僕は精霊の王と契約し世界を自由に巡る

感想待ち!

僕は休みを取ることにしました!

ティナ達が行なった売り子販売は成功した。あれから数日は絶え間なく客が押し寄せた。

「ふぅ~やっと落ち着いて来たな」

「やっとなのじゃ~大変だったのじゃ!」

僕とティナは押し寄せる客を列に並べ問題が起きたらそれを解決するなどずうっと動き回っていたのだ。

「キユとソラとケルもお疲れ様!」

「つかれたなの~」

「たいへんだったよ~」

「もう動きたくないっち~」

キユとソラとケルは販売をしてもらっていた。たくさんの客を相手にしてくれていた。そのためずうっと立ちっぱなしだった。

「ヤルナとカフィーもありがとうな」

「だ、大丈夫です」

「そうね、大丈夫ね」

ヤルナとカフィーは売るためのプリンをずうっと作り続けてくれていた。来る人全員プリンを売れるように頑張ってくれた。

「それじゃ明日はやすみにしょう」

ここ数日はずうっと働きぱっなしだったので明日は休みにすることにした。

「そうじゃな、休みたいのじゃ!」

「そうなの~やすみなの~」

「そうだよ!休みたいよ!」

「そうっち!休みだっち!」

「そうしてもらえるとありがたいです」

「そうね、それがいいね」

明日は販売を休みにして疲れを癒すことにした。

「僕は精霊の王と契約し世界を自由に巡る」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く