僕は精霊の王と契約し世界を自由に巡る

感想待ち!

僕は予選に出場しました!

大会の開会式を無事に終えてそろそろ予選が始まろうとしていた。

ブーブーブーブーブー

「ん?いきなり僕の出番か」

僕が付けていた腕輪が鳴り始めた。これが鳴ったと言うことは僕の出番になったと言うことだ。まだ予選は始まっていなくてなったので僕は1番目の予選に出ることになった。

「ふぅ~予選は突破したいな!」

予選はABCDEとあり各3名が本戦に出場することができる。予選はバトルロイヤルで3名が残るまで戦い続けなければならない。本戦からはトーナメント式の戦いになる。

「それじゃ僕もそろそろ行くか」

僕の他にも腕輪が鳴っている人が舞台の上にぞろぞろと上がって行った。この人たちが僕の戦う相手だ。

「おぉぉぉぉぉーーーー!」

「頑張れ!」

「負けるなよ!」

「楽しませてくれ!」

僕が舞台の上に上がると観客席は出てくる選手に声をかけているようだが観客1人1人が喋っているので声は他の声と重なり聞き取ることは出来なかった。

「頑張るのじゃ!」

「頑張れなの!」

「負けるなよ!」

「勝つっちよ!」

ティナとキュとソラとケルも応援をどこがでしてくれているようだけど普通に声をかけても聞き取ることができないので念話で応援をしてくれた。

「それでは予選開始です!」

実況アナウンサーみたいな人が開始の合図を出すとみんな武器を取り出して構え出した。

「行くぞ《黒刀ブラック》」

僕も腰にかけていた黒刀ブラックを抜いて構える。周りがみんな敵なので全方向に意識しないといけない。

「おぉーりゃ!」

「この野郎!」

「こんなもんかよ!」

周りでは次々と戦い始めた。

「そこか!」

僕の方にも他の出場者がやってきた。

「なんの!」

僕は振りかざされる剣をブラックで防ぐ。

この大会は場外負けと意識を失ったら負けと言う2つのルールがある。

「おりゃあ!」

僕は受け止めていた刀を受け流し相手が体制を崩しているすきに後ろから刀を振り場外に吹き飛ばした。

「こんなもんか」

殺したら負けなので殺さないように力加減に気をつけながら相手の場外負けを狙って行く。

「そこだ!」

僕は他の出場者と争っていて気付いていない相手を次々と吹き飛ばして行く。この方法を使い何人もの出場者を場外負けにして行く。

「大分少なくなってきたな」

僕が不意打ち場外負けを繰り出していると出場者の人数が少なくなってきてむやみやたらに相手に襲いかかる連中が減ってきた。そのため僕の不意打ち場外負け作戦が使えなくなってきた。

「今からは正々堂々と戦うか」

僕は一度刀を収める。

「なんだあいつは!」

「舐めてんのか!」

「勝負を捨てやがったな!」

「今の内だ!」

刀を収めると何人もの出場者が今の内だと襲い掛かってきた。

「よし!抜刀術横一文字」

僕は勝負を捨てたから刀を収めたんじゃない。逆だ勝負を決めるために刀を収めたんだ。僕は勝負を決めるためにある技を使った。それが抜刀術横一文字だ。この技は簡単に言うと居合切りだ。この世界に来る前に見ていた抜刀術かっこいいな~と何度も何度も見直してイメトレをしていたのだ。今は練習なしの本番でやって見たがまぁまぁの完成度で振り抜くことが出来た。

「安心しろ峰打ちだ!」

これが僕が居合切りをやった後に言いたかった言葉だ。この言葉が言える日が来るなんて思っていなかったので嬉しさで少しだけほんの少しだけ涙が浮かんだ。

「それにまだ終わってないから気を引き締めないと」

まだ僕の予選は終わっていない。確かに僕の周りの人数は減って行っているが他の場所を見てみるとまだまだ出場者が舞台に立っていた。

「ん?あれは!」

僕がまた居合切りしようかなと考えていると他の出場者達が一斉に吹き飛ばされて行った。それも2箇所で。

「おおっとこれで予選終了だー!」

実況アナウンサーから予選終了の声がかかった。

「本当だ僕を合わせて3人しか立ってない。」

予選終了と言われて周りを見てみると残っていたのは僕と2人だけなのでこれで本戦に出場する3人が決まったと言うことだ。

「わぁぁぁぁぁぁーーー!」

観客席から盛大な拍手と歓声が上がる。

「よし予選突破だな!」

僕は次の予選が行われるので素早く控え室に向かうことにした。

「お疲れ様なのじゃ!」

「すごいの!」

「よく頑張ったよ!」

「かっこよかったっち!」

僕が舞台から降りるとすぐに4人から念話で予選突破おめでとう的なお疲れの言葉をかけてくれたのだ。

「ありがとうな!この調子で本戦も頑張るよ!」

「その調子で次も頑張るのじゃ!」

「次も頑張ってなの!」

「次も勝てよ!」

「次も頑張るっちよ!」

僕は他の出場者の予選を見るために控え室から舞台が見える場所に移動を開始した。

「僕は精霊の王と契約し世界を自由に巡る」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く