我が家の床下で築くハーレム王国

りょう

第8話最悪の始まり

 そして迎えたゴールデンウィーク当日。俺は約束通りトリナディアにやって来ていた。

「それでこんな大切な大型連休に呼び出して、何をやらせるつもりなんだ」

 まだ目的を聞かされていなかった俺は、ハナティアに尋ねる。すると彼女から返ってきた答えは、

「そんなの決まっているじゃない。旅行よ旅行」

「旅行?」

 あまりに普通の回答に、思わず聞き返してしまう。あの言い方だと何かやばい事をやらされるのかと思っていたけど、どうやらそれは俺の思い違いらしい。

「何だよそれなら先に言ってくれよ。準備したのに」

「準備は必要ないわよ。必要だったらあらかじめ言うし」

「必要ないって、どこに行くんだよ」

「どこも何も……」

 一時間後、俺はある入口に立っていた。

「えっとハナティアさん、ここは?」

「ナルディアから一時間くらい進んだ所にある場所よ。ここにた翔平と一度来ておきたくて」

「なんかそんな事言われると、嬉しいけどさ。ここって……」

 俺達がやって来たのは、決して旅行には似つかないような暗い洞窟。人が通りそうな道でもないし、ましてやこの洞窟トリナディアからかなり離れてもいる。こんなところに来る理由としては、

(旅行というより洞窟探検か?)

「実はここである事を調べたいの。その為に翔平の協力が必要だから」

「ある事って? というかそもそも、そういうのって旅行とは言えないんですけど。あとゴールデンウィークにわざわざやる事なのか?」

「ゴールデンウィークだからこそできる事なのよ。こういうのも一種の旅みたいなものでしょ」

「旅というよりは、どちらかというと探検だけどな」

 探検もゴールデンウィークらしいといえばらしいけど、旅行とはまた少しだけ違う気もしなくもない。

「それに迷って一日帰れなかったら困るでしょ?」

「迷う可能性もあるのかよ」

 薄暗いとはいえ、一見普通の洞窟だし迷子になる事はない、と思いたい。

「でもこんな洞窟に何かあるのか?」

「勿論。この奥では調査してよかったって思えるものがあるはずだから」

「今、はずって言ったよな? ない可能性もあるって事だろ。何でよりよって、ゴールデンウィークをこんな事に……」

「ねえ翔平、お願い」

 断ろうとしようとした俺に、ハナティアはウルウル目でこちらをら見つめてくる。

(うっ……、これは)

 こんな事をされたら、普通に断りにくい。ゴールデンウィーク初日だから勿論時間はあるし、旅行だって別日に行く。だからこういう経験も悪くはない。

(決してハナティアが可愛いとかそういうのではなくて……)

 こんな頼まれ方したら、誰でもこうなる。そう断言しておこう。

「分かったよ。でも向かう前に目的を先に教えてくれはいか?」

「ありがとう翔平! 目的については移動しながらでいい?」

「それで構わないよ」

「じゃあ出発!」

 ウキウキしながらハナティアは先に歩き出す。そんな彼女の背中を見ながら、俺は考える。そんなに楽しみなものがこの奥にあるのかと。もちろんハナティアはそれが楽しみではあるのだろうけど、俺は少しだけ不安だった。

(まあ、それは行ってみないと分からないか)

「おいおい、置いて行くなよ俺を」

 こうして俺の奇妙なゴールデンウィークは幕を開けるのであった。

 ◼︎◻︎◼︎◻︎◼︎◻︎
「秘境?」

「そう。かなり前からこの洞窟の先には、神秘の秘境があるって言われていて、それを見たものは生涯幸せになれるとか言われているの」

 道中、ハナティアが今回の目的を話してくれた。ちなみにあれから三十分くらいは既に歩いている。

「それをこれから調べに行くという事か?」

「うん。まだ誰も発見した事がないから、是非とも姫の手で探してほしいって、ある所から依頼されたの」

「誰も発見した事がないのに、よく頼めるなその人」

 でも秘境と言われたら少しだけ興味が湧いてきた。あくまで噂なのかもしれないけど、もしそんな物が発見できたら、きっと綺麗なんだろうな。

(それに幸せになれるって……)

 何か縁起がいい場所でもあるのかもしれない。

「ちなみにハナティアは、思い当たる節はあるのか?」

「一応本で少し調べてみたんだけど、やっぱり噂に過ぎないみたい。でも少し引っかかる事があるの」  

「引っかかる事?」

「この地図の、印が付いている場所見て」

 そう言いながらハナティアに地図を渡される。言われた通りに印が付いている所を見たが、そこに地形どころか何もない。

「そこ洞窟があるはずの場所なの」

「え? 何もないけど」

「だから引っかかるって言ったでしょ? 実はこの洞窟、地図上にはないの」

「単に間違いとかじゃなくて?」

「それもない。ここで合ってるの」

 ここの地形をまだ全て把握しきれていない俺は、本当に地図通りの道なのかは分からないが、彼女がそう言うのならその通りなのかもしれない。

(地図にない洞窟って事か)

 確かにそれは調べてみる価値はある。それにその中にある秘境というのはもしかしたら、俺が考えている以上に素晴らしいものなのかもしれない。

「じゃあこの洞窟は……」

 一体何なのかと聞こうとした瞬間、突然洞窟が大きく揺れ始めた。

「何、地震?」

 ハナティアが揺れに気づく。地震にしてはかなり大きい。避難しようにもここは洞窟の中かつ、一方通行。天井が崩れかねない。

「ハナティア、一回外に出るぞ」

 彼女の手を取ろうとする。しかし先程の揺れでハナティアの頭上の天井が崩れだす。

「危ない、ハナティア!」

「え?」

 危険と感じた俺は、咄嗟に彼女に飛びつく。
 何とか寸前のところでハナティアを救出することに成功したが、彼女が正面を歩いていたため、帰る道が瓦礫で塞がれてしまった。

「翔平……? あの、その、もう大丈夫なんだけど」

 ハナティアの声でハッと気づく。咄嗟の判断で彼女を助けたため、ハナティアを押し倒したみたいな形になってしまった。

「え、あ、わ、わるい。助けないと、と思ったら身体が動いていて……。別にそんな気は」

「ううん、ありがとう助けてくれて」

「れ、礼を言われるようなことはしてないよ」

 色々と動揺した俺は、すぐに彼女から離れる。まさかこんな事になるとは思っていなかったけど、一瞬だけドキッとしてしまった自分がいる。

(何やっているんだ俺)

「どうしたの?」

「えっと、と、とりあえず怪我はないか?」

「うん。翔平が咄嗟に助けてくれたから」

「そ、そうか。なら良かった」

 ハナティアの安全も確認できたところで、俺は改めて後ろを振り返る。そこは瓦礫の山となっていて、到底人の手ではどうにかできそうにないものだった。

「これは参ったな……」

「道、塞がっちゃったね」

「なあ、ここに来るまでずっと一本道だったよな?」

「うん」

「俺達もしかしたら洞窟から出られなくなったかもしれないぞ」

 俺のゴールデンウィークは始まるどころから終わりを迎えようとしている。しかもそれは閉じ込められるという最悪な形で。

「まさかあんな大きな揺れが起きるなんて、どうしちゃったんだろ」

「揺れが大きいのは地下だからってのもあるけど、もしかしたら地上でも大きな揺れが起きているかもな」

 何はともあれ、余震にも警戒しなければならないようだ。

「とりあえず進むか」

 戻れなくなってしまった以上進む以外の選択肢がないので、このまま先へ進むことにする。

「うん……痛っ!」

 数歩歩き出したところでハナティアがうずくまる。

「ハナティア?」

「ごめん翔平、多分さっきの地震で私怪我したかも」

 ◼︎◻︎◼︎◻︎◼︎◻︎
「かなり大きい揺れだったな今の」

「はい」

 ほぼ同時刻。地上でも大きな揺れがあった。翔平の家に向かう途中だった正志と雪音もそれを感じ取っていた。二人はゴールデンウィークの計画を改めて確認しに翔平の家へやって来ていたのだが、その前に大きな揺れにあい一旦その場で休んでいた。

「翔平も電話出ないし、何かあったのか」

「とりあえず家に行った方がいいですね」

「そうだな」

 再び歩き出して五分後、二人は翔平の家へと到着。案の定鍵はかかっていたので、諦めてもう一度電話をかけてみようとしたその時、家の扉が開かれた。

「おい翔平、家にいたらなら電話くらい」

 出てきたのは翔平だと思い、声をかけようとした正志。だが出てきたのは、何故かメイド服の女性だった。

「「め、メイド?!」」

 予期せぬ人物が出てきて思わず声を出す二人。それに気づいたメイドは二人を見て微笑んだ。

「あら、翔平様のお客様でしょうか」

「「しょ、翔平様?!」」

「我が家の床下で築くハーレム王国」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く