僕は精霊の王と契約し世界を自由に巡る

感想待ち!

僕は王女の依頼を受けることになりました!

僕たちは店をやるために依頼を受けていて今日は毎日依頼を受けていたので休みにして家で休んでいると

「レイク、レイクはいないか?」

家の外からベージュの声が聞こえてきた。

「いるよ、今日はどうしたんだ?」

僕は玄関を開けてベージュを家に上げた。

「すまないな、今日は頼みたいことがあるんだ」

ベージュが今日僕の家に来た理由は頼みたいことがあるから家に来たようだ。

「それで頼みたいこととは?」

「それはレイクに騎士王国ロイヤルレイドまで護衛をしてもらいたいのだ」

ベージュの頼みとは騎士王国ロイヤルレイドまでの護衛をしてほしいとのことだった。

「なんで僕に頼むんだ?」

ベージュが僕に頼んだことが不思議に思えた。ベージュは王族だから他にも優秀なものがいるかもしれないのでわざわざ僕に頼む必要がないはずだ。

「それはレイクが1番信用できるからだ!それにレイクは強いしな!だから頼む!」

「そうですね、、、」

ベージュが頭を下げる。僕はいってもいいかなーと思っている。ちらりとティナの方を見てみるとうむと頷いていることからティナも賛成なのだろう。

「その護衛引き受けることにします!」

僕が護衛を引き受けるといったらベージュは勢いよく顔を上げると嬉しそうな顔をしていた。

「それでは私は出発する準備をしてまいります!それで出発は明日で朝迎にに来ますのでそれまでレイク達も準備をしておいてくれ」

ベージュはそれだけを言うと僕の家を出ていってしまった。

「え?出発明日なの?」

ベージュが家を出る前に言っていた出発する日が明日なので急いで準備をしなくてはならなくなった。

「そう言うことだティナとキユとソラとケルは一緒にくるだろ?ヤルナとカフィーは家を守っていてくれ」

「妾はレイクと一緒にいくのじゃ!」

「キユもいくなの!」

「もちろん僕もいくよ!」

「楽しそうだし儂もいくっちよ!」

「わかったね、お留守番しておくね」

「家で待機しておりますです」

僕とベージュの話を聞いていたので明日護衛する時に必要になりそうなものをみんなで買いに行くことになった。

「はぁ〜せっかくの休みだったのにな」

せっかくの休みだったのにすこし慌ただしい日になってしまった。

「僕は精霊の王と契約し世界を自由に巡る」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く