僕は精霊の王と契約し世界を自由に巡る

感想待ち!

僕は本戦の一回戦を戦います!

予選がABCDEの5つで各3人が本戦に出場することができるので本戦出場者は合計で15人になる。本戦からはトーナメント方式で進んでいくことになる。

「僕は第1試合目か」

僕の第一回戦は1試合目に決まった。

「よし、それじゃ行くか!」

僕は頬をパチンと叩き気合を入れて舞台に向かった。

「僕の相手はピエロか」

僕の一回戦の相手はピエロ3人のうちの1人だった。このピエロは他のより鼻が大きいのが目立っている。

「一回戦始め!!」

本戦からは開始の合図はベージュの掛け声で始まった。

「どうもよろしくお願いしま~す」

ピエロは頭を下げると見せかけて僕に向かって走り出してきた。

「こちらこそ!」

僕は黒刀ブラックを抜き向かってくるピエロを迎え撃つ。

「そ~らよっと!」

ピエロをどこからか出した短剣を投げてきた。

「はっ!」

飛んでくる短剣を刀で防ぐ。

「まだまだいくよ~!」

ピエロはどんどん短剣を投げてくる。その投げる短剣の数が三十を超えた。

「どんなけ隠し持ってるんだよ!」

次々と飛んでくる短剣を身に受けることなく弾き飛ばしていく。

「準備おわり~っと!」

短剣を投げることが終わりピエロは準備が終わりと言うと再び僕に向けて走り出した。

「これからは攻めるよ~!」

両手に短剣を持ち今度は投げることなく振るってきた。

「すこしやりにくいな!」

ピエロをすぐに攻撃しては逃げて攻撃しては逃げることを続けてヒットアンドアウェイを徹底しているので攻撃を当てるのは難しい。

「それなら!《フラッシュボム》」

相手の動きを封じるために目くらましの魔法フラッシュボムを唱える。

「な、なんだこれは!」

ピエロは《フラッシュボム》をまともにくらい目を開けることが出来ないようだ。

「今だ!」

僕は目を開けられないピエロに向かって一直線に向かう。

「《フラッシュ》」

僕は斬撃を刀に乗せてピエロをふき飛ばす。

「おえっ!」

ピエロは苦しそうな声をあげて飛んでいった。

「よし!うまくいったな!」

僕はピエロが立ってくるのではないかと構えていたが立ち上がることはなく意識を失っているようだ。

カンカンカンカン!

「勝者レイク!」

ベージュが勝者の名を告げて一回戦は僕の勝ちで終わった。

「僕は精霊の王と契約し世界を自由に巡る」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く