僕は精霊の王と契約し世界を自由に巡る

感想待ち!

僕は予選を終えて休憩しました!

予選はCDEと続いていった。

C予選ではすぐに決着がついた。

ゴリゴリむきむきのおっさんが次々と他の出場者を倒していき、ガチガチむきむきのおっちゃんが残っていたゴリゴリむきむきのおっさんともう1人以外を一撃で吹き飛ばして残ったのがゴリゴリむきむきのおっさんとガチガチむきむきのおっちゃんとぶよぶよのおじさんだった。

「あははははは!私の筋肉を見よ!」

「わははははは!私の体を見てみよ!」

「はぁ、はぁ!私に攻撃は効かん!」

この3人がC予選の勝ち上がったのだ。本戦でこの内の誰かと戦うかもしれないな。

次にD予選は強者揃いだった。

最初はなかなかいいペースで人が倒されていったが中盤では倒れる出場者がいなくなってしまったのだ。みんなの実力が拮抗しているのでここからは体力勝負だった。1人また1人と確実に1人ずつ倒れていった。そして最後に舞台に立っていた1人は騎士風の男だった。この人は本当に騎士だったようで強かった。そして2人目は蛮族のような男だった。この男は戦い方がうまかった。臨機応変に対応して負けることなく戦っていたのだ。3人目がよくわからなかった。フードを被っており強いことはわかったがそれ以外はあまりわからなかった。

そして最後の予選は見ることが出来なかったのだ。

ティナ達がお腹が減ったと言うので食べ物を食べに向かっていたのだ。予選が終わると昼休憩もあるのですぐに出場となることはない。

「そろそろ始まるのじゃな!」

「頑張ってなの!」

「応援してるよ!」

「負けるなっち!」

全ての予選が終わり休憩となって1時間が経った。

「よし!これから本戦だ!」

休憩も終わりようやくこれから本戦が始まる。

「僕は精霊の王と契約し世界を自由に巡る」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く