僕は精霊の王と契約し世界を自由に巡る

感想待ち!

僕は海の街に向かいました!

「それじゃ行こっか!」

僕たちは海の街に行くことを決めてからすぐにその日の内に準備を終えたので今日に行くことにした。

「楽しみなのじゃ、早く行きたいのじゃ〜」

「そうなの!出発なのー!」

「早く行こうよ!」

「海をみたいっち!」

ティナとキユとソラとケルはもう待ちきれないようで4人は先に馬車に乗り込んでいた。

「それじゃヤルナとカフィー、家と店を頼んだよ!」

「任せてね!」

「楽しんできてくださいです」

2人に見送られて僕も4人に続いて馬車に乗り込んだ。

「「それじゃいってらっしゃいませ」」

僕たちは王都を出て海の街に馬車を走らせた。

「それじゃ今回もよろしくお願いしますね」

「分かりました、今回も指名していただいてありがとうございます」

今回の御者をしてくれるのは前に馬車を利用した時と同じ御者の人にお願いした。知らない人より知っている方が安心して馬車の中で休む事が出来るからな。

「それじゃ今度もオセロをするか!」

「そうじゃな!オセロをやるのじゃ!」

「キユもやるなの!」

「僕もやりたいよ!」

「楽しそうっちね!」

僕たちは海の街に着くまで皆んなでオセロをして楽しむ事ができた。道中には盗賊やモンスターなども出てくることはなかった。

「僕は精霊の王と契約し世界を自由に巡る」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く