僕は精霊の王と契約し世界を自由に巡る

感想待ち!

僕は海の街で初めての海を見ました!

僕はキユとソラに手を引っ張られて海を間近に見える場所にまで連れられていた。

「海についたのじゃ~、レイク達も早く来るといいのじゃ!」

「海についたっちよ!ほら早く来るっちよ!」

僕たちより前にいたティナとケルは先に海を間近で見て驚き、振り向かえって僕たちに早く来るように呼んで来た。

「早い行くなの!」

「ティナとケルが呼んでるよ!」

「わ、わかってるよ〜」

キユとソラは僕の手を引っ張っているので2人が急いで行こうとすると手を握っているのでそれにつられて僕も急ぎ足になっていく。

「凄いなの〜」

「凄いよ〜」

キユとソラの足が急に止まったので何事かと前を向いて見るとそこには海が広がっていた。

「凄いな〜」

海をこんなけ間近で見たのは初めてだった。前の世界では海をこんなに間近で見たことはなかった。それどころか海を見たことすらなかった。写真や画像に人から聞いた事はあったが生で直接自分の目で見た事はなかったのだ。それが初めて海の街に入った時に遠くから海を見たが綺麗だな〜大きいな〜ぐらいしか思わなかったがこう間近で見て見るとなんとも言えないぐらいに感動した。口からは凄いなーとしか言えなくなってしまった。

「それじゃ〜海に入るのじゃ!」

「行くなの!」

「ほら行くよ!」

「さぁ行くっちよ!」

海を見て感動していた僕を皆んなが背中を押してくれた。その時に見えた皆んなの顔はとてもキラキラしていていい笑顔だった。

「僕は精霊の王と契約し世界を自由に巡る」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く