僕は精霊の王と契約し世界を自由に巡る

感想待ち!

僕は商売を始めてみたが売れません!

「そろそろ始めようか!」

「そうじゃな!」

「始めるなの!」

「始めるよ!」

「やるっちよ!」

「やるね!」

「やるです」

僕達は庭に簡単な店を作りプリンを筆頭にデザート類を売り始めた。

「「「「「はぁ~」」」」」

店を始めて数時間が経った。

「誰も来ないな」

「来ないのじゃ」

「来ないなの!」

「1人も来てないよ」

「こないっちね」

店には誰1人として来なかった。その理由は明確だ。それはこの場所が王都の中で端っこだからだ。もちろんそれだけではないが1番大きな理由としては立地の悪さだろう。住むには静かでいいが商売となると人が通らないのでまず買う人がいないのだ。

「どうするのじゃ?」

「そうだな、それじゃ〜売り込みに行くか!」

僕が提案したのは売り込みに行くことだ。プリンを持って中央にまで人がたくさんいるところまで持って行き販売して人気が出たらこの場所を教えてここまで買いに来てもらうという作戦だ。

「それじゃ早速いこうか!」

僕達はプリンを持って人がたくさん集まる場所に向かった。

「僕は精霊の王と契約し世界を自由に巡る」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く