僕は精霊の王と契約し世界を自由に巡る

感想待ち!

僕はゆったりと過ごしました!

騎士王国ロイヤルレイドから王都に帰って来て1日が経った。

「はぁ〜今日はゆったりとするか〜」

今日は1日家でゆったりと過ごすことにした。馬車の移動に想像以上に疲れが溜まっていた。

「こっちなの〜!」

「こっちだよ!」

「こっち!こっち!」

キユとソラとケルの3人は孤児院の子供たちと庭の遊具で遊んでいた。

「あの3人は元気だな〜」

「ふぁ〜本当じゃな〜」

ティナが欠伸をしながら僕の隣に座った。ティナはさっきまで眠っていたのでまだ眠たそうだ。

「これで最後ね」

「おしまいです」

ヤルナとカフィーの2人には畑を耕してもらっていた。なぜ2人に畑を耕してもらっているかと言うとここで商売に使う食べ物を作るためだ。いつもいつも買ってくるばかりじゃもしその買いたいものがなくなった時に困らないようにこの家で作ることにしたのだ。

「ありがとう2人とも」

「お疲れ様なのじゃ〜」

2人には申し訳ないと思っている。だけど2人は何か仕事をさせて下さいと頭を下げて来たので2人には畑仕事をしてもらったのだ。最近は2人との距離も縮まって来たと僕は思っている。言葉遣いも柔らかくなって来たからね。

「それじゃ私達はご飯の準備をするね」

あまり時間を気にしていなかったけどもうすぐお昼ご飯の時間帯になる頃だった。

「はぁ〜もうお昼か〜」

「そうじゃな〜もうお昼じゃな〜」

こんな感じで今日の僕の1日はずうっとぽけーっと庭で遊ぶ子供達を眺めていて1日が終わった。

「僕は精霊の王と契約し世界を自由に巡る」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く