僕は精霊の王と契約し世界を自由に巡る

感想待ち!

僕は鉱山でアリに囲まれました!

鉱山の奥に進んでいくほどアントの遭遇率は上がっていった。

「《ウインドクロウ》」

ソラが出てくるアント達を出て来た瞬間に《ウインドクロウ》を放って倒していく。それを僕は《無限の黒箱》を使い回収するのも忘れていない。

「どんどん出てくるよ!」

アント達はどんどん出て来て倒しても倒しても次から次へとやって来て中々奥に進んでいくことが難しくなって来た。

「それでも倒していくしかないっち!」

ケルも黒の弾丸ダークボールを放ってアント達を倒していた。
《ダークボール》はサッカーボールぐらいの大きさで凄い勢いでアント達に向かっていく魔法だ。

「キユも頑張るなの!」

キユも《狐火》でアント達に攻撃していた。

「それなら!《サンダースレッド》」

僕は鉱山を崩してしまわないように意識をしながら魔法を唱えた。《サンダースレッド》は雷が糸のように伸びていき触れた相手を痺れさせていく魔法で触れた相手を触れた者も痺れさせるという対集団に向いていて周りを傷つけない場合にも役に立つ魔法だ。

「これで大丈夫だろう!」

僕は痺れているアントを倒しては回収してさらに奥に進んでいく。

「ここは?」

奥に進んでいくと大きな穴が空いた空間に出た。

「キシャーーーー」

大きな空間に出るとたくさんのアント達の鳴き声が聞こえて来た。

「まさか!ここは!」

僕は周りを見てある事を思い出した。シーラさんが僕たちがこのアントの依頼を受ける時に一つだけ注意してねと言っていたのだ。それはアントの巣に注意してねと言っていたのだ。アントの巣は一つの大きな空間から小さな穴が横に広がっているのだ。その大きな空間に出てしまうと小さな穴からたくさんのアント達が出て来て囲まれてしまうと言われていたのだ。さっきまでは前からアント達が出て来ていたが今回は周りをアント達で囲まれて戦わないといけなくなる。

「ちっ!みんな気をつけろよ!」

僕達は互いに背を預けて次々と出てくるアント達に対応できるように迎撃の構えをとった。

「僕は精霊の王と契約し世界を自由に巡る」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く