僕は精霊の王と契約し世界を自由に巡る

感想待ち!

僕は商売で売り子をしてもらいます!

僕達はプリンを持って人がたくさん集まる場所にまで来ていた。

「よし、これからプリンを売っていこう!」

これからティナとキユとソラとケルには売り子としてプリンを売ってもらう。ヤルナとカフィーの2人には売れた時のことを考えて家でプリンを作ってもらっている。少し早い気もしたが準備しておいて損にはならないので頼んだ。

「それじゃ頼んだぞ!」

「妾に任せるのじゃ!」

「キユがたくさんうるなの〜!」

「僕に任せろよ!」

「儂も頑張るっちよ!」

皆んなには売れた分だけ夜ご飯にお金を使うと言ってあるのだ。そのために夜ご飯を豪華にするために4人はやる気満々なのだ。

「皆んなが売っている間僕はどうしようかな?」

僕は4人が売り子をしているので1人になってしまった。

「それじゃ僕は辺りを散歩しておくか」

僕は皆んなのプリンが売れたら家にあるプリンを持ってくる仕事を任されているのであまり遠くに行けないので近くを散歩することにした。

「なんかこうして見るのは初めてだな」

辺りを散歩していて初めてみる場所が何か楽しくなって来た。初めてという体験はいつもドキドキワクワクさせてくれる。

「それじゃ戻ってみるか」

しばらく辺りを歩いてしばらく経ったのでティナ達が売り子をしている場所にまで戻ってみることにした。

「僕は精霊の王と契約し世界を自由に巡る」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く