僕は精霊の王と契約し世界を自由に巡る

感想待ち!

僕は騎士王国に向かいます!

僕たちは今家でベージュの迎えが来るのを待っていた。

「忘れ物はないはずだよね」

「ふぁ~眠たいのじゃ~」

「キユはだめなの~」

「僕もまだ寝てたいよ~」

「儂は大丈夫っちよ!」

ティナとキユとソラはまだ朝早いので眠たいようでキユは僕の頭に九尾状態で眠っている。

「おはよう!迎えに来たぞ!」

ベージュは僕たちが準備を終えてからすぐに迎えに来てくれた。

「それじゃ行ってくるね」

「行ってくるのじゃ!」

「行ってくるよ!」

「行ってくるっちよ!」

「「行ってらっしゃいませ」」

ヤルナとカフィーに家を任せ挨拶を済ませてから出発した。キユはもう眠っていて2人に挨拶することができなかった。

「急に済まなかったな」

「いえいえ大丈夫ですよ」

さすがにベージュも急に出発することになったり朝早くに迎えに来たりと済まないと思っていたようだ。

「本当に急に決まったことなんだ」

「騎士王国でしたっけ?そこでなんの用事が?」

「騎士王国で大会が行われるんだ!そこで私が開会式を執り行うことになったのだ、その大会が三日後に始まるので早く騎士王国に向かわなければならなかったのだ。」

それは急がなければならないのも頷けるな。ここから騎士王国までどれくらいかかるかはわからないが他国に行くとなればそこまで近い距離ではないだろう。そして大会は三日後なので急がなければ間に合わないだろう。

「ちょっと眠るよ~」

「妾もすこしだけ寝ておくのじゃ~」

ソラが最初に眠り始めてそれに続いてティナも眠りについた。

「ここは始めてだっち!」

ケルは朝に強いのか馬車の外に出て周りの景色を眺めていた。

「今回もメイドのアンとランが同行しているのか」

今回もメイドのアンとランが御者をしていた。

「それじゃ僕も少しだけ寝ることにします」

「そうか、それじゃ私も寝れるときに寝ておかないとな」

「それじゃケル、何かあれば呼んでくれ!」

「まかせるっち!」

僕は周りの警戒をケルに頼んで寝ることにした。

「僕は精霊の王と契約し世界を自由に巡る」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く