

 夜道を歩きながらハナティアが声を漏らす。今日は朝から天気に恵まれていて、夜空には幾多の星空が散りばめられている。こういうの都会では見れないよな絶対。

「まさか翔平から誘ってくるなんて思わなかったけど、どうしたの?」

「いや、何か二人きりで話したいなって思ってさ。それの方が正志にもいいかなって思って」

「正志君に?」

「あ、こっちの話。それより、俺さハナティアに話があるんだ」

「私に話?」

<a href="//10676.mitemin.net/i171795/" target="_blank"><img src="//10676.mitemin.net/userpageimage/viewimagebig/icode/i171795/" alt="挿絵(By みてみん)" border="0"></a>

 足を止めてこちらを振り向くハナティア。俺は思わずドキッとしてしまう。というより、さっきからドキドキが止まらない。

(そっか、やっぱり俺……)

 ずっと気づかないようにしていたこの気持ち。だけどようやくハッキリした。

 俺はずっとハナティアが好きだったんだ。

「あ、あのさハナティア」

「何?」

「今さらこんな事言うのもアレなんだけど、俺これからもハナティアの隣にいてもいいかな」

 ドキドキしながらも出た精一杯の言葉。好きとは恥ずかしくて言えなかったけど、この方が良いかなっと思う。

「え? え? それって翔平、どういう意味なの。も、勿論これからもいてもいいけど、それってつまり……」

「何か凄く今更言葉になるかもしれないけど、この三カ月一緒に暮らしている間に分かったんだ。俺はハナティアが好きなんだって。昔の記憶がたとえなくても、俺は今のお前が好きなんだ。だからこれから生まれる子供の為にも、これからも一緒にいてほしい」

「翔平……」

 迷う必要はなかった。あれからずっと考え続けて、自分のこれからの事についてやっと答えを見つける事ができた。ハナティアがここまで一人で頑張ってきたなら、これからは俺がそれを支え続ければいい。
 それが最初から決まっていた運命だとしても、そんなの関係ない。俺は純粋にハナティアが好きになったんだ。

「それでハナティアの答えも聞かせてほしいんだけど」

「そんな事言われたら……」

 再び俺に背を向けるハナティア。それは恥ずかしさからなのか、それとも別の感情からなのか分からない。

「オッケーに決まっているでしょ、馬鹿。ずっと、ずっと待っていたんだから……」

「我が家の床下で築くハーレム王国」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く