僕は精霊の王と契約し世界を自由に巡る

感想待ち!

僕は海の街に着きました!

僕たちは約1日をかけて海の街シーサーペイトに到着した。

「ここが海の街シーサーペイトです」

「ここが海の街なのか!」

僕たちは御者から海の街についたと声をかけられたので馬車から降りと見ると目の前には海が広がっていた。海の街は海と街に名前の通り海を中心にして街が出来上がっていた。

「うむ、綺麗なのじゃな!」

「キラキラしてるなの!」

「白い家がたくさんだよ!」

「早くうみにいきたいっち!」

今は太陽の光で海が反射していてキラキラしていてその様子はとても光り輝いて見えた。さらに海の街の家は白を基調としているので街全体が光り輝いているように見える。

「それじゃまた後で」

「ありがとうございました」

御者の人にまた王都に帰るときに馬車を利用させてもらうので海の街いる間は一旦別れることになっていてそして王都に帰るときに合流することにしている。

「それじゃまずは宿を取りに行こうか!」

「そうじゃな、早く宿に行くのじゃ!」

「早く行くなの!」

「早くいくよ!」

「急ぐっちよ!」

最初に知らない所にくると宿を取るのは常識だ。もし夜になってから宿を取りに探しそれで泊まる宿がなければ野宿になってしまうのだ。まぁ僕はそうなっても野宿をしなくてもいいように準備はしれあるのだけどな。

「よし、それじゃまずはどこに行く?」

「まずは海に行くのじゃ!」

「キユは美味しい物が食べたいなの!」

「海に行きたいよ!」

「最初はご飯がいいっち!」

宿を取る事が出てなので次に行く場所をティナとキユとソラとケルに聞くと意見が分かれてしまった。

「それじゃ海を目指してそれまでにご飯を食べることにしょう!」

「そうじゃな、それでいいのじゃ!」

「そうなの!それがいいなの!」

「それがいいよ!」

「それじゃ早く行くっちよ!」

4人の意見の聞いてみんなが納得できる方法をとって僕たちは海に向かいながらご飯を食べることにした。

「僕は精霊の王と契約し世界を自由に巡る」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く