僕は精霊の王と契約し世界を自由に巡る

感想待ち!

僕はランクアップしました!

僕は今日1人でギルドに向かっていた。

今日はシーラさんに呼ばれていた。呼ばれているのは僕だけだったのでティナとキユとソラとケルとカフィーとヤルナは家で料理の練習をしている。お金も溜まって来ているのでそろそろ店をやってもいいかなと思っているのでカフィーとヤルナはデザートの料理の作る練習をしてもらっているので他の4人も味見役として残ることにしたそうだ。

「あ、シーラさん!」

僕がギルドに入るとシーラさんは受付をしていたので受付場所に向かった。

「きたのね、レイク君、それじゃギルドカードを出してもらってもいいかしら」

僕はシーラさんに言われた通りにギルドカードを渡す。

「それで今日呼んだのはなんでですか?」

今日僕を呼んだ理由を聞いてみる。

「それはこれよ!」

僕はシーラさんからギルドカードを手渡された。

「これは僕のギルドカードですよね?」

「そうよ、レイク君はランクアップしたのよ」

「ランクアップですか?」

「レイク君はランクアップを知らないの?」

シーラさんはランクアップについて僕に教えてくれることになった。

「ランクアップはギルドのランクが上がることよ、ランクが上がることによって色々な特典があるわ、報酬金の上昇とかね、ランクが上がることによって不利になることはないわ、」

シーラさんが言うにはランクアップすることによってギルドで特典が貰えると言うことだ。

「レイク君のランクはCランクね」

ランクはA〜FまでありAに近い方がランクが高いのだ。

「これで用件は終わりです」

シーラさんの言う用件はランクアップのことだったようなのでシーラさんと別れて僕は家に帰ることにした。

「僕は精霊の王と契約し世界を自由に巡る」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く